2014年07月

明日、明後日は”柏まつり”だ!今年も自転車当たっと!【橋輪Blog】

明日、明後日は”柏まつり”だ!今年も自転車当たっと!

10447297_672270882821637_1669563557_n[1]

募集は締め切りましたが、橋輪前の東パル商店街において音楽イベント(我らが長谷部君の出番は、26日 (土曜日)橋輪脇中央ステージにて15:00より)を行います。フードやドリンクの露店もずらりと並びますので是非遊びに来て下さい。

忘れてならないのが東パル商店街本部ブース。(旧水戸街道交差点、千葉銀行の横)こちらでフードやドリンクを買うと、くじ引きで色んな商品が当たるよ!

          今年も自転車当たる!

DSC_1655
               森山茂賞

DSC_1656
             伊原商会賞

DSC_1657
             千葉銀賞

DSC_1658
              東パル街賞

DSC_1659
              東パル街賞


            そして橋輪賞は・・・・・


              ビビるなよー!


            これ出しちゃいます


DSC_0525
                                 BRONX 4.0

           どーよ!  参ったか!

DAHON Visc P20 を更にモディフアイドする 7 【橋輪Blog】

絶体絶命のピンチを乗り切るには・・・11S?

IMG_4271

絶体絶命のピンチを乗り切るには、11速化するしかない。
「多分いけると思いますよ〜」なんて生返事しちゃったもんだから言いづらいな。既に36万円からの大金お預かりしちゃってるし。

恐る恐るオーダー頂いてるOさんに連絡を取ってみた。
「Oさん、今更なんですが、フロントは何とかなりそうなんですが・・・リ、リヤがどうしても上手くいきません。申し訳ございませんが、この先に進むには11速化しか無いかと・・・」 「更にお金も・・・」との問いかけにOさんの返事は、

「えっ・・・11速に出来るんですか?」 「お願いします」

「でも10速DURA カセット返品できるのですか?」
「出来ませんが、それはうちで何とかします」

良かったー、怒られると思ったもん

IMG_4326
10スピードに比べ11スピードは組立寸法が+1.85mm とハブ側に少し厚くなる。


IMG_4318
チェーンも11速専用で、アウタープレートの外々で0.26mm 狭い。



IMG_4313
CS-9000  11-28T    25.870円  
CN-9000           4.338円  
SL-BSR1 2×11      9.856円(バーエンドシフター) 
  


IMG_4306
CS-7900  11-25T の10速カセットを取り外す。


  
IMG_4307
ロックリングの締め付け時には使わないが、こいつも11速チェーンに変えねば。余りを頂こう。



IMG_4314
CS-9000(10 SPEED)    CS-7900(11 SPEED) 

どうせこれも、そのまま付かないんだろうなシマノさん
ここまで来たら突き進むしかない


次回につづく!

DAHON Visc P20 を更にモディフアイドする 6 【橋輪Blog】

フロントディレーラー取付からのリヤディレーラー取付編

IMG_4231
延長ブロックはこのような感じで取り付けます。



IMG_4228
取付位置はドンピシャで来ましたね。チェーンリングとの角度は楕円なもんでまだ解りませんが、何とかなりそうな予感です。


IMG_4230
作動もOK!



IMG_4233
おっと!ケージとチェーンステーのケーブルループがギリです。危なかった。


これでフロントが何とかなる見込みが出たところでリヤディレーラー行ってみましょう


IMG_4414
RD-9000     21.437円



IMG_4413
CS-7900  11-25T    22.170円  
CN-7901          4.530円 


IMG_4265
10 SPEED対応 JK ハブに11-25T カセット。



IMG_4264
カーボンケージがチラリと光りますな。期待してますよ。



IMG_4263
ん〜、最高の眺めですな。



IMG_4220
フロント同じく、シフターはTiagra 2×10。



IMG_4266
トップ、ローのアジャストスクリューを解放し、



IMG_4302
IMG_4303
IMG_4304
作動範囲を確認します。うん、大幅にカバーしてますよシマノさん、大げさなこと言っちゃって、何とかなっちゃうんじゃないのー?



IMG_4284
見やすいようホワイトマーカーでガイドプーリーの歯先を塗ってみました。


さーどうだ! シフティング開始


IMG_4285
【トップ】ガイドプーリーがちょっと左に見えますがカメラの角度です。合ってます。

IMG_4286
【9】ちょっと行き足りませんね。ケーブルのテンション足りないか?

IMG_4287
【8】あらら・・・全然ずれてきてるー!

IMG_4288
【7】あれ、ここでまた同期して、

IMG_4289
【6】またずれてきたー!

IMG_4290
【5】・・・

IMG_4291
【4】・・・・・

IMG_4292
【3】・・・・・・・・・

IMG_4293
【2】・・・・・・・・・・・・・・・

IMG_4294
【ロー】てんでダメだこりゃ!


嘘だろ!

