2014年02月

2014 DAHON NEW フレーム Horize (ホライズ)全色入荷です【橋輪Blog】

  2014 DAHON NEW フレーム Horize (ホライズ)

             全色入荷です

DSC_0955
           HORIZE(ホライズ)

DSC_0964
  2014 DAHON  Horize (ホライズ) 74.520円
           橋輪プライス      67.000円

                        8 SPEED       11.5kg

新設計されたストレートデザインのアルミフレームは、シンプルで斬新だ。内折れのワンピースハンドルポストは、折り畳みがスピーディーに行える。とくに短いハンドルポストでもないのに、フロントにしっかり荷重が掛かり安定性が高いのもこのフレームの特徴だ。

DSC_0197
DSC_0198
              ラスターピンク



DSC_0194
DSC_0195
              アシッドグリーン



DSC_0192
DSC_0193
               マットブラック



DSC_0190
DSC_0191
             スモーキーシルバー



DSC_0962
特徴的なホリゾンタルフレーム。展示会で見た時は前下がりの逆スローピングに見えたんだけどな?



DSC_0970
    レベルゲージを当ててみると本当に水平だ。




DSC_0960
DSC_0969
ディレーラーはShimano Altus 8 Speed で、Shimano カセット11-32T を53T のチェーンリングで駆動する。




DSC_0958
シフターは、ツイストグリップ式Shimano Revo シフターを採用。




DSC_0959
ブラックアウトされたパーツ群。DAHON BlacFoot ホイールはリムハイト30mm のセミディープリムだ。




DSC_0957
      NEWデザインのDahon U2サドル。



DSC_0956
DSC_0967
   ヒンジにはVクランプを採用。見た目も美しい。



DSC_0965
         センタースタンドは標準装備



DSC_0966
 
     Folding SizeW83×H67×D36cm

JET STREAM 系のフレームデザインだが、このHorizeには、やんちゃな雰囲気が満ち溢れている。カスタマイジングされたホライズを想像するのも楽しいだろう。


DSC_0199

    試乗車をご用意してお待ちしております

今頃ですが、tern Verge X30h 2013モデル入荷、でもって、こいつをSALE【橋輪Blog】

   今頃ですが、tern Verge X30h 2013モデル入荷、
             でもって、こいつを

             SALE!!

IMG_3099



DSC_0206
                               Verge X30h

DSC_0200
 2013   tern Verge X30h    199.500円(税込み2/21現在)
              30 Speed 10.3kg
           (ペダルは附属しません)



DSC_0205
          (写真は試乗車です)



DSC_0201
                       もちろん試乗もOK



DSC_3013
X30h では、チェーンがフロントギヤとチェーンリングガードの間に落ちる傾向が出ております。橋輪では全車BB位置の微調整を行い完全整備でのお渡しとしております。


DSC_0202

 2013   tern Verge X30h 199.500円(税込み2/21現在)

 20%OFF  159.600円(税込み2/21現在)

   2014モデル220.500円と比べて60.900円もお得!

        
7台 売切れ次第終了

本日は、辰己出版さんが船長のSLXを取材です【橋輪Blog】

   本日は、辰己出版さんが船長のSLXを取材です

DSC_1365

撮影場所に選んだのは手賀沼脇、柏ふるさと公園の近く



DSC_1350
 今日は、何時もの二人+新人君です。「カッケーな」


DSC_1353
      カメラマンさんが遠くから狙ってます。


DSC_1358
「もっと右!右だよーッ!右!」てそんな怖くないけど。


 そして例によって、透明な棒で立たせるわけですよ

DSC_1351
「今日はあんた自分で立たせてみー」


DSC_1352
              「オレが自分で立たせていいんすか」


          変な会話になってきた?

DSC_1354
「そっちに置いたら、今度はこっちでしょうが!」と結構怖い。


DSC_1356
スタンド装備なのに頑なに棒で立てようとする新人君。


DSC_1357
      「今日は風がなくていいねー」とぼく。
「けどこれ、総額で軽く100万円超えてっから気を付けてね」

                         「マジすか!」


DSC_1359
    そこへ、ご老人会のお散歩ご一行さん登場。


DSC_1364
この体勢で全員通過するまで待ちます。気温が低いため、既に手、悴んでます。


DSC_1360
その間に部分撮影しちゃいましょうとカメラマンさんの助け舟。


DSC_1361
ぼくら素人はスタンド立ててハンドルバー水平の角度から地面バックが一番いいな。


DSC_1363
カメラマンさんの位置まで下がって撮ったショット。後からトリミングしたが、被写体とバックが同じピントでダメダメです。


  『折りたたみ自転車&スモールバイクカタログ2014』
         内容盛り沢山で3月31日発売です。 
               お楽しみに。

       CONTROL TECH  Mu SLX 451

雪が降ってしまうと自転車屋は話題が無くなってしまうので、ラジコン部にバトンタッチするわけです【橋輪Blog】

雪が降ってしまうと自転車屋は話題が無くなってしまうので、ラジコン部にバトンタッチするわけです。

IMG_2085

ある時期、FBで問いかけ必死に探していた100均LEDライト。やっとの思いで3個ゲットできました。皆さん情報ありがとうございました。ちなみに先日のバートンCUSTOMのソリですが、案の定昨日の河川敷は完全に雪解けしていて、無用の長物となりましたことをご報告しておきます。


