2014年01月

KIMORI COLOSSUS 更なる進化計画 3 【橋輪Blog】

KIMORI COLOSSUS 更なる進化計画 3

キモリコロッサッスのホイールサイズを20”から17”とすることで出てくる弊害を考える

DSC_1168
まずはBBハイト

全体的に車高が下がるわけなので、当然ボトムブラケットの位置も単純計算で1.5インチ下がります。17インチへと小径化してBBハイトを同じにするには、フロントフォークを長くしてリヤアームを下げなければなりません。フレームは変わっていませんので、乗車姿勢はそのままですが、ペダルから地面までの距離が変わってきますね。それではペダルのロードクリアランスは幾つあったら良いのでしょう。他の自転車も測ってみましょう。

DAHON 20インチ(406)     110mm
クロスバイク 700C        125mm
ロードバイク 700C                   100mm
ピスト     700C                   100mm
KIMORI 17インチ          103mm

これなら何とかクリアー出来そうです


DSC_1170
次にブレーキキャリパーの取り付け位置

この状態ですとタイヤブレーキになってしまいます。更にフォークを伸ばしたらキャリパー取付の為にもう一本ブリッジを付けなければなりません。低くなったBBハイトのままで行ければ、ブリッジの角度を下げてやれば届きそうです。(重量増しにもならないし)


最大の問題はフロントのアライメントが変わってしまう事!

DSC_1167
フォークコラムの中心線をキャスター角と言います。この線を地面まで伸ばし、車軸から垂直に下した線を見ると車軸の方が後ろにずれています。これがトレイルと言い、自転車に直進性を与えています。トレイルは多くなれば直進性が増し、少なければ回頭性が良く(クイック)なります。曲がったフォークが中心線より前に出ていますが、これをオフセットと言います。


DSC_1169
キモリの場合は、サスペンションが動いてないと仮定したならオフセットは、ほぼゼロです。



ホイールを小径化すると直進性に影響が出る


DSC_1171
キャスター角が同じでもホイールサイズが変わるとトレイルも変わる

赤い線が20”と仮定します。車軸からタイヤ接地面の距離が長くなるため、トレイルは多くなります。よって小径化するとトレイルが少なくなり直進性が弱くなるわけです。


ならばチョッパーにしちゃえば?

IMG_3509
イージーライダーに見るロングフォークは、前輪をグンと前に持っていき、寝そべったキャスター角でトレール一杯、直進性抜群です。



DSC_1173
では、フォークエンドの爪を前方に突き出してホイールベースを長くしたらどうでしょう。これはオフセットを付けることになり逆効果となります。突き出した車軸から下げた赤い線はトレールがゼロです。これでは手放し運転が出来ないでしょう。


ではサスペンション付でベント出来ないバイクのフォークは

DSC_1179
バイクがないので、久々ポルシェバイクの出番です。




DSC_1174
DSC_1177
ダブルクラウンフォークは、コラムとフォークがオフセットしています。



DSC_1175
オフセットを付けることによって、トレールを少なくし旋回性を良くしている。

だったらオフセットなど付けずにキモリみたいにキャスター角を立てればいいじゃんか!
よう分からんようになってきた。


DSC_1172
ロングホイールベースで直進性が良くなった分で相殺てなわけには、なりませぬかね?

これはもう先生に聞くしかない

私も、 「東京サイクルデザイン専門学校」の門を叩くしかないか

ROCK BIKES Tomahawk 【橋輪Blog】

        ROCK BIKES  Tomahawk

DSC_0304
             Tomahawk

DSC_0296
 ROCK BIKES  Tomahawk(トマホーク)  113.400円
       フレームサイズ:46 / 50 / 53 / 56cm

一時のピストブームは流行廃りのうちに落ち着いた感があるが、本気で乗りたい奴は、まだまだいるし、出てくるはず。そんな中、ロックバイクスが投入した最も戦闘的なピストバイクがトマホークだ。Nデザインによるアルミエアロフレームには、その制動力となるブレーキキャリパーさえもフロントのみの装着しか許されない。この危険な兵器は、嘗てのピストクルー達を魅了するであろう。


DSC_0299
このバイクのインパクトを決める低く構えたブルホーンバー。
ブレーキワイヤーが、ちと余るので40mmほどカット。



DSC_0300
FUJI TOMATO Low Pro 兇冒着されていたものと同形状のブルホーンバーで、上ハンフラットながらSIXTHのロゴがドロップしてるかの様に見せる。バーテープは短めに巻いてみた。



