2013年09月

ユニークなフォールディングシステムを搭載したNEWバイク、イージーを検証する【橋輪Blog】

                  EEZZ を検証する

ユニークなフォールディングシステムを搭載したNEWバイク、イージー。シングルスピードながら縦フォールディングのためチェーンテンショナーなるものが、リヤエンドに装着される。
  これってパンクした時、面倒なんじゃないかな?

DSC_0430

                                 EEZZ

       
 それでは、やってみよー!

DSC_0450
フロントは折り畳み時の干渉を防ぐために突起の少ないトラスネジを使っています。これは普通のヘキサゴンレンチでOK


              問題のリヤ

DSC_0451
         まずはVブレーキをリリース



DSC_0453
ハブはナット止め。ちなみにエンド幅は、フロント約55mm、リヤ75mm、と極端に狭くなっています。(これがフォールディングサイズの幅に効いてくる)



DSC_0454
ナットを回すスパナのサイズは17mmですが、テンショナーのブロックが邪魔で掛かりません。



DSC_0455
スパナならなんとか掛かりますが、プロの仕事としてはチョト。



DSC_0456
ここはやはり、ソケットレンチが正統派でしょう。でも普段17BOXとハンドルなんて持ってないですが。



DSC_0457
           反対側も外します



DSC_0458
ドロップエンドからそのまま落ちるかと思いきや、コグとプーリーが当たってしまい、これ以上は下がりません。



DSC_0460
親指の下、テンションスプリングがグルグル回っている裏にもプーリーがありますが、こちらは固定で、



DSC_0459
人差し指で押している側のプーリーが可動部のテンションプーリーです。



        ここから元へ、やり方変更

DSC_0461
最初にチェーンテンショナーを取り外しますが、テンションプーリーを押してチェーンを外しておきます。



DSC_0462
するとプーリーはスプリングの力でここまで戻されます



DSC_0463
ヘキサゴンレンチでテンショナーを外しますが、テンションが解けていますので、安心して外すことが出来ます。



DSC_0464
外れたチェーンテンショナー、DAHON のロゴが入る



DSC_0466
今度は普通のコンビネーションレンチが掛かるようになります。



DSC_0467
      そしてドロップエンドから下します。



DSC_0468
使った工具は17mm のコンビネーションレンチとヘキサゴンレンチのみ。初めてやりましたが、ここまで物の5分でした。


              組付け

DSC_0469
    コグにチェーンを掛けエンドに入れます。



DSC_0470
ナットを締める際は、くだんの方法で。(車体を地面に立て荷重を掛け、センターを出してから締める)



DSC_0471
次に、チェーンテンショナーを取り付けますが、回り止めのピンがフレーム側の穴と合うよう注意して下さいね。



DSC_0472
  取り付けたら一つ目のプーリーにチェーンを乗せ



DSC_0473
      テンションプーリーに引っかけます。



DSC_0474
       ぴょーんと放せば、はい終了。



DSC_0475
    リリースしたブレーキを戻すのもお忘れなく。


         慣れたら全行程3分でOK! 
   あなたはクイックの車輪3分で脱着出来ますか?

          EEZZ パンク怖くないっす!



DSC_0440

次回は、Jiffold Vertical テクノロジーと言う名の、
      新たなるフォールディングギミックを検証する

DAHON Mu SLX マットブラック + Joseph Kuosac カーボンホイール【橋輪Blog】

      DAHON Mu SLX  + Joseph Kuosac

DSC_0408
      DAHON Mu SLX  + Joseph Kuosac

入荷したてのMu SLX マットブラック にJoseph Kuosac カーボンホイールを装着してみました。マットなボディーにカーボン独特の表面がとても良くマッチしています。


DSC_0409

DAHON ・ tern 専用カーボンホイールJoseph Kuosac


      それでは、Mu SLX ギャラリーをどうぞ

           (画像クリックで拡大)
DSC_0413




DSC_0411




DSC_0412




DSC_0416




DSC_0419




DSC_0420




DSC_0417




DSC_0422

実はこれ、あるお客様からのリクエストでして、この他にもF/R デレィラー、カセット、チェーンをDURA-ACE 7900でフロントダブル化の依頼を受けております。


        でもそれだけではないんです

IMG_2919

    この後、とんでもないリクエストが!!!

ROCK BIKES ノーブレーキピスト販売!【橋輪Blog】

    ROCK BIKES ノーブレーキピスト販売!

