2014年12月

パソコンど素人のぼくが、店のhp作ってみた【橋輪Blog】

パソコンど素人のぼくが、店のhp作ってみた

ぼくがパソコンで出来る操作はこうだ。【橋輪Blog】の更新、会計ソフトの入力、天気予報のチェック、YouTubeで飛行機動画を見る。勿論エクセルなんか使えない。

橋輪hpは、車いす担当のBobby君が作ってくれたもの。一度更新の仕方を習ってみた物の、何をあっちゃこちゃしているやら、さっぱり分からず終い。彼も忙しい身で、そうしょちゅうは出来ない。最新情報は、その日の内にアップしたいところだが、何とかならんものかと。

Facebookで、こんなものを発見!

wix
「Wixでホームページを作ってみよう」 
「本サイトではチュートリアル形式で 実際に登録から公開までをやってみたいと思います」

・・・とある。漫才みたいに作れるって事か? 色々ぼくなりに調べてみたが、ブログのように簡単に作れるが、OS が何であれ最新バージョンに更新していないと見れないらしい。
ぼくなんかiPone 4S をつい最近初めてアップデートしたくらいだから、こうゆう人もいるわな。で、却下。

次に見つけたのがこれ、Jimdo
Free(無料)、Pro(有料11.340円年間)、Business(有料28.980円年間)のコースがあり、取りあえづFreeで挑戦してみることに。Freeは独自ドメインが取れないが、どうせ橋輪hpからのリンクなのでいいかなと。


IMG_5772
モニター上に何枚もページを出しての作業が苦手なので、書店にて手引書を購入。パソコン関係の本を購入するのも初めてだ。この2種類が並んでいたが、「かっこいい」より「かんたん」を選んだのは言うまでもない。


IMG_5758
かんたんJimdo 無料で作るホームページ



IMG_5768
概要を40Pまで読み進み、「ホームページのタイトルを付けよう」から操作が始まるのだが、いきなりモニター画像と手引書の写真が異なり、ここでストップ。


IMG_5769
何だよ〜!のっけから挫折かよと思ったら「2013年2月25日 初版」だって、



IMG_5770
1.922円もしたのに、こんな本並べとくなよチキショー!



IMG_5759
で、こちらが最新版ですって。「かっこいいホームページ Jimdo デザインブック」何か難しそう。



IMG_5771
2.376円とアップ。



IMG_5760
内容は新設丁寧で、普通の人なら解る用語までも詳しく解説してある。たとえば「ヘッター、フッターとは」みたいな、これは助かる。

でもって、2週間ほどかけて作ったHPがこれです。まだ30%ほどの内容しか完成していませんが、怖いもの見たさで閲覧希望です。宜しくお願いします。

http://hasirin.jimdo.com/


IMG_5774

みんながこの画面で見れてるのか心配だ?



【年末年始の営業のお知らせ】

12月30日(火)〜1月6日(火) 休業
新年は、1月7日(水)より営業致します



2017 tern Verge X18 【橋輪Blog】

2017 tern Verge X18

DSC_2194
IMG_4667
VERGE [X18]

2017 tern
Verge X18    255.960円(税込)
橋輪プライス     230.300円(税込)

カラー:クローム / コバルトブルー   10.3kg     18Speed
(ペダルは付属しません)

畳める戦闘機 Verge X18 が発艦する。(実際の艦載機マクドネル・ダグラス F/A-18 スーパーホーネットも畳めるが) かつて、これほどシャープでミリタントアグレッシブなフォールディングバイクがあったであろうか。その全貌をお伝えしよう。


DSC_2196
7005アルミフレームのポリッシュ仕上げに、眩いコバルトブルーが乗っています。



DSC_2205
X18 専用に製作されたウルトラハイプロファイルリムの
NEW Kinetix PRO X ホイール(406)



