2013年06月

スコットランドに到着した俊樹。果して入国できるのか?それとも、とんぼ返りのはめか?【橋輪Blog】

スコットランドに到着した俊樹。果して入国できるのか?


6月21日  6:45

日本を発ってから約14時間後、スタートの地、スコットランド・アバディーン空港に到着した。


入国カードに必要事項を記入し、いざ入国管理官のもとへ。
DCIM1708

IMGP0069
びっくりしたよ俊樹、TOPEAK のダンボール箱とMASI が気圧でこんなに小さくなっちゃたのかと思ったら、山男がデカイんだ

「入国の目的は?」

「観光ッス」

「なにを見んの?」

「いや、チャリでいろいろとね」


「へぇ、ところで今日どこに泊まんの?」


「(やべえ、決まってねえよ・・・)んーと、これから町の中心行って決めるよ」



「は?あんた!”#$%&’()=〜|@??」



ここから先は何を言ってるかわからなかった・・・()


「ちょっとあんたクレジットカードよこしなさい」


そういうと係官はどこかに行ってしまった・・・。



近くのソファーに座り途方に暮れる。オレは入国すらできずに帰るのか・・・20万かえしてくんねえかな・・・。

十分ほど絶望感に苛まれていると、係官が戻ってきた。


「あの荷物全部あんたの?」

IMGP0071

IMGP0070

「そうだけど・・?」


「あれをどうやって街まで運ぶつもり?」


「いや、あの中に鞄とか全部入ってるからさ」


ふぅ、と係官はため息をつくと、

「あんた、今トルコは大変なことになってるの知ってんの?」


I know.but I just want to go there.....



「わかったわ。気を付けていきなさい。」


あきらめたかのようにスタンプを押してくれた。


ひゃっほーう!これでまぬけな帰国はしなくてすむぜ!


そこから自転車の組み立てと22Kgの荷物の積み込みに一時間かけ、空港の外へと出た。


IMGP0072

うそだろ、こんな重いのかよ・・・。


橋輪での撮影用にテントを積んでいった時の比じゃない重量だった。

支えているだけでも腕がぷるぷるする。


走り出すがスピードは出ないし、ヨロヨロふらふらでまともに進めない。

くっ、この程度の重さ、かわいい女の子を載せてると思えば余裕だぜ!

とニヤついた瞬間こけそうになった。


1000905_528299000558825_342168237_n[1]


市の中心部につくと宿探しを始めたが、一向に宿が見つからない上に、見つけたかと思えば満室で、さらに地図も何も持っていないという惨憺たる状況でかなり途方に暮れた。


IMGP0079



バス停にある路線図を頼り、頭上の太陽の軌跡を見て方角を確かめる。
600150_528299257225466_1991183113_n[2]


とにかく南だ。そこにロンドンがある。


街中での宿探しをあきらめ、先に進みながら探すことにする。しかし進めば進むほど、目に映るのは広大な野原だけであった。

IMGP0083


そしてオレは遠い異国の大地に横たわった。まさかの初日から野宿。日はまだ暮れそうにない・・・。(現地時間21時www)


流学1日目

アバディーン空港〜空地 22.43Km


無事スコットランドに入国できた俊樹。危なげスタートながら順調に走り始めたようだ。

だがしかし!2日目にして警察に捕まるはめに!

モデファイドDAHON Visc P20 【橋輪Blog】

モデファイドDAHON Visc P20

DSC_0058
DAHON  Visc P20+Kinetix PRO (レッド)



IMG_2122

STI レバー:Shimano 105                                 21.128円
Vブレーキアーム:RIDEA CSV   ショートV        8.500円
ブルホーン:POWER TOOLS                            3.150円
バーテープ:BIKE RIBBON コルクプラス    1.500円
エンドキャップ:jagwire シングルバイクパック  1.500円



IMG_2339
シートポスト:KORE I-Beam                       9.765円
サドル:KORE ロードパフォーマンス    7.980円



IMG_2338
 ホイール:KINETIX PRO 前後セット    44.100円



IMG_2123
STI を使うため80mmのショートV



IMG_2133
IMG_2134



IMG_2132
ブレーキ / シフトケーブルは機能優先で露出でいきます


それでは完成を

DSC_0054




DSC_0045
DSC_0047




DSC_0046




DSC_0060
DSC_0061
wellgo の着脱式ビンディングペダル。



DSC_0055




DSC_0056




DSC_0057



そしてちゃんと畳める

DSC_0043
DSC_0044




DSC_0064
ド派手な仕上がりのViscに大満足なMさん。

あれ今日、シューズは?

DSC_0065
「はい、これ」DZR という靴だそうです


そして車も派手だった

DSC_0101
Ford FOCUS RS

2.5 ℓターボ  WRCとか出てたやつだ

DSC_0098




DSC_0099




DSC_0097
Visc は楽勝に収まる



DSC_0102

日本には入って来てない車らしい  スゲーや!



