2014年09月

 “オッサン”のガレージセール PZ RACING CR8.1

  “オッサン”のガレージセール PZ  RACING  CR8.1

DSC_0681
PZ  RACING  CR8.1  前後セット 345.600円(新品価格)

PZ レーシングカーボンホイールです。
以前リヤディスクのみ 86.400円でセール掛けましたが、売れないんで、前後セットにしてみました。
余計に売れずらくなったかもね!



DSC_0682
  PZ  RACING  CR8.1  フロントバトンホイール



DSC_0683
   PZ  RACING  CR8.1  リヤディスクホイール
       Shimano 10 Speed カセット対応


DSC_0684
チューブラータイヤ、パナ RACE A EVO2   9.400円付いてます


        走行数回、前後セット、タイヤ付で

      140.000円

              でお願いします

日本のフォールディングバイク界に参入か ubike 3 【橋輪Blog】

 日本のフォールディングバイク界に参入か ubike 3

DSC_1719

今日はubike の得意技をこっそりお伝えしよう。折り畳みのスタイルはDAHON / tern と殆ど変りませんが、ヒンジのクランプシステムが画期的です。


DSC_1702
銀色したタイロッドのフレーム側に、ブラスのピンが飛び出してますよね。レバーを閉じて行くと、ピンが押し戻されて、

DSC_1703
完全に閉じるとまた出てきて金のボタンを押し上げます。

DSC_1704
もう一度良く見て下さい。今ピンは押し戻されています。金色のボタンは重力で下がったままです。

DSC_1705
ピンはレバーとボタンの中に出てきていますので、ボタンを押さない限り絶対に外せないわけです。



DSC_1706
    ハンドルポストにも同じ機構を使っています。



DSC_1708
複雑には見えますが、ヘット構造はDAHON / tern のアヘッドと同じです。



DSC_1709
      今ブラスのピンは飛び出しています。

DSC_1710
      レバーにピンが押し戻されていきます。

DSC_1711
            完全ロック状態。


           圧着力も違うんです

DSC_1723
以前にtern でも説明したように、三つの支点と作用点を線で結んでみます。

DSC_1724
 レバーを閉じて行くと段々直線に近づいてきますね。

DSC_1725
するとどうでしょう。一直線になったところでロックが掛かりました。一直線てことは、閉じる方向、開く方向どっち付かずの状態です。
DAHON / tern でしたら右の黄色のラインのように、初め赤のくの字から直線になり、最後は逆くの字まで行かないとロックになりません。
DAHON / tern で最後が吸い付くようにパチンと閉じるのはこのためです。

通常のクイックレバーでも同じことが言えますが、閉まり切る寸前が一番締め付け力が強まり、閉じ切ったときは、それより少し緩んだ状態で止まります。(これが何時も言っている頂点えを超えた位置だから緩む方向に戻らない理由)
ubike のヒンジシステムは一直線の一圧着力が掛かっているところで強制的にロックを掛けている訳です。
お分かり頂けましたでしょうか。凄いでしょう。


             もう一丁優れもの

DSC_1714
DSC_1716
                         Press type stay fold



DSC_1717
それでは畳んでみよう。まずシートポストを下げます。

DSC_1718
          ハンドルポストを倒して、

DSC_1719
フレームを折ります。ここまではDAHON / tern と同じ。

DSC_1720
DAHON / tern はマグネットですが、こちらはこのカップリングがお待ちかね。

DSC_1721
        カチャンと嵌って外れません。

DSC_1722
  外すときはこちらのリリースボタンをワンプッシュ。

       お蔭でこんなことも出来まーす!


DSC_0674
         ハンドル持って押してけます。


DSC_0675
バックはクランクが回転してペダルがぶつかってしまうので出来ませんが、



DSC_0677
         ペダルをクイックリリースすると、



DSC_0680
    
 バックで引いて行くことも出来ますよ。


如何でしたか ubike! 11月 7・8・9日のサイクルモードには、
8モデルが並ぶ予定だそうです。


明日は春分の日で祭日となっておりますが、火曜定休日のためお休みです。なかなか火曜が祭日と当らないので、久々ラジコンクラブのみんなと会えるかな。どれどれ、どんだけ上達したか見してやっか。墜落したばっかなのに何いってんだか。

日本のフォールディングバイク界に参入か ubike 2 【橋輪Blog】

 日本のフォールディングバイク界に参入か ubike 2

DSC_1694
                     ubike   Citizen  22”(451)


