2013年08月

RIDEA(リデア) の新製品のご紹介【橋輪 Blog】

      RIDEA(リデア) の新製品のご紹介

IMG_2454
  RIDEA  Extendabule Stem 25.4mm   7.600円
  RIDEA  Extendabule Stem 31.8mm   8.800円

リデアのエクステンダブルステムにカラーバリエーションが増えました
    (価格は6月1日より上がっております)

     Extendabule Stem 詳細はこちら

IMG_2455
              レッド

IMG_2456
              ゴールド

IMG_2457
               チタン

IMG_2458
               ブラック

IMG_2459
                シルバー





IMG_2465
  RIDEA Chianring Screw  シングル   1.680円
  RIDEA Chianring Screw  ダブル     1.680円


7075-T6製のアルミチェーンリングボルトです
                  5個セットで重量は僅か10g

IMG_2466
         ブルー / レッド / ゴールド

IMG_2467
           ブラック / チタン





IMG_2460
 RIDEA Quick Release 74/130mm   7.140円

今までなかった、フロントエンド幅74mm DAHON tern 専用クイックリリースです

IMG_2461
        ブルー / レッド / ゴールド

IMG_2464
      ブラック / チタン / シルバー


IMG_2462
チタンシャフトに7075アルミレバー。ブラスプレーンベアリング付きなので、少ない力で確実に締め込むことが可能です。


IMG_2463
                 重量は前後セットで43.5g

    ハイクオリティーなカラーパーツを楽しもう!


Blog Ctegories に「小径車パーツ」を追加しました
            今までご紹介したパーツを閲覧できます

     橋輪HPから【アイテム】⇒【小径車パーツ】

もう一人の俊樹”オダギリ・ギリ”(9・10日目)【橋輪Blog】

もう一人の俊樹”オダギリ・ギリ”(9・10日目)


9日目

朝6時起床。

健康センターを出て近くのコンビニで朝食を調達。

今日から北海道だ。

ワクワクする。

しかし、函館を出た途端に山道だった。
いきなりペースダウン。

昼過ぎになんとか長万部に到着。

コンビニで休憩する。横浜から来たバイク3人組と少しおしゃべりして再び走りだす。

長万部からしばらくまっすぐな道が続いた。
photo
でも向かい風。

そして徐々に海を離れ山に入っていく。

それににしてもコンビニが無い。
20キロはすでに走っている。

ようやく集落が見えてきた。
コンビニの一つはあると思っていた。

無かった。北海道やばい。


仕方なく道の駅でちょっと高いパンを3つ購入。

その後ベンチでうたた寝していたら日が暮れて来たので、道の駅で寝ることに。

本日の走行距離
函館健康センター〜道の駅 黒松内
127.47km



10日目

朝5時に起きて、インスタント麺を食べて出発。

いきなり物凄い坂道に遭遇。
途中で心が折れて押した。

その後もずっと山の中をひたすら走った。

倶知安の市街地に入った時に雷雨に襲われた。
慌てて公衆便所に避難。

30分程で雨は止んだので出発。

また山道を走る。
北海道って平坦だと思ってた。

15時頃ようやく余市に到着。
コインランドリーを発見したのでたまった洗濯物を洗う。

空がなんかすごかった。
photo (2)

本当は今日中に小樽に行きたかったが、3つの峠越えで体力が限界だったので余市の道の駅で寝ることにした。
道の駅で出会ったチャリダーのオッサンと仲良くなり一緒に銭湯に行った後、夕食を食べた。

その後2人チャリダーが来た。

しかも1人は小径車!

すぐさま話しかけに行った。
お互い日本1周中で北海道で出会って一緒に行動しているらしい。

仲良くなって次の日から一緒に行動することになった。

本日の走行距離
道の駅 くろまつない〜 道の駅 スペースアップルよいち  100.87km

もう一人の俊樹”オダギリ・ギリ”(8日目いよいよ北の大地に上陸)&tern Verge X20 X30h X10 S11i オーナー様宛 重要なお知らせ【橋輪Blog】

    もう一人の俊樹”オダギリ・ギリ”
   (8日目いよいよ北の大地に上陸


8/24 20:41

8日目。

起床してトップバリューのインスタント麺(5食で198円!!)を茹でているとおじさんが話しかけてきた。

定年後から自転車で日本を海岸線沿いに1周中らしい。

恐ろしいことを考える人だなとか思った。
自分には到底真似できない。

話しの終わりに名刺を渡されお別れ。



寝床を片付け出発。

天気予報でこの先3日間青森の天気が悪いようだったので大間を諦め青森港を目指す。

しばらくするとこの旅初の海が見えた。

陸奥湾だ。テンション上がった。
photo

それと同時に風が強くなってきた。
スピードが出ない。


10時頃に浅虫温泉に到着。

道の駅で昼食代わりに揚げ饅頭とりんごジュースを摂取した。
photo (2)
流石に1パック食べたら気持ち悪くなって少し寝た。

 オレだったら1ヶでアウトだ 甘いもんは苦手だ


再出発。

昼頃に青森市に到着。

国道4号線の終点の青森県庁に寄った。
photo (3)

特にすることもなくフェリーターミナルへ直行。


ちょうど2時間後に出航する便があったので手続きを済ませる。

待合室で他のチャリダーと会話しながら時間を潰し、いよいよ出航。
photo (4)


3時間程の船旅。爆睡してたら到着。

初北海道!!