MASI 俊樹の、いい日、旅立ち 【橋輪Blog】

       MASI 俊樹の、いい日、旅立ち

橋輪にて6月17日の夜、規定寸法内にした自転車と、バックなどを詰め込むパッキンの用意が済んだところに、俊樹のお父さんが車で迎えに来てくれた。明日の早朝は、両親が成田まで送ってくれる。自転車とパッキンをステーションワゴンに積み込んだ俊樹は、ぼくらと固い握手を交わした。俊樹は、走り出す車から身を乗り出し、大きく手を振った。   5か月間の別れ。
そして翌日、出発ゲートで記されたメールが届いた。

image[9]

6月18日、

ついにこの日が訪れた。

5か月間のフリーター生活を終え、とにかく準備に走り回っていた。

クレジットカードを作り、航空券を購入し、観光ビザの有効期間を調べ、目的地との距離を割り出して旅程を考える。

夜は毎日誰かと送別会と称し飲み明かし、とにかく気を抜かないように、余計なことに心を支配されないように常に動き続けた。

さもなければ不安とプレッシャーに押しつぶされてしまう。





そして、出発当日、荷物の最終確認とパッキングに手間取り一睡もせずに空港へと向かった。

出発の5日前まで載せてもらえるかもわからなかった自転車が空港の係員の手に渡ったあと、「ああ、これでついに旅立てるんだ・・・」と思った直後からなんだか涙腺に異常をきたし始めた。

オレは自慢じゃないがどんな時でも泣かない男だった。

彼女に振られた時も、軽音部を引退した時も、誰かが亡くなった時も。

それはもう名曲「飾りじゃないのよ涙は」の曲中の女性ばりに泣いたことがなかった。

それなのにおかしい。なんでこんなに視界が歪むのだろう。




両替や保険加入等を済ませると、オレはゲートへと向かうべく両親に別れを告げ歩いて行こうとした。

その時、堰を切ったかのように涙があふれた。

それを止める術はないようだった。

ケータイには次々と励ましと旅の無事を祈るメッセージが届き、ひとつ開くたびにTシャツが鼻水まみれになった。

 6月18日午前10時、旅が始まった。


成田タワーより 「オールニッポン シックス ジロ ジロ ワン  クリアー ツー テイクオフ」 そしてラジオは、成田デパーチャにハンドオフされた




全日空6001便は、成田 R / W 16L から飛び立ち14時間かけて無事、スタート地のスコットランド・アバディーン空港までMASI と俊樹を運んでくれた

   だが、なんと!入国を拒否される事態に!

            次につづく



 

24インチ スーパーライトスポーツ tern Eclipse X20 登場 【橋輪Blog】

         tern  Eclipse  X20  登場

DSC_0067
           Eclipse  X20 


DSC_0089
    2013 tern   Eclipse  X20          207.900円    
        橋輪プライス       187.100円   
                          カラー:ブラック / マットブラック
            20 Speed       10.7kg
                           

2012 でフォールディングバイクに24インチという新ジャンルを吹き込んだ tern 。  2013では、スーパーライトスポーツモデルとアルチメイトラグジュアリーの2バージョンを加えて展開。
そのスーパーライトスポーツモデル
Eclipse  X20 が本日入荷しました。       

イクリプスP9 の13.0kg から削ぎ落とす事2.3 kg という信じがたい軽量化を成し遂げ、24 in フォールディングバイクでは驚異の
10.7kg を達成しています。


DSC_0070
       24”Kinetix  pro ホイール
一番に軽量化に貢献しているのが、新たに24インチでプロダクトされたキネプロ24インチホイールだ。大径化したことによりオーバーロックナット寸法を広げホイール剛性を増している。
タイヤはSCWALBE KOJAK 24×1.35



DSC_0072
       しかもエアロブレードスポーク採用だ



DSC_0069
フロントディレーラーはSRAM  Force でチェーンリング50-34Tをシフトする。モデルの設定からしてペダルはN/Aぽいが、MKS Ezy のクイックレリースが付属。



DSC_0074
   FSA のクランクは、BB386 で確実に支持



DSC_0080
リヤディレーラーはカーボンケージ採用の
                  SRAM Force 10 Speed


DSC_0082
P9 から比べると前に倒れたステムが戦闘態勢を掻き立てる。
シフターは、SRAM  SL700 フラットバートリガーシフター。



DSC_0077
 センタースタンド取り付けのためのブラケットも用意



DSC_0081
  
         Folding Size          D42 x W89 x H76 cm


グロスとマットのツートーンとしたその名も”忍者ブラック”

DSC_0068




DSC_0084




DSC_0083




DSC_0087




DSC_0088

”Eclipse  X20” 底知れぬパフォーマンスを秘めている   

キッズランニングバイク STRIDER マイナーチェンジ 【橋輪Blog】

 キッズランニングバイク STRIDER マイナーチェンジ

IMG_2353

ストライダーがマイナーチェンジです。NEW モデルはST-J4


IMG_2352
シートクランプにクイックレバーを採用。シートポストもメッキからブラックに。



IMG_2355
        ハンドルクランプも新方式に



IMG_2354
ホイールベアリングが、カップアンドコーンからシールドベアリングとなり耐久性が格段にアップ。



IMG_2356
  キッズランニングバイク STRIDER     9.800円

         新型ST-J4 全色揃ってます
記事検索
  • ライブドアブログ