ここである人に聞いた裏技を試してみる


IMG_4279
9000 DURA は、ここにケーブルを通しなさいと白い矢印がある。これを敢えて変えてみる。



IMG_4301
5mm ボルトの外側を通すか、内側にするかでは5mm 以上作用点が変わってくると言うもの。

だが、及ばず


IMG_4267
IMG_4268
IMG_4269
IMG_4270
IMG_4271

最後の2枚の写真が良く分かる。10 SPEED シフターでの1クリックは、11 SPEED リヤディレーラーをスプロケット2枚の内々の幅しか送れないと言う事だ!

これは絶対絶命! 山口百恵だな!

DAHON Visc P20 を更にモディフアイドする 5 【橋輪Blog】

FD救世主現る!

乗っけから重大アクシデントに見舞われたモディファイドVisc。
ここから逆転できるのか? 考えろ! 考えろ!

IMG_4439
ここがぶつかるんだからー、



IMG_4440
ここまで下げればいいんだろー、

そんなパーツあるのかなー? 


FUJI のCOMET R だ!


DSC_0005
2014 FUJI  COMET R

a5618830-s[1]
これだ。 フロントディレーラー取付バンドに直付け延長ブロック。

現物合わせしたいところだが、COMET R は全て完売。
早速FUJI に問い合わせしたが、在庫は持っていないという。
2015モデルのCOMET R が入荷するころだったら取り寄せ可能だそうだ。それでは遅い。参ったな。


そうだ! T さんがいた


DSC_0410
一月ほど前にCOMET R のコンポを全て105 化して購入頂いた。バンドタイプを選択したので、あの部品は使ってないはず。

COMET R 105 化

DSC_0418
連絡してみたところ早速持ってきて頂けました。



IMG_4256
「これでしょ、はいどうぞ」 ありがとうございます。

助かりました


IMG_4248
このようにして使うのだが、ブロックは平行で フレームのフロントディレーラーブラケットの角度がそのまま平行移動するはずだ。



a5618830[1] - コピー
そう見るとこの写真なんか変だよな。セットバックさせて尚且つチェーンリングに合わせるために角度を付けてる。


(画像クリックで拡大)
a5618830[1]
これでは三つのパーツを一本のボルトでは固定出来ないはず。



IMG_4252
四面は全て平行。



IMG_4251
取付の5mm ボルト穴も平行。



IMG_4253
測ってみたら6mm 近いバカ穴が空けられてる。

もしかしてFUJI、やらかしてるか?

まーそれはさて置き、何とかなるかも知れないぞ!

DAHON Visc P20 を更にモディフアイドする 4 【橋輪Blog】

今夜は、フロントディレーラー取付変?です

IMG_4429
こちらオリジナルのVisc P20



IMG_4451
FD-9000     10.350円



IMG_4249

Shimano のコンポーネント互換性チャートには9000番台と7000番台は絶対に混在しない。フロント、リヤ共にそうだ。10速シフターとカセットを使うのだから全く”あべこべ”である。一応、シマノご相談室(有料)に問い合わせてみたが、「11速シリーズは新規格のため作動量を変えているのでフロントもリヤも絶対同期しませんよ」 「販売店と良く相談した上でご購入下さい」的なことを言われる始末。・・・・でも、でも、やってみなけりゃ解らね〜じゃん!


IMG_4190
オリジナルのTiagraと比べてもアームの長さがこんなにも違う。



IMG_4244
船長の7900と比べても、

IMG_4247
倍以上長さが違うのだ。レバー比を多く取り、リターンスプリングを弱くすることで操作力の軽減を図っているのか。普通、フレームに取付ていない単体の状態では、手で動かすことすら出来ないのだが、確かに柔らかい。操作力は軽くなるが、フルアウターを使う折り畳み、増してやブルホーンバーなどでワイヤー取回しがきつい場合シフトアップが同期しない可能性があるな。


さてどうなるやら

IMG_4191
フロントディレーラーを仮組し、



IMG_4194
インジケーターシールに歯先を合わせます。ケージのアールもチェーンリングに沿ってていい感じじゃね。



IMG_4221
オリジナルのシフターはTiagra 2×10。後にDURA-ACE SL-BS79(2×10)バーコン+Dixna レバーハンドルマウント(ギリ兄RockBikes仕様)の計画があるが、作動量は同じ。



IMG_4192
ケージ位置はインナー。作動量制御スクリューはどちら側も解放してあります。

IMG_4193
アウターにシフト。作動量は十分取れているようだ。これなら行けるかもしれないな。でもチェーンを掛けて実際にやってみないと結果は出ない。でも、少し明るい気ざしが見えたような?
(注) フロントディレーラー取付ボルトの位置に注目


ゲゲゲゲーッ! 


ダダダ・・・楕円なの忘れてたー!

    

IMG_4195
クランク回したらここまで来ちゃったよー!



IMG_4438
ケージのしっぽが当たらないようにするには、取付位置をここまで上げなければならない。



IMG_4439

アームがーーー、
バックフレームに当たる!

これムリじゃね? 明日につづくのか?
記事検索
  • ライブドアブログ