2014年04月

本日、一日雨 「売上“永遠の0”だよ」 と思っていたら柏市長がロードバイク買に来た【橋輪Blog】

       柏市長がロードバイク買に来た!

本日、一日雨 「売上“永遠の0”だよ」 と思っていたら柏市長秋山さんがロードバイクを買に来て下さいました。今年の手賀沼トライアスロンは自ら選手としてエントリーされるそうです。

IMG_4183
チョイスされたのはイギリスはラーレー社のフルカーボンロードバイク、カールトンE。フルカーボンと言っても14万円台とコストパフォーマンス満載のリーズナブルな完成車です。流石、いいところに目を付けましたね市長。

       RALEIGH CRE Carlton-E

DSC_2697

DSC_2696

有機質な最新3Dカーボンフレームで有りながら、ラレーのお家芸であるクロモリフレームのしっとり感と、落ち着きを思わせるデザインワーク。今までにはなかった、大人のカーボンバイクです。

           (画像クリックで拡大)
DSC_2682
ペイントはオールペイントのグロスブラックだが、シートチューブのRALEIGH のロゴのII RAL II の部分だけにカーボン繊維を魅させる大人の演出。



DSC_2684
漆黒に塗られたトップチューブが平になりながら広がって行き、ヘットパーツに吸い込まれていくコントラストが優美だ。


DSC_2688
1本にままとめられたバックステーはスムースライドを予感させる


DSC_2699
大きな応力が集中し強度を必要とする部分も、カーボンモノコックでは、高剛性とデザイン性を両立できる。


DSC_2683
コンポーネントはShimano 105 / Tiagra でチェーンリング50-34T。クランクもフレームサイズに合わせて165 / 170 / 175mm を用意する。秋山市長は身長175cm でフレームサイズ52cm を推奨。


DSC_2694
リヤディレーラーはShimano 105。Tiagura ハブに105のカセットは11-28Tの2×10の20 Speed。


DSC_2686
     ディアルコントロールレバーも105を装備



DSC_2689
ラレーのカーボンフレームお決まりの右側シートステーのみに巻かれるユニオンジャック。

 ”モダン・ロイヤル”そんな言葉が嵌りそうな1台です


IMG_4181
             【秋山ひろやす】

柏には手賀沼サイクリングロードもあり自転車に乗る最高の環境が整っています。「手賀沼トライアスロンに参加するには、それなりの訓練と経験が必要になりますが、小さな子供たちも参加できるような(競技志向ではない)朗らかなサイクリングイベントを何かやってみたいんですよ」との問いかけに「家族みんなで参加できるイベントなんて最高じゃないですか」と協力的な意見を頂きました。

それでは市長、トライアスロンに向けトレーニング頑張って下さい

          途中でへこたれんなよ〜!

TOKYO BIKE からNEW SINGLE SPEED リリース!【橋輪Blog】

TOKYO BIKE からNEW SINGLE SPEED リリース!

DSC_0438


DSC_0437
                 little Tokyobike      22.000円(税込)
                            1 SPEED     10kg

ストリートシーンに似合うシンプルなシングルスピードがTOKYO BIKE からNEW リリース。高剛性を持つハイテンスチールフレームはカラフル全6色展開だ。


DSC_0443
 シングルチェーンをフィックスするフルカバードケース



DSC_0444
        フロントはキャリパーブレーキ



DSC_0445
リヤは、ROCK BIKES 宜しくバックステーにブレーキは無い。ノーブレーキ検問に注意が必要だ。(隠しバンドブレーキあり)



DSC_0447
タイヤサイズは16×1.75で、スキットにも強い設計になっている



DSC_0442
バッテットパイプを採用したライザーバーは、グリップの握りにも対処。レバーにはリーチアジャスターが付く。クラシカルなクイルステムも魅力だ。



DSC_0446
ペダルは踏み込みやすいホワイトのフラットペダルを採用(ホールドファストは取付不可)



DSC_0439
ヘットパイプに誇らしげに付くTOKYOBIKE.COM のヘットバッジ。



DSC_1578
              早速カスタムしてみた。hasirin.com



DSC_1576

           「ありがとう  爺ちゃん」


            カラーバリエーション

littletb-carminered_m[1]
littletb-peacock_m[1]
littletb-mustard_m[1]
littletb-mint_m[1]
littletb-momo_m[1]
littletb-bluegray_m[1]