DSC_0297
ホリゾンタルにセットされたステムはバークランプ部にシムが入り
31.8mmバーにも対応。




DSC_0298
ロケットやミサイルと似た形状のエアロフレームだが、上が1 3/8 下が1 1/4 のゴッついテーパードヘットを採用。フォークは新設計のフルカーボンモノコックだ。



DSC_0301
      オリジナルで製作したラージハブは、




DSC_0303
  32mmハイトのディープリムへとラジアルで組まれる。




DSC_0290
DSC_0292
大きくロゴが入るオリジナルデザインのサドルとシートポスト。



DSC_0293
薄手のレーシングサドル、表面はバックスキン調で大きなスリットが入る。




DSC_0291
  個性的なシートクランプはスレッド構造となっている。


オリジナルパーツブランド SIXTH(シックス)。これらのパーツはハンドルバー、ステムを含めオリジナルブランドとして販売予定。



1
ギリギリまで攻めたリヤセンター。シートチューブは半分まで削られた。



DSC_0302
      クランクアームは2ピースタイプを採用


IMG_3505
   ペダル、トゥークリップ、ダブルストラップが付属。



DSC_0294
DSC_0308
 リヤハブは、フリップフロップでフリーでも固定でもOK。




DSC_0295
チェーン引きの付くエンドはステンプレートが仕込まれ機能性、高級感共にアップ。



         (写真はフレームサイズ560)
DSC_0285




DSC_0305




DSC_0286




DSC_0289




DSC_0307




DSC_0287
 撮影場所を提供頂いたのはZEINNAP APPARELさん



        実は、リヤブレーキは付いている

IMG_3497
ギリギリの取り回しでセットされるサイドプルブレーキがBB下にひっそりと装着されている。

 このブレーキが我々販売店の負担を多くしている事実
チェーンリングとコグの丁数にもよるが、リヤタイヤとシートチューブの隙間をギリまで詰めたセッティングにしたい場合、ブレーキシュー取付ボルトにチェーンリングが被ってレンチが掛からないのだ。納車整備の度に我々は、クランクを一旦外してブレーキシューの当たりを出し、またクランクを組み付けねばならない。マニアックと言ってしまえば終わりだが・・・。

          これでいいんじゃね

IMG_2696
ブレーキシュー取付ボルトをヘキサゴンのキャップボルトではなく普通の六角頭にする。格好付けてる場合でもなく寧ろ見えないし。



IMG_2697
見えやすいようにフロントブレーキでシュミレーション。スパナが掛かる。

        
 N氏、これで解決だよ!

Master Pistの中瀬さんと特許取得しとくか、Rock Bikes が
5mm六角ボルトを使う度に500円づつ入って来るように。

今夜は再放送で、2014 tern Verge X10 登場!”最後が違うよ” 【橋輪Blog】

  今夜は再放送で、2014 tern  Verge X10 登場!

           ”最後が違うよ”

DSC_1051
        VERGE(ヴァージュ)  X10 

DSC_1054
           2014 tern   Verge  X10         223.840円     
                橋輪プライス      192.400円  
                10 Speed       9.7kg

Verge シリーズの中で一際華やかな装いを纏うX10。
フロントシングルのシンプルなチェーンリング回りが、美しいフレームを引き立てます。55Tのチェーンリングに、マウンテンバイク並みの11-36T超ワイドカセット。軽量ボディーと相まって、ケイデンスを気にしないならばフロントシングルでも全然いけちゃいます。


DSC_1052
            ホワイト / オレンジ



DSC_1055
FSAの中空ツーピースクランクに55Tのチェーンリングをオレンジアルマイトのチェーンリングボルトでフィット。
ペダルは、MKS  Ezy (着脱式) のブラックが付属。



DSC_1064
        BBはインテグラルタイプを採用



DSC_1056
フロントディレーラー台座付きなので将来的にフロントダブルにするも有り。




DSC_1057
     リヤディレーラー:SRAM  X9 (ホワイト)
                    カセット:SRAM 11-36T




DSC_1060
       シフター:SRAM  X7  10 SPEED




DSC_1137
    ERGON のGS-1 特別使用のオレンジクランプ




DSC_1063
 Kore Road Perfomance のNEWデザインサドル




DSC_1053
超軽量ホイールKINETIX PROに
               SCHWALBE DURANO 20×1.10


 
DSC_1058
ternの特徴でフロントVブレーキが後側に付く。ブレーキシューも
リッチだ。



DSC_1049
OCLジョイントは、最高水準の固定力と耐久性を追求したもの。オートロック機構付きでセーフティーながら構造もシンプルだ。
(レバーの水色は保護シール)



DSC_1048
       Folding Sizu W79×H72×D38cm




DSC_1065




DSC_1066




DSC_1133

     試乗車を用意してお待ちしております


          こんなもんを見ました!