DSC_2209
ハブは、アメリカンクラシック。スポークには最高グレードのSAPIM ブレードスポークを使用。



DSC_2206
リムハイトは43mm。20インチで43mm てことは、ウルトラハイディープリム。内側に広がるそれは、より小径になったように錯覚する。X18 のホイールベースが特に長く感じる要因である。タイヤはSCHWALBE Durano 20×1.10。


DSC_2207
こちらもX18 専用設計の極端に短いNEW エアロブレードフォーク。抉り部分が高剛性をもたらす。(北のマニアが喉から手が出るほど欲しがっている)



DSC_2208
サイドビューはかなりごつく見えるが、空力的に最高に有利なブレード構造なのが良く分かるショット。



DSC_2199
クランクはFSA Mega EVO アルミスピンドルでチェーンリングは、53-39T。 ボトムブラケットは、FSA BB 386 EVO 。フロントディレーラーは、Shimano SORA。


DSC_2200
リヤディレーラーはShimano ULTEGRA。



DSC_2213
カセットShimano Capreo 9-26T  9 Speed。Capreo ハブと言う事はリヤエンド幅135mm。トップ9T が53チェーンリングに高速域をもたらす。


DSC_2204
tern 初のドロップバー。デュアルコントロールレバーはShimano SORA。



DSC_2203
47mm のVROステムはブルーアルマイト仕上げ。



DSC_2202
DSC_2201
デュアルコントロールレバー使用のためブレーキはキャリパーとなる。



DSC_2214
ハイドロフォーミング製法で作られた3次元フレーム。セーフティーロック機構付OCLジョイントで確実な固定と、素早いフォールディングを実現している。


DSC_2215
Folding Size: D42 x W79 x H72 cm



DSC_2249
ハンドルポスト長は、Verge P9 / P20 の390mm(2015は350mm)、X10 / X20 の350mm に対し、290mm(290mm 12°だからEcripuse X20 と同じポストのシルバー) のものがセットされる。短いフォークと相まってフロント荷重がより強くなり、前傾姿勢もとれる。


フロントローなのは、短いフォーク、ポストだけではない!

DSC_2216
フォークの長さも然る事ながら、既にヘットアングルの違いが分かる。



DSC_2217
X10 と比較してみた。並べてみるとフレームが描くアーチの違いが一目瞭然だ。



DSC_2218
如何にX18 がフロントローかが見えるショット。完全にX10 のフラットバーの下に入っている。そうなんです、フレームまでも、X18 専用設計なのです。


手賀沼サイクリングロードにて、撮影しました。ここは是非、画像を拡大してX18 のカッコ良さ」を存分に味わって頂けたらと思います。

(画像クリックで拡大)
DSC_2220




DSC_2221




DSC_2223




DSC_2224




DSC_2225




DSC_2226




DSC_2227




DSC_2229




DSC_2231




DSC_2232




DSC_2234




DSC_2233




DSC_2238




DSC_2239




DSC_2245

この画像をみて、既に”やられてる”方、モニター越しに60人ほど見受けられます?



DSC_2250

畳める戦闘機、試乗できます

※試乗には身分証明書の提示を頂いております



2015 も tern のフラッグシップに君臨する Verge X20 登場!【橋輪Blog】

2015 tern Verge X20        

sukurinsiyotuto-2014-12-08-101214[1] - コピー
VERGE [X20]

(画像クリックで拡大)
DSC_2160
2015 tern Verge X20   365.040円(税込)
橋輪プライス                328.500円(税込)
9.8kg        20Speed
(ペダルは付属しません)

2015 もフラックシップに君臨するのは、やはり Verge X20。
オールマットブラックのシャーシに、全てのパーツをブラックアウトした”ワル”な仕様となっており、小さく散りばめられた差し色のレッドが効いています。NEW パーツを搭載したハイエンド、X20 を紹介しよう。


