2011年12月

tern VERGE(ヴァージュ) X30h

               tern   VERGE(ヴァージュ)  X30h


DSC_3058





DSC_3057
    tern   VERGE  X30h           199.500円     
     橋輪プライス       179.500円  
          30 Speed       10.3kg
         (ペダルは附属しません)




DSC_3059



グレーとメタリックイエローという斬新なカラーリングが目に飛び込んでくる。ヴァージュシリーズの中で”これぞ”とばかり自己主張を放つX30h。

    
それでは、最速スプリンターをご紹介しよう




DSC_3126
 X30hの戦闘的なフォルムを醸し出すブルホ−ンバー
    STIレバーはShimano Tiagra 10 speed

DSC_3127
ステムの角度が前傾だったDAHON Speed Pro TTから比べると、手前に倒れているX30hは、小旋回時の違和感が少ない上、上体もリラックスできる。


DSC_3065
キャリパータイプとなったブレーキはSTIとの相性もいい


DSC_3062
Kinetix Proのイエローバージョンがカラーリングを引き立てる



       そしてX30hの秘密兵器"30段変速”

DSC_3061
SHIMANO  Ultegra 外装10段+SRAM DualDrive 内装3段。

DSC_3066
内装変速比は0.72/1.00/1.36でチェーンリングに換算すると39・53・72Tの超ワイドレシオ。
レフトサイドのスポークは、ラジアル組みとなっている。




DSC_3060
        FSAのクランクにチェーンリングは、53T

DSC_3067
Vector X27hでは、アメリカンクラッシックのISIS BBだったがX30h・X10共にX20同様のFSAメガエクソに。


DSC_3014
クランクは、ツーピースの中空シャフト構造となっている


DSC_3008
          BBを見てみると

DSC_3013
X30hは、BBシムを右に寄せチェーンラインを出してるようだ




DSC_3068
 Kore Road Perfomance のNEWデザインサドル




   ヴァージュシリーズに附属する嬉しい”おまけ”

DSC_3113
サドルレールにワンタッチで取り付けできるリフレクター

DSC_3114
     グレーのボタンでLEDが点滅・点灯



     X30hは、フォールディングに注意!

DSC_3069
        まずシートポストを下げ


  他のモデルのようにZの字に畳んではいけない

DSC_3070
ハンドルを180度半時計方向に向けます(フロントブレーキケーブルが向こう側に回っているのが解る)

DSC_3074
Zの字に畳んでしまうとハンドルが時計回りになり、ブレーキキャリパーとフレームが干渉し、キャリパーが破損、フレームがキズになりますので注意してください。

DSC_3071
         後はそのまま畳んで

DSC_3072
          ステムを倒します

DSC_3073
       Folding Sizu W79×H72×D42cm




DSC_3076

DSC_3077

           橋輪”一押し”の tern   VERGE  X30h   
        

DSC_3128

     早速、試乗車をご用意いたしました

             X30hの世界をご堪能下さい

  そして、あなたは気付くでしょう

ロードバイクをも凌ぐフォールディングバイクが存在することに



    (試乗には、身分証の提示を頂いております)

tern VERGE(ヴァージュ) S11i