とか思ってワクワクしてたら雨が降ってきた。



最初の行き先は決まっていたので急いで走り出す。

知り合いから聞いていた評判のハンバーガーを食べにいった。

ラッキーピエロのチャイニーズチキンバーガー。
photo (5)
チキンにかかった甘辛いタレがうまい。


満腹になったので24時間営業の銭湯で風呂に入り、休憩室で朝まで寝た。

本日の走行距離
道の駅 しちのへ〜函館健康センター 74.85km



tern Verge X20 X30h X10 S11i オーナー様宛重要なお知らせ

既に通知させて頂いてます上記モデルでフレーム交換に該当しているオーナー様には、大変ご迷惑をお掛けし申し訳ございません。
また、代替フレームの製造が大幅に遅れていることをお詫び申し上げます。

昨日、輸入元より1部の代替フレームがtern 本社より届いたとの連絡を受けました。
今週中に入荷の予定ですが、今回極めて少数の入荷となります。

tern Verge X20   1本
tern Verge X30h  1本
tern Verge X10   2本
tern Verge  S11i  1本

当店にて販売した車体で、該当機種は33台に及んでおります。
ご購入頂いた日付順にご案内させて頂きますが、今回ご連絡できなかったオーナー様には、もう暫らくお待ち下さるようお願い申し上げます。
次回の入荷には、より多くのフレーム本数を確保すべく努力しております。

尚、フレーム交換作業には、1週間程お預かりさせて頂くことをご了承ください。

      ご不便をお掛けして申し訳ございません。


                 橋輪

 ”MASI 俊樹”流学33日目(俊樹、豪邸招かれる)【橋輪Blog】

”MASI 俊樹”流学33日目(俊樹、豪邸招かれる)

重たげな雲が広がっている。

こりゃ今日は雨かな〜

早めに寝るところを見つけねば。



昼前にブリュッセルにたどり着いた。

厚い雲に日差しを遮られ、街はどんよりと薄暗い。

密集した古いビルや、なんとなく陰気な人々。

なにより顔に生々しい傷を残して道端に寝ているホームレス風の男を見た時は怖かった。



この街はやべぇ、一刻も早く出なきゃ。

ペダルを踏む足にも力が入った。



川沿いの道を走り、見つけた噴水で顔を頭を洗う。
ベンチに腰かけてパンと缶詰を食う。

郊外に出たおかげか、怖そうな人もビルもなくなり、恐怖心も消えた。


ぼんやりと飯を食っていると一人のおっさんが近寄ってきた。

またゲイ野郎だったらどうしよう。


警戒しながら話す。

ちょっと君の写真をとらせてくれないか?


うっわこえぇ!

けれども何枚か写真を撮らせてあげて、ついでに道を訊いてみた。(ちなみにやたらこだわりがあるらしく遠くを見ろだの顎を引けだのうるさかった(笑)

すると、彼は「スーパーに行かねばならんのだがまあいいか」と道案内してくれることに。


「ちょっと家によっていいかい?」
と彼は道を変える。


(えっ!?家に連れ込まれて犯されるのかオレ!?)

と内心ドキドキだったのだが、開かれたドアから奥さん登場で安心した。



まあまあ入りたまえと庭に案内される。

広い庭にはプールがあり、なかなかの豪邸。
33−1
こいつ何者なんだ!?



プールわきのシャワーを浴びさせてもらい、洗濯物はある?とかなにか食べていく?とかものすごくよくしてくれる。

すこしすると娘さんが子供を連れて登場し、もうひと家族も来てみんなで昼食タイムが始まった。

食卓に並んだ中華料理を馬のように食う。

娘さんがまだ小さい子供にもやしのことを中華のパスタよと説明しているシーンは笑いをこらえるのが大変だった。

文化の差にしてもおもしろすぎる!



食事を終えて孫たちがプールで遊んでいるのをみんなで眺めていると、奥さんが何やら熱心に語りかけてくる。

「明日はベルギーにとってとってもスペシャルな日なのよ。本当に特別な日なの。」

ベルギーでは公用語がフランス語とフレマン語(オランダ語?)なので英語は流暢ではないのだが、奥さんはゆっくりと熱心に話してくれる。


「明日王様が変わるのよ!だからできることならここに泊まって明日ブリュッセルのパレードに行きましょう!」
33−2

なんたる奇跡!風呂と飯だけじゃなくて、宿泊まで!しかも王様が変わるだと!?