IMG_4694
カラー:マッドブラック



DSC_2185
NEW エアロブレードフォークは空気抵抗軽減と更なる剛性アップ。



DSC_2171
NEW Kinetix PRO X (406)の超軽量ホイール。



DSC_2172
DSC_2188
DSC_2190
PRO X のハブ。ブレードスポークはストレートプルで、最高グレードのSAPIM を使用。



DSC_2191
そして気になるフリーハブだが、ローギヤのストッパーとなるスペサー下に隙間が見える。もしや11速対応フリーかも? 後日検証の余地有。


DSC_2173
タイヤはSCHWALBE Durano 20×1.10。



DSC_2174
クランクはFSA SL-K カーボンMega EVO BB386 でチェーンリングは55-42T。



DSC_2189
2015 Verge のアッパークラスは、NEW BB 386 EVO を使用する。


展示会の記事より

「フロントディレーラーだが、販売店向けProduct Handbook のスペックにはSRAM Force となっているが、この展示されていたX20 はチェーンスポッター付のForce 22 が搭載されていた。RED 22 同様、ヨーテクノロジー機構が、リヤセンターの短い小径車には頼もしい。是非とも11速用 22 を望むところだ」

と書いたが・・・

DSC_2175
DSC_2177
DSC_2181
期待に応えてくれたようで、Force 22 が搭載された。



DSC_2183
リヤディレーラー:SRAM XO 10 Speed Type 2。



DSC_2184
カセットShimano Ultegra 11-28T  10 Speed。



DSC_2163
オフセットされたフラットバーは、自然な前傾ポジションが取れる。



DSC_2168
47mm のVROステムはレットアルマイト仕上げ。



DSC_2166
DSC_2167
シフターはSRAM ダブルタップ採用。



DSC_2164
グリップはErgon GS2。



DSC_2170
ボディーカラーに合わせたKORE ロードパフォーマンスサドル。



DSC_2182
Vブレーキアームも含めパーツはブラックに統一している。ブリッジはキャリパー取付用ではない。



DSC_2192
ハイドロフォーミング製法で作られた3次元フレーム。セーフティーロック機構付OCLジョイントで確実な固定と、素早いフォールディングを実現している。(緑に見えるのは保護シール)


DSC_2193
Folding Size: D38 x W77 x H71 cm



DSC_2186




DSC_2187

ん、満たされる所有感! Verge X20



2015 tern オートマチックハブ搭載のVerge Duo 入荷!【橋輪Blog】

2015 tern Verge Duo

DSC_1998
VERGEDUO


DSC_1995
2015 tern  Verge Duo   105.840円(税込)
橋輪プライス              95.200円(税込)
オートマチック 2 Speed   11.3kg

2速オートマチック、コースターブレーキハブ搭載のVerge Duo。
こいつの楽しさは乗った者にしか解らない。



DSC_1996
カラーは、ブラック / グレー。



DSC_2000
マットガードが標準装備する。フロントはVブレーキを装着。



DSC_2001
何故か2015は米式バルブを選択。



DSC_2002
チェーンプロテクターは簡単に取り付け取り外しができる。



DSC_2004
オートマ2速のハブは、スタートや登りでローギヤを自動選択し、速度が上がってくるとハイギヤにシフトアップ。

SRAM Automatix 2Speed

SRAMのオートマチックハブは、ある回転数になると自動的にシフトアップしてくれる優れもので、クランキングしながらそのタイミングが来るのを待つ楽しみ、シフトアップされた時の完全たる抵抗感がたまらない。

コースターブレーキは、ペダルを逆に踏むとその力に応じた制動力がリヤハブに発生するブレーキで、ピストバイクの固定ギヤとは異なる。制動力がかなり強くなっていながら、とてもコントローラブルで、一度慣れてしまうとフロントブレーキ使うのが面倒になるくらいだ。


DSC_2007
コースターブレーキのため、リヤブレーキレバーが無いシンプルなハンドルまわり。



DSC_1999
折り畳んで持ち歩く際、邪魔になる右のペダルのみ着脱できるペダルセットが付属。



DSC_2010
センタースタンドも標準装備する。




DSC_2011
Folding Size: D36 x W79 x H72 cm



DSC_2005




DSC_2006



こんな物が付いてくる 【シートポストポンプ】


DSC_3361
シートポスト自体が空気入れになっているシートポストポンプ。細身のホースもフレキシブルで使いやすい。



DSC_2012

オートマチック自転車体験できます!

