2013年05月

試乗車放出 FUJI VENOM 【橋輪Blog】

         試乗車放出 FUJI VENOM 

DSC_0011

FUJI VENOM が全て完売したため試乗車を放出いたします
みんなでトリックごっこ散々やったのでフレームの傷は結構多いです
 


DSC_0015
タイヤはSCHWALBE  BIG APPLE 28×2.00 を付けてます



DSC_0014
ブレーキレバーはDIA-COMPE の77Wで前後同時に引けるようにしています



DSC_0016




DSC_0017

ビックアップル付FUJI VENOM 
             現金特価39.000円でお願いします

試乗車放出 DAHON DASH P18 【橋輪Blog】

     試乗車放出 DAHON DASH P18

DSC_0005

2012モデルのDAHON DASH P18 が全て完売したため試乗車を放出いたします。フレームの傷は100%無いに近い美車です。
 

DSC_0002
   2012 DAHON  DASH  P18  アクアマリン



DSC_0003
                         フレームサイズはM



DSC_0006
        カセットスプロケも綺麗です



DSC_0004
    しいて言うならシートポストのスライド傷か



DSC_0007
       走行少なくタイヤのヒゲも残ってます

       現金特価  70.800円 でお願いします

SCHWALBE MARATHON 650×35A 【橋輪Blog】

SCHWALBE  MARATHON  650×35A 

DSC_0109
SCHWALBE MARATHON 650×35A(26×1 3/8) 3.360円



DSC_0110
溝深めのセミブロックパターンは耐パンクプロテクション入り



DSC_0112
37-590 26×1 3/8 650×35A  表記は違うがどれも同じサイズ。
タイヤはややこしい。



DSC_0114
26インチのハブダイナモホイールに装着



DSC_0111

Vector T 氏のママチャリでした

トップとローの調整は念入りに 【橋輪Blog】

        トップとローの調整は念入りに 

IMG_2304
 80年代、伝説のビンテージディレーラー「ワルブロ」



雨降る月曜日の夜、機体整備に余念がない。6年ぶりに再開したラジコン飛行機。いよいよ明日は、大きいヤツを飛ばす。明日は晴れるぞと意気込んだが?

IMG_1309




IMG_1313
         翌日火曜日の飛行場

一番奥の赤白がぼくのEXTRA エンジンはFPEの55cc でキャブレターは「ワルブロ」。
隣りの一回り大きい白い機体は先生のULTIMATE、ZDZ 80cc のキャブ「ビング」。ぼくがエクストラ持っていくと言ったら先生も6年前にお蔵入りさせたアルチメイトを引っ張り出してきた。先生は付き合いが良い?

ところがこの2機、筋肉痛になる程プロペラフィリップ(この辺はスターターが使えないので手掛けなんです)しても”うんでもすーでも”ない。無理やりガズをぶち込んだ分だけ”バーン”と回って後はガスが追い付かないという2機とも同じ症状だ。



IMG_2302
  帰ってキャブレターを分解。やはり詰まっていた。

先生は勿論、ぼくもキャリヤは短い方ではない。普通の原付バイクのキャブレターと違いフロートチャンバー(常に一定の料のガソリンが溜まっている)を持たないこの手のキャブ(レーシングカートなどに使われる)は、何年経っても大丈夫と思い込んでいたのがいけなかった。皆さん整備は抜かりなく、しっかり行いましょう。



IMG_2303

           あら、HI と LO
    ディレーラーじゃなくてキャブレターだった!

本日も、もう一丁カーボンディスク 【橋輪Blog】

      本日も、もう一丁カーボンディスク 

DSC_0115
PZ  RACING  CR7.1  ディスクホイールリヤ 168.000円
             チューブラー


DSC_0116
      昨日紹介したTOKEN  DT50

よく見るとPZと全く一緒ですね。反対側が固定になってるてだけで2万円違うんだ



DSC_0042
  しかし、これがもう一回変身するんだなーこれが


              がこれ

DSC_0122




DSC_0120
ディスクに共鳴する走行音がたまらない。なかなか味わうことが出来ない代物です。



DSC_0121

    ”オッサン”最後はTTバーに行くのかなー?



※ tern から重要なお知らせ⇒http://www.ternbicycles.com/jp/

この度ターン日本総販売代理店サイクルクリエーションより、「2012年度に製造されました一部のモデルにフレーム溶接不具合の可能性があることが判明し、回収ならびにフレーム交換を実施する旨の連絡を受けましたので、取り急ぎお知らせ申し上げます。ウェブサイトではフレームナンバーとシリアルナンバーの確認と有りますが、この時期に当店で販売した車両は、フレームナンバーのみで該当車両を特定出来ております。該当されたお客様には、本日書面をお送りさせて頂きました。ご確認くださいますようお願い申し上げます。





記事検索
Archives
  • ライブドアブログ