ロックバイクスの展示会に行ってきました。そこで見た新作ピスト、危険極まりないノーブレーキな2台を紹介する。

IMG_2872
左がロックバイクス代表の西山氏。デンジャラスなバイクを公道へと送り出そうとしている張本人である。
右は、展示会寸前にどたキャンされたバイトの助っ人受付嬢で、西山氏が1年程前に何処ぞで知り合った娘らしい。
一年ぶりに連絡を取りアルバイトを頼んだところ、二つ返事でOKしてくれたそうだ。  二人の会話は常に英語で、実に怪しい?



IMG_2868
美しくもスラッと切り立ったバックには、ブレーキキャリパーの欠片もない。



IMG_2842
                               Melancholy


IMG_2841
ROCK BIKES  Melancholy(メランコリー) 70.000円
(税別)
              フレームサイズ:46 / 50 / 53 / 56cm


IMG_2843
硬派なトラックバー、アヘットステムはホリゾンタルにセット。



IMG_2869
スッキリ佇むシートステーにはブレーキ穴さえ存在しない。



       こんなところにブレーキが・・・・!

IMG_2844

1年ほど前になるか、西山氏と電話での会話。
当時ピストは目の敵にされていた中、当然リヤブレーキも装着せねばならず、スッキリした後姿が惜しまれていた。
「西山君、今はフレームから設計してんだから責めてリヤキャリパーだけでもBB下に持ってこれない?」
電話の向こうでキャリパーブレーキを持ちながら話す西山氏。
「ぼくも考えてるんですが、どうやっても入らへんのですわ」
と、会話はここで終わったが。

          西山氏は諦めていなかった

サイドプルブレーキを持って、これを成し遂げたのであります



         そしてエアロな奴をもう一丁!

IMG_2825
ROCK BIKES  Tomahawk(トマホーク)  105.000円(税別)
       フレームサイズ:46 / 50 / 53 / 56cm

IMG_2834
低く構えたブルホーンバーはFUJI TOMATO Low Pro 兇冒着されていたものと同形状。



IMG_2833
ロケットやミサイルと似た形状のエアロフレームだが、上が1 3/8 下が1 1/4 のゴッついテーパードヘットを採用。



IMG_2832
フォークは新設計のフルカーボンモノコックだ。オリジナルで製作したラージハブは、32mmハイトのディープリムへとラジアルで組まれる。



IMG_2827
   リヤは、フリップフロップでフリーギヤも付く。



  オリジナルパーツブランド SIXTH(シックス)

IMG_2830
      大きくロゴが入るサドルとシートポスト
IMG_2831
   薄手のレーシングサドル、表面はバックスキン



IMG_2824
これらのパーツはハンドルバー、ステムを含めオリジナルブランドとして販売されるそうだ。



     トマホークもリヤブレーキはBB下に

IMG_2870
IMG_2826
IMG_2823




IMG_2822
 ギリギリの取り回しでセットされるサイドプルブレーキ



1231704_1415489305339746_1652047703_n[1]
ブレーキの取り付け状態をチェックするぼく。ノーブレーキ検問に引っかかったら、ニヤリと笑いこの様に見せてあげましょう。
Master Pist の中瀬さんが撮ってくれていました。



    ROCK BIKES  Melancholy  Tomahawk   
本日より予約受付開始!(11月頃の入荷を予定しております)
             値引きはしないぜ




         yellow MISSAILEに続き

IMG_2915

         Rocket カスタム進行中!


”MASI 俊樹”流学43〜46日目(俊樹、風邪ひく)【橋輪Blog】

”MASI 俊樹”流学43〜46日目(俊樹、風邪ひく)

 
風邪をひいた。

前日から何となくのどの痛みは感じていたが、デスボイスの練習をしながら走っているからだろうと思っていて薬は飲んでいなかった。

ちなみにフランスでは変な声を出して走っていたら交差点に居た車がいぶかしげにこっちを見て車の窓を閉めました(笑)
 
 


熱があるのか額は熱いし体が重い。

ロキソニンを飲んで、昼までベンチで眠って走り出した。

依然として体は重く、天気が悪くて気温が急に下がったのも追い打ちをかけた。
 


じいさんに作成してもらったルートのおかげで順調に進む。

最初はオランダのように平地で走りやすかったが、進んでいくとのぼりが増え、丘の上の麦畑を越え、山に入っていく。
43〜46−1[1]
 