DSC_0671

何時も突如とし現れる折り畳みプロフェッサーこと、
            機長 KATAGIRI さんに試乗頂き意見を聞いてみた。

      機長KATAGIRI のライドインプレション

ubikeは、折りたたみ機構の堅牢さなどが特徴かと思われますが、今回はちょっと長めに(といっても10km足らずですが)試乗させていただきました。

フレームの剛性や、451にサイズアップされたホイールの効果なのか、非常に安定感のある走りを楽しめました。その割に、乗り心地ではあまりゴツゴツした感じが無かったのですが、サドルの良さもさることながら、タイヤがそれほど高圧でないモデル(KENDA KWEST)のためかもしれません。タイヤ換装しての走りも確認したいところです。

ハンドルのエルゴグリップは感触が良く、またSRAMのトリガーシフターは操作感が非常によく、個人的にはラピッドファイヤーより好みです。

幹線道路で走る分には、目一杯回しても足が余るような感じです(注:katagiriの脚では、90回転/分が限度です)。登坂はあまり試せませんでしたが、峠越えとかでなければ困らないレベルかと思います。

気になったところでは、ハンドルーサドル間の距離が、DAHONに比べても少々短い気がいたします。足柄峠(神奈川・静岡県境の激坂)を下る際には、つづら折りのハンドリングに苦労しそうです

街乗り用としてはややオーバースペックですし、かといって長距離走るのであれば、ハンドルにVROステム装着などの対応を考えたいところですし、チェーンリングも55Tあたりにしても良いかもしれません。

また、電車輪行を多用している立場からは、総重量も気になるところです。11kgくらいで収まるとよいのですが。

451ホイールを採用したことの強みは、やはり安定した走行性にあると思います。ちょっと遠くまで走りに行きたくなるようなモデルに仕上がるよう、願っています。


     機長、貴重なご意見ありがとうございました

機長KATAGIRI さんは、折畳み自転車博士であります。
もちろんDAHON / tern にも精通してますよ。早くも2015
モデルについてもコメントされてます。
                  ↓
       ゼロから始める折りたたみ自転車ライフ


DSC_0674

         
 明日は、ubike の得意技を

日本のフォールディングバイク界に参入か ubike 【橋輪Blog】

    日本のフォールディングバイク界に参入か ubike

DSC_1700

皆さんはubike とゆうメーカーをご存じだろうか?
去年のサイクルモードに行かれた方は、見ている可能性があります。サイクルクリエーションがロードバイクと共に数台プロトタイプを展示してました。その内の2台が現在、橋輪に来ています。

ubike はフォールディングバイクを製造する台湾のメーカーで、そのラインナップは何と33機種。ハイエンドのフルカーボンモデルSpeed Carbon Pro、DAHON のジェットストリームに搭載されていた4リンケージサスペンションフォークが付くAllrounder、8インチホイールダブルチェーン付 Mini 、果ては電動アシストまで、多彩なラインナップ。ホイールサイズも26” 24” 22” 20” 16”
14” 8”と何でもあり。それではサンプル2台を見てみよう。

DSC_1692
              ubike   Blue Streak  22”(451)
どちらも451ホイールの20インチだが、ubike では22”と表記。アルミマテリアルのフレームはDAHON Mu と良く似ているが、ヒンジシステムに大きな違いがある。フロントダブル仕様でチェーンリングは52/32T。カセットはSRAM 11-26T の9 Speed をShimano SORA でシフトする。



DSC_1694
          ubike   Citizen  22”(451)



DSC_1698
DSC_1699
特徴的なフレームは、上面が平らで角ばったイメージ。剛性は高そうだ。リヤエンド幅は135mm ディスク台座が左エンドに見えます。



DSC_1701
ナローハブを使用したフロントエンドは、85mm 幅。これならきっぱり74mm か100mm にして貰いたいところだ。フォークも自社製作しているメーカーなので、100mm ディスク台座付フォークの用意もあるだろう。(ハブ、エンド幅ともに変更の可能性あり)



DSC_1713
Lasco のクランクには、52T のチェーンリングがセット。



DSC_1712
リヤディレーラーSRAM X7、カセットSRAM 11-34T の9 Speed。
     (プロトタイプ故、スペックの変更あり)



DSC_0671

おっとここに、折り畳みプロフェッサーが偶然にも登場。何の告知もしていないのに、違った匂いを嗅ぎ分けたのか、流石だ。

  明日は、機長KATAGIRI のライドインプレッション

2015 FUJI FEATHER に BREV ホイールを 【橋輪Blog】

2015 FUJI FEATHER に BREV ホイールを

DSC_0658
2015 FUJI FEATHER は入荷しています

 2015 FUJI FEATHER

「新車からちょっとカスタムしたい」てことで、前後セットでもお求めやすいBREV ピストホイールをお勧め!

DSC_0659
DSC_0660
ピストホイールBREV 。前後セットで32.000円と格安。



DSC_0655
ハブは、フリップフロップ。TOKEN のコグを組んでみた。



DSC_0661




DSC_0662




DSC_0651

これから通勤にも使うんだって   

楽しくなるね I さん
記事検索
  • ライブドアブログ