IMG_2717
1個100円で3個ゲットしたが、当然の如く送料負けです。欲しい物があれば送料なんて、どうでも良いのです。


IMG_2566
  今製作中のこいつに取り付けよーってわけです。



IMG_2722
翼の端っこに凹みがありましてね。ここに二つ穴を開けまして。



IMG_2723
       こいつを2個仕込もう、てな具合です。



IMG_2724
          使うのは先端部分だけ。



IMG_2736
          綺麗に収まったでしょ。



IMG_2737
この間、秋葉で購入した配線です。あっオタクではないっすよ。



IMG_2738
LEDライトはプラス、マイナスがありますから赤と黒でと。



IMG_2739
        二つのLEDは並列繋ぎです。



IMG_2748
       4.7Vニッカド電池で点灯テスト。



IMG_2749
  結構な明るさです。抵抗を挟まないと切れるか?



IMG_2800
         カバーを付けて出来上がり。



IMG_1404
当初はtern の純正ライトで行くはずが、ちょっと大きくてカバーが付かなかったのであります。



IMG_3086
これは翼外側に付くエルロンで機体の傾きを制御。左右別々の方向に動いて、これで右に傾く。



IMG_3087
          これで左に傾きます。



IMG_3088
内側がフラップです。着陸するときに出して浮力を増します。



IMG_3089
          フラップフルダウン。



IMG_3090
フラップを動かすサーボです。ここにマイクロスイッチを組み込んで、フラップを下げたら、



IMG_2816
 はーい、着陸しますよ〜て、ランディングライトON!



IMG_3009

一気にリアルになってきたぞ!まあ、ランディングライトが点灯したところで着陸を助けてくれることは無いんですが?少しでも、悪い腕を補おうと色々くだらない事を考えるわけでして。

   あれ?今日の予報、雪、じゃなかったっけー

     明日は、まじめに自転車の話題を・・・

”MASI 俊樹”流学57日目(俊樹、酔っ払ってカミラのアパートで目覚める)【橋輪Blog】

カロリーナのクラスメイト、カミラを紹介して貰った俊樹
              酔っ払ってカミラのアパートで目覚める

 
静かな部屋にひとり目を覚ました。


音が何もなく、街の息遣いすらも聞こえない。
 
もしかしたらみんな出かけてしまったのではないかと思い部屋を出るが、女の子のアパートなのでほかの部屋を覗くわけにもいかない。

少しぼーっと過ごし、一度アパートを出て外の空気を吸いに出た。
 
人通りもまばらで、気温もそんなに高くない。

少しプラプラして戻ろうとすると入口のドアが開かない!
 
見た目は古びたこのビルもしっかりオートロックだったのだ!ポーランド、侮りがたし!!
 
ケータイでカミラに電話をかけようと思ったが、電池が一瞬で切れてしまい大ピンチ!
 
 
ビルの前で待機し、ほかの住民の出入りをひたすら待った。

15分ほどしてようやく住民が通り、スッと後を追って侵入に成功した。

もちろんものすごくいぶかしげな顔をされたのは言うまでもない・・・。
 


部屋に入ってホッと一息つくとカミラが起きてきた。

朝食にパンケーキを焼いてくれると言ってエプロンを身に着け、小麦粉と卵を混ぜていく。
 
起き抜けだというのに笑顔は絶えない。
 
一枚ずつ焼いていく後姿を眺めながらゆるりと会話をしている。
 
 
なんだか・・・・
 
 
新婚さんみたいじゃね!!!!?笑
 
 
くぅー、しあわせだぜ!!
 
             彼氏がいなきゃな

2人で腰かけて朝食を食べていると、カロリーナが実家から帰ってきた。

後ろにはいかついスキンヘッドの男が立っている。
 
うわこわっ!なんだこいつは!?
と思ったら、彼氏のマチェックという男だと紹介される。

見た目のいかつさに加えて、落ち着いた妙に雰囲気のある男だったので仲良くなれるかな?という印象だった。
 
が、カロリーナはまるで赤ん坊に話しかけるように彼を扱う。
 
そしてそれにとろけたような顔で応じるマチェック。
 
 
ラブラブやんけ!!