重たい体に重たい自転車で必死に登る。
 
また更に雨まで降ってきて最悪。
 
100km越えたところでキャンプ場を目指すが、またいい森が見つかり、雨の中を進むのはよくないのでそこで野宿することに。
 
テントを立ててしばらくすると犬を連れた男が来たのでいつもどおりダッシュであいさつ。

なんとか事情が伝わり、この森は教会所有ということで許可された。
 


薬を飲んで眠る。


 
夜中に大雨が降り、目覚めるとテントが大浸水。

下からの浸水がひどいんですこのテント。
 
少しゆっくり寝て、飯を食ったらテントを乾かしながらゆっくりする。
43〜46−2[1]
 
昼前に出発し、安全な場所で体を休めるべく50km先のキャンプ場を目指す。
 
走っていくとちょうど目指している街までつながっているサイクリングルートを見つけ走っていく。
 
が、これが非常に悪路。

アスファルトはひび割れてるわ、無駄に坂が多いわ、さらに未舗装にまでなった。
43〜46−3[1]


 
これほんとにサイクリングロードなんか? と辺りを見回すが、この看板が堂々と立っているから間違いではない。
43〜46−4[1]
 
そんな道に苦しまされながらもなんとか早い時間にキャンプ場に到着。
 
とりあえず一泊すると告げ、テントを設営。

少しでも体にいいものをと思いトマトスープを作って飲む。
43〜46−5[1]

   ん、少しは旨そうに見えるようになったじゃん
 
飯をぼーっと食っていると、テントの前を一家が通り過ぎ挨拶される。
 
軽く挨拶をしてまた休む。
 
夜、シャワーを浴びようと建物に向かうと、先ほどの一家に出会い、立ち話を始める。

お姉さんの方はあまり英語に自信がないとのことで、主に鼻に牛みたいにピアスをつけた妹が話出したのだが、この子はまたアレな子で・・・。
 
どうやら、熱心な信者さんで各国の信者を集めてちょっとした共同生活の中で神の声を聴く集まりがあるらしいのだが目を輝かせ鼻を膨らませ話されても・・・ねぇ
 

この時アムステルダムの駐輪場のおっちゃんを思い出した。

「誰がどの神様を信じていてもオレは構わないよ。
むしろそういうのを信じていい人になれるんならオレはすごくいいことだと思う。
でもいつもオレは思うんだ。
「オレに押し付けないでくれってね」

 
ああおっちゃんオレも今同じ気持ちだよ・・・

 
一通り話して、今自分は2日風呂に入ってないからシャワーのあと話そうといって、ひとまず別れた。

別れ際にシャワーのコインをくれたのは助かった。

コインを入れないとお湯が出ないのだ。風邪を悪化させてしまわずに済んだのは神様に感謝。
 
きれいになったところで外に出て、話をしに行こうかと思ったが、姿が見えないし体が冷えてきてつらいのでその晩は眠った。
 
 

翌朝、起きて出発しようと思ったのだが、昨日のシャワーがまずかったのか一番体がだるい。

こりゃ走れませんわと眠り続けた。

14時ごろ目覚め、トイレまでのろのろと歩く。

朝よりはだいぶマシになった。

連泊することになったので追加の料金を払いに行くが、誰もいなかったので売店でコーラと缶詰を買って食い、また眠りについた。
 
こんな大きいところだからもしかしたらバレないんじゃね?

なんて期待したが、1時間後見回りのおばちゃんにしっかり宿泊カードをチェックされ、お金を払った。

あわよくば踏み倒そうと思ってごめんなさい(笑)


 
そこからは暑くて寝ていられなかったので鞄の奥で眠っていたホームズを読んで、カレーを作って時間をつぶした。
 
そして食事を済ませまた眠りにつく。
 
今日は風も雲もなくていい天気だった。

明日こそ復活して走り出さなきゃ・・・。
 
 


次の日は体調がわりとよくなったので走り出すことに。

出がけに話をした一家のパパに出会い、ひたすら聖書を読むことを勧められた。

お返しに武道の心得でも説いてやろうかと思ったが、あんまり英語がわかる様子でもなかったので断念。
 



キャンプ場を出て、一度来た道を引き返し、スーパーを探しに行くがどうやら近くには無いようなのであきらめてガソスタの売店でサンドウィッチとクッキー、飲み物を買って走る。
 

そして、看板を見るとキャンプ場方面がルートだと判明し、無駄に往復してしまったことを悔いた。

キャンプ場の前を通り過ぎると一家にまた出くわした。

お姉さんはオレの体調が悪いことを聞いたようで本当に心配してくれている様子でうれしかった。
 
 


そこから広々としたサイクリングロードを走る。

たくさんのサイクリストとすれ違い、その多くが自転車旅の人でうれしくなった。
 
 

途中で通り過ぎた街の名前、「アへ」はちょっと笑ってしまった。
43〜46−6[1]