なんの情報もなくしかもいつ入国したかもわからないで訪問したのにすげぇ!

しかも、王様が亡くなっていないのに交代するのははじめてのことだとか。



「おお!ミラクルっす!ぜひそうさせてもらいます!」

嬉々として部屋に案内され、夜飯までひたすらブログを書いた。


いい匂いがしてきたので、庭に出ていき、ご飯を頂く。

ビールにワインもいただいて気分は最高。


食事を終え、娘たちが帰っていく。


日が暮れた後、旦那さんの運転で街に出ることに。

完全なる飲酒運転の上にアクセルの踏み込みが強すぎる彼の運転にはかつてないスリルを味わった。


車を止めて街のバーでさらにビールをもう一杯。
ベルギーでは未成年者に酒を売る輩が多いらしくけっこう問題になってる等々教えてもらえた。

そんなことより飲酒運転はいいんすか・・・|д゜)


帰りもなかなかのスリルを味わいながら帰宅。



ベッドにたどり着くとすぐに眠ってしまった。

思いがけず幸福な夜になり、朝までぐっすりと眠った。

(33日目 走行距離50kmくらい)

 ”MASI 俊樹”流学32日目(俊樹カナダ人の同士と出会う)【橋輪Blog】

MASI 俊樹”流学32日目(俊樹カナダ人の同士と出会う)


ビールのおかげで熟睡できた。が、腰が非常にだるい。

       すべり台で寝たからか?

コンタクトがぱっさぱっさになって目が怠い。

サイコンもつかないので、距離もスピードもわからない。

ひらきなおってちんたら走る。



途中の村で、フランス最後の思い出にとパン屋兼ケーキ屋さんに立ち寄ってみた。

おばさんにラズベリー満載のタルトを指さして注文すると、後ろにいたじいさんが「おいおいそりゃあ女の子の食いもんだべ〜」

的なことを言われる(フランス語なのであくまで推察ですが(笑)
32−1
店の外で食ってみると、やはりうまい。さすがフランス!



気分も良くなったところで走り出す。

国境はまだかなーと走っていると前方から何かやってくる。

ママチャリに大量の荷物、ひげ面に安全ベスト・・・

ホームレス!?
と思ったら旅人だった!
32−2

手を振ってきたので手を振り返す。

そのまま通り過ぎていくところだったが、お互いに振り返って歩み寄っていく。

空き地に自転車を止めて話し出す。


2人ともいままで長期の自転車の旅人に出会ってなくて、興奮気味だ。

彼、マークはカナダ人で、ドイツから走り出して、フランスのボルドー地方で友人の結婚式に参加するために走っているという。

二年間自転車屋で働いていたらしく、なんか壊れてるとこあったら直してやるぜ!と頼もしい。

ライトのダイナモからUSBの電源も供給できる装置を搭載してやがったうらやましい!!

でも一つ疑問がある。
なんでこのチャリ選んだの?(笑)


大阪におじさんが住んでるらしく、なんどか日本にも来たことがあるらしい。

けれども覚えてる日本語は、

「猫」と「らっしゃーせー(いらっしゃいませ)」
だけで特にらっしゃーせーと言われた時は爆笑してしまった。


ふと彼は、茂みに目をやると、「おっ、ラズベリーじゃん」とつまみ食い。

今までいろんな茂みにラズベリーを見つけてきたが、食えるか確証を得てなかったため食ってなかったがこれでオレも食えるぞ!


マークはさすがカナダ人というべきか、食える野草をたくさん知っていた。
中でも、触るとかぶれるオレの天敵の草を食い始めた時はビビった。

「いいか、この草は普通に触ると痛いだけだが、こーやって揉むと食えるんだぜ。しかも、タンパク質たっぷりなんだ」
そういって彼は靴下を手にはめて葉をちぎり、食い始めた。

これで飢え死にの心配はないぜ!
(けどその雑草は食わないだろうな一生・・・)


なんだかんだ1時間話をして、別れた。
32−3

人と話した後は本当に気分よく走れる。

特に同志と出会えたのはうれしかった。

風呂に入れないのはやっぱり共通の悩みだとわかったし(笑)



彼の話では、ベルギー、オランダ、ドイツは坂もなく非常に走りやすいらしい。

特にオランダは広い自転車専用レーンがあって坂も全くないし自転車天国だぜ!とのことだった。


オランダは行く予定なかったけど、そこまでいうなら行ってみようかなあ。


そこからほどなくして街にたどり着くと、国旗が変わっていることに気が付いた。
32−4
いつのまにか国境をまたいでいたのだ。

国境を越えればまた風景も少し変わる。
畑の作物は一緒だが、畑の作代わりの茂みもなくなった。

なにより道は急に平坦になった。

ブリュッセルまではあと30kmほどだ。

(32日目 走行距離はわかりません(笑)


記事検索
  • ライブドアブログ