   ゴールデンウィークの営業は、火曜定休日以外
               通常営業です

高い所に目を付けた“オッサン”tern Verge X20 451【橋輪Blog】

 高い所に目を付けた“オッサン”tern Verge X20 451

DSC_3494
            tern Verge X20 (リンクは旧価格)



IMG_4121
     ハイグレード451ホイール SMART 1.0



DSC_0085
              Verge X20 451

サンプルの451ホイールSMART 1.0を組んでみたX20は、
“オッサン”に気付かれない天井高くにぶら下げ展示されていました。昨日“オッサン”「何これ?」「色合いがいいねー!」で・・・・・


DSC_0131
DSC_0130
         自分お好みの部品を装着し、



DSC_0128

 Verge X20 451も“オッサン”の餌食となったわけです

              でもって

      “オッサン”のガレージセール第5段

IMG_3629
       もう406に戻すことは無いということで、

新車取り外し品 Kinetix PRO 前後セット
                SCHWALBE DURANO 付で、
       現金特価 49.800円 でお願いします

“オッサン”のガレージセール4 TOKENディスクホイールリヤー
”オッサン”のガレージセール3 JKカーボンホイールセット完売
“オッサン”のガレージセール2 KIMORI  COLOSSUS   完売
“オッサン”のガレージセール1 PZ RACING ディスクホイール

あれ?オッサン、DAHON Vector X20 持ってたよねー!

“オッサン”のガレージセール第4段 TOKEN DT50 ディスクホイールリヤー【橋輪Blog】 

       “オッサン”のガレージセール第4段

DSC_3450

前回のPZレーシングに次ぐ第4弾、トーケンカーボンディスクホイールリヤです


DSC_3451
TOKEN DT50 ディスクホイールリヤー189.000円(購入当時)
             チューブラー


DSC_3453
                        Shimano カセット対応



DSC_3452
         80mmエクステンダー付属


          ピスト用にも変換できる

IMG_4172
       ピストホイール変換キットが付属



IMG_4173
IMG_4174
 エンド幅120mm のフィックスにも簡単に変換できます。



DSC_3454
チューブラータイヤ、パナ RACE A EVO2   9.400円付

  実質走行数回のカーボンディスクホイール

         86.400円でお願いします!

”オッサン”のガレージセール3 JKカーボンホイールセット完売
“オッサン”のガレージセール2 KIMORI  COLOSSUS   完売
“オッサン”のガレージセール1 PZ RACING ディスクホイール

年金生活者である“オッサン”は、部品を売らないと次が買えないのであります。どうか宜しくお願いしますですー。

KIMORI COLOSSUS 更なる進化計画 4 【橋輪Blog】

KIMORI COLOSSUS 更なる進化計画 4   

IMG_4167

さー、やっとぼくのコロッサスの出番だ。時代に逆行する小径化(20”⇒17”)と、安易な考えで製作し剛性不足に泣いたロンスイの再設計だ。


DSC_1170
フロントは、フォークの長さを変えずブレーキ取付ブリッジを17インチに合わせて下げる。ぼくの浅はかな知識で考えた結果は、「小径になった分トレールが減るからキャスターを寝かす」が結論だったが、木森さんの考えは真逆。「小径にするほどキャスターを立てる」という。ジャイロ効果とか色々あるらしい。この辺は先生にお任せし、後から噛み砕いて(ホルモン喰いながらビール呑んで)紐解いて頂きましょう。


IMG_2485
”ピラミット スペース チューブラー アーム”
リヤアームを高剛性にするため考え付いたピラミット型アーム。木森さんに「名前が長すぎるよ」と指摘を受けたため、P・S・T アーム【PSTA】と改名するが、文字列を間違えてはいけない。研究所ユニットリーダー木森氏の計画がSTAPする危険性が出てくるからだ。メインフレームには手を入れないので、キャスターを立てるには、このアームでケツを持ち上げることになるだろう。仕上がり寸法は現在のロンスイより10cm 短い400mm。
しかし、今見るとこのスケッチ何か変、巨大な橋の橋脚を上から遠近法で見ているみたい。


IMG_4168
IMG_4170
IMG_4171

キモリ箱に梱包されたコロッサッスは木森さんの元へ、。ここからは先生に丸投げするわけだが、完成を想像するとわくわくする。
絶対に販売台数を増やせる自信あり。
そうだコロッサスNEWバージョンの名前も考えないと。

KIMORI COLOSSUS 17(ワンセブン) いまいち

KIMORI COLOSSUS  HR(エイチアール) で行こう!
記事検索
  • ライブドアブログ