悔しい!!
 
見た目に反してかわいらしい男だとわかり一安心。

緊張もほぐれにこやかに話していく。

昼前になると彼は仕事に行くと言って立ち上がり、「今夜はウォッカを飲もうぜ!」

と誘われ延泊させてもらうことに。
 
 
ほかの子たちもバイトに行くそうなので、カロリーナがブロツワフを案内してくれることになった。
 
 
どこにいくの?

と訊ねると、

「日本庭園があるからそこにいきましょう!」

と行ってバスに飛び乗った。

 
10分ほどバスに揺られ、到着。
 
チケットを買い
 DSC_0199
DSC_0200



中に入っていく
 日本庭園1




日本庭園2

 

中には池があり、
日本庭園3

鯉が泳いでいたり、端っこには滝があったりと本格的に作りこまれている。
 
それもそのはず、90年代後半に日本から庭師を呼んで作った庭園なのである。
 
一度は洪水により多くが流されてしまったそうだが、すぐに日本から修復のため庭師が駆けつけ、現在の状態になったそうだ。
 
 
橋の上でカロリーナと鯉を眺めていると花嫁と花婿が写真撮影に訪れていた。

しばらくそれに見とれた後、カロリーナとマチェックもああいう風になれるといいねーというと

「もちろん!」と無邪気に笑った。
 
 
しばらく庭を歩き回った後、街の方へと歩くことにした。
 
ブロツワフの街を流れる大きな川の側はよく整備された公園が続き、ゆるい川風に吹かれながら歩くのは心地好かった。
 

ブロツワフは大学がいくつかあるようで、それらの校舎が散在していた。

その横を通ると、カロリーナが、「そういえば、毎年学校で仮装パーティがあって、いろんな恰好をする人がいるのよ!中にはレッドブルの缶になったりね。

時々全裸の人がいるのはいただけないけど・・・」
この時ふと、柏祭りレポの橋輪ブログにいた全裸の兄ちゃんが瞬時に思い浮かび大いに笑った。
 
           実はあれ塾の先生です

途中でショッピングセンターにより、食料調達を済ませた。

今夜はポーランド料理を作ってくれるそうだ。
 
会計を済ませると妙に重たい荷物を自然と一人で持つことになった
 
アパートまでは15分ほどの距離である。
 
手に食い込むビニール袋に思わず顔をしかめる。

悠然と歩いているカロリーナ。

 
レディファーストって怖い・・・・。
 
欧米人男性すげぇ。
 
 
大汗をかきながらアパートに到着し荷物を下ろしたときはだいぶホッとした。
 
その夜、カロリーナが作ってくれたちっちゃいハンバーグ的なのと、ピエロギーという餃子に似た(味は全く違うが)パスタ的なものを食べながらみんなの帰りを待った。
 
おなかが落ち着いたところでこ「これ食べてみる?」といって出されたピクルスのようなものはものすごくまずかったので、こんどお返しに梅干しでも送りつけてやろうと思っている。
 
                  いいね!


そんなこんなでマチェックが帰ってきたのでウォッカタイムに入ることに。

普段ウィスキーが好きで飲んでいるが、ウォッカは飲んだことがない。
 
「覚悟はできているか・・・?」

なんてマチェックが神妙な顔をして言う。
 
みんなでショット一杯分をくっと煽る。

口の中で一気に香りが弾け、飲下すと喉を焼いていく。
 
 
ぷはーっと一気に顔が熱くなってきた。

女性陣はうえーっといった感じですぐにジュースを飲む。
 
マチェックは「な!うまいだろ!」と笑いながら平気そうな顔をしていた。
 
 
そのまま続けて飲んでいると、女性陣はあきれてしまったようで寝るわといってキッチンを出た。
 
2人は程よく酔いが回ってきたのでひたすら飲み続ける。
 
一時間ほどで一本開けてしまい、もう一本買いに外に出る。

酔いが回ったのか、彼は自身の生い立ちを話し出し、一通り話すと前を見据えて黙って歩いて行った。

部屋に戻り、飲みなおしていると、彼は不意に広島に行ってみたいと言い出した。

原爆の爪痕が見たいと。
 

そのとき妙にじーんと来て、なぜか涙が一つこぼれた。


この国も大戦中にナチスの手によって多くの人々が虐殺され、恐怖の渦に巻き込まれた。

その国に生まれ、複雑な家庭に育ち苦労をしたマチェックの言葉に心を揺さぶられた
 


少しの沈黙の後、どちらともなく「飲もうぜ!」となり、さっきよりもひときわ大きな声で笑いながら酒をあおり続けた。
 
(57日目 ブロツワフ観光)
営業日カレンダー
2021年12月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
2022年1月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
記事検索
Archives
  • ライブドアブログ