日差し厳しいお昼過ぎに童話で有名なハーメルンに到着。
43〜46−7[1]


 
看板にも童話にちなんだお祭りの写真があった。
43〜46−8[1]
 
スーパーを見つけ、食料と暑いので贅沢にアイスを買った。



そして、オレは絶望の淵に立たされることに。


 
支払いの際、財布を見ると現金がかなり減っていることに気が付いた。

そういえばフランスで金を下ろしてから現金払いばかりしてしまったし、アムステルダムで外食とかしたからなぁ。

ひとまず大きい街なので銀行により、ATMで金を下ろそうとするがカードだけが帰ってくる。

この日は8月2日だからきっと支払日の10日まで下ろせないんだろう。

仕方ないので鞄の奥底から予備の財布を取り出し、日本円を両替してもらおうと店員に尋ねると、この街では両替はできず、はるか40km先の大きな街まで行けという。

その町はルートから外れている。
 
しかし手持ちは18ユーロ。

ベルリンまで行けば両替はできるはず。
 
 
うーむ、どうしよう。と迷った末に、ベルリンまで走ることに。
 
とにかくカードが使える店を見つけ、現金は使わないようにしよう。


しかし、ここからが悲劇の始まりだった。



この時はまだ、行けんべ行けんべと楽観的だったのだが・・・・。
 
この日は気温が特に高くて、風邪気味に加えて軽い熱中症まで起こしてしまった。

それでも頭に水をかけながら走り、日が暮れたころ山の中に入って野宿。
 
熱でぼーっとする頭に体を拭く用の冷たいシートを載せ、いたるところから聞こえてくる動物の声におびえながら眠った。
 
(43日目 101.14km 44日目 55.24km 45日目 休み 46日目115.82km)


    と、18日に届いたメールは、ここまで
                           大丈夫か俊樹?

charge のファットバイク発見!【橋輪Blog】

        charge のファットバイク発見!

IMG_1914

昨日の新商品展示会、最後に廻ったRITEWAYさんで、
           凄いの発見!

IMG_1911
 charge COOKER XX1 Maxi   180.000円(税別)
           (クッカーマキシ)


IMG_1910

此奴は凄い!SURLYから比べてもスペックも劣ってないし、
      なんといってもプライスが激安


IMG_1913
                リム幅80mmのchargi Fat rim



IMG_1919
            タイヤ26×4.00



IMG_1918
             ヘッドチューブ程の長さのあるBB



IMG_1917
        ハイドロディスク装備



IMG_1912
 マスターシリンダーはPro Maxのラジアルポンプ採用



IMG_1916
IMG_1915
SRAMのコンポが付くがポップにはShimano Deore とある

こいつは買いだ!と思った瞬間、・・・・・ 
「申し訳ございません、これ2014年モデル全て完売となりました」 だって。 なんだよ〜、「いいもん見っけ」と思ったのに!

まっ、うちchargeとの契約ないんですけどね
    ドッキと来た人、charge販売店に直行ですなこれは



正にストライク!バッターアウトの、かな振りに終わった所で、
遅い昼食を。竹芝桟橋で一服の後、ゆりかもめでお台場へ。

IMG_1929
   久々、Venus Fort やっぱここの天井は良い。



IMG_1920
噴水広場 Vector.Y が「ベガスみたいですね〜!」と言っている。



IMG_1921
さて、昼飯。ハンバーガー出てくんの遅!HALEMOANAにて。



IMG_1922
16:40空が夕焼けバージョンに、この後すぐに夜になるはず。



IMG_1923
フライドポテト、ケチャップ&マスタードで、もう一杯いけそ?



IMG_1924
   夜になったんで、『おかわりお願いしまース!』



IMG_1927
       ここも久々、ヒストリーガレージ



IMG_1925
    ミニカーファンにはたまらないコレクション



IMG_1926
    N君これ欲しいでしょう?ランチャ・フルビア



IMG_1928
         マツダ コスモスポーツ

マツダが、世界で初めて実用ロータリーエンジンを積んだスポーツカーですね。エンジンは10A 。ロータリーエンジンは、バンケルエンジンとも言うんですぞ。

薄っぺらなホイールキャップが付いたオリジナル(ウルトラ警備隊がパトロールカーに使っていたので週一観てた)ばかり見ていたせいで、トレット幅が狭いこの車は、あまり好きではなかったが、得体のしれないアルミホイール付のこいつは、ちょっとプリティーかも。

  
  あれ?今日は何の展示会だったっけ
記事検索
  • ライブドアブログ