※試乗には身分証明書の提示を頂いております


うちの試乗車今こんなです

DSC_2013
ディープリム組んでるわけじゃありませんよ。



DSC_2016
DSC_2015
タイヤサイズがオリジナルの20×1.60(406)から20×1.95に。



DSC_2020
初期型のためキャリパーブレーキ仕様。



DSC_2017
DSC_2014
リヤは極太の20×2.25で、ギヤ比が変わるほど外周もデカイ。



DSC_2023
クリアランスは超ギリ。



DSC_2018




DSC_2021




DSC_2019

世の中に 「こんな自転車があったのか」と思うぐらい乗っていて楽しいよ! 遊べるバイク Verge Duo

Duo の楽しい乗り方は⇒
こちら


2015 DAHON Horize 入荷です!【橋輪Blog】

2015 DAHON  Horize

DSC_2170
HORIZE(ホライズ)


DSC_2195
2015 DAHON  Horize   78.840円(税込)
橋輪プライス          70.900円(税込)
8 SPEED    11.8kg

新設計されたストレートデザインのアルミフレームで 2014 にデビューしたホライズが、エンド幅変更のマイナーチェンジを受け、ディスクブレーキモディファイに対応しての登場。内折れのワンピースハンドルポストは、折り畳みがスピーディー。特に短いハンドルポストでもないのに、フロントにしっかり荷重が掛かり安定性が高いのもこのフレームの特徴となっています。


DSC_2158
DSC_2159
ナイトクローム



DSC_2162
DSC_2161
アイスグレー



DSC_2168
DSC_2169
ラスターピンク



DSC_2163
DSC_2164
クラウドホワイト



DSC_2165
DSC_2167
DSC_2166
クラウドホワイトのみド派手仕様になっており、クランクアーム、ケーブルアウター、サドルが赤。



DSC_2175
完全なるホリゾンタルにデザインされた特徴的なメインフレーム。



DSC_2174
DSC_0967
ヒンジにはVクランプを採用。見た目も美しい。



DSC_2176
ブラックアウトされたパーツ群。DAHON BlacFoot ホイールはリムハイト30mm のセミディープリム。



DSC_2181
タイヤサイズは20×1.50(406)。



DSC_2185
ディスクハブに対応すべく、リヤエンド幅が135mm になった。



DSC_2179
フロントは74mm から100mmへ。



DSC_2186
複雑なパイプワークで組まれるリヤエンドにはディスク台座を用意。



DSC_2187
フロントフォークにも。



DSC_2188
DSC_2189
キャリパーに繋がるケーブルを保持するためのループ付。



DSC_2171
ガード付のチェーンリングは53T。



DSC_2172
2014にはなかった装備。フロントディレーラー台座。カスタムの可能性が格段に広がる。



DSC_2173
ディレーラーはShimano Altus 8 Speed で、Shimano カセット11-32T 。



DSC_2177
大きくなったクイックレバーは少ない力での開閉が可能。



DSC_2178
シフターは、ツイストグリップ式Shimano Revo シフターを採用。



DSC_2182
グリップ、サドル共にNEW デザイン。



DSC_2183
センタースタンドは標準装備。



DSC_2196
Folding SizeW83×H68×D36cm



DSC_2200

早速、試乗車をご用意致しました

※試乗には身分証明書の提示を頂いております




記事検索
  • ライブドアブログ