DSC_3432

                            
PORSCHE  X10

24インチ スーパーライトスポーツ2015 tern Eclipse X20  【橋輪Blog】

2015 tern Eclipse X20

DSC_0067
ECLIPSE [X20]


DSC_2155
2015 tern EclipseX20   254.880円(税込)   
橋輪プライス         229.300円
(税込)
20 Speed      10.7kg
カラー:ブラック / マットブラック

フォールディングバイクに24インチという新ジャンルを吹き込んだ tern 。そのスーパーライトスポーツモデルが、Eclipse  X20 です。イクリプスP9 の13.0kg から削ぎ落とす事2.3 kg という信じがたい軽量化を成し遂げ、24 in フォールディングバイクでは驚異の10.7kg を達成しています。


DSC_1140
カラー:ブラック / マットブラック
グロスとマットのツートーンとしたその名も”忍者ブラック”


それでは Eclipse X20 のハイスペックを見て行こう        


DSC_1143
24”Kinetix  pro ホイール
一番に軽量化に貢献しているのが、新たに24インチでプロダクトされたキネプロ24インチホイールだ。



DSC_1144
大径化したことによりオーバーロックナット寸法を広げホイール剛性を増している。




DSC_1145
エアロブレードスポーク採用。




DSC_1152
DSC_1165
20インチのキネプロホイール同様ハブは前後ともアメリカンクラッシックだ。




DSC_1153
タイヤはSCWALBE KOJAK 24×1.35。




DSC_1141
フロントディレーラーはSRAM  Force でチェーンリング50-34Tをシフトする。




DSC_1162
FSA のクランクは、BB386 で確実に支持。




DSC_1161
センタースタンド取り付けのためのブラケットも用意。




DSC_1142
リヤディレーラーはカーボンケージ採用のSRAM Force 10 Speed。




DSC_1147
シフターは、SRAM  SL700 フラットバートリガーシフター。




DSC_1146
前方にオフセットれたステムが戦闘態勢を掻き立てる。



DSC_1159
VROステムは47mmオフセットで、付属のレンチで好みの角度にセット可能。



DSC_1166
グリップはERGON GS-2。



DSC_1148
KORE ロードパフォーマンスサドル。



DSC_1149
ペダルは、MKS Ezy のクイックレリースが付属。



DSC_1138
Folding Size  D42 x W89 x H76 cm




DSC_1154





DSC_1158




DSC_1139




DSC_1156
   撮影場所を提供頂いたのは、HAIR imagineさん



IMG_1652

試乗出来ます。是非とも未体験ゾーンへ!

※試乗には身分証明書の提示を頂いております


試乗インプレッションは⇒こちら
(インプレは2013年モデル)

24 Speed でギミック満載 2015 tern Link P24h が入荷です 【橋輪Blog】

2015 tern Link P24h

DSC_0003
LINK P24h

DSC_0249
2015 tern Link P24h   112.320円(税込)    
橋輪プライス         101.000円(税込)    
24 Speed    13.5kg
(トローリーラックが装着できます)

tern のナンバー1コストパフォマーLink P24h。様々なギミック満載のツーリングモデルでトローリーラックも装着できる頼もしい1台です。


DSC_0250
カラー:ブラック / グリーン



DSC_0274
フロントシングルでありながら内装変速を用いて24速ワイドレンジとしているドライブトレーン。チェーンリングガード付。



DSC_0277
リヤディレーラーはNeos 3.0 で、カセット11-32T のワイドレシオ搭載。




DSC_0283
STURMEY ARCHERの 内装ハブは、Neos 3Speed。




DSC_0259
SRAM ツイストグリップシフター。




DSC_0260
グリップエンドに隠しこまれた4・5・6mm アレンキー。





DSC_0261
Andros ステム採用により瞬時にポジション変更ができる。




DSC_0262
DSC_0263
DSC_0264





DSC_0265
サドルバック装着時にはワンタッチで外せるリフレクターは、電池内臓の自光式。




DSC_0271
シートポストポンプ標準装備。




DSC_0282
センタースタンドも標準装備となっている。






DSC_0273
マッドガードを装備するタイヤは20×1.6。




DSC_0280
DSC_0258
Verge シリーズ同様のOCLジョイントを採用。




DSC_0248
Folding Size: D38 x W79 x H72 cm




DSC_0272

試乗車をご用意いしてお待ちしております

※試乗には身分証明書の提示を頂いております

営業日カレンダー
2024年5月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
2024年6月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
記事検索
Archives
  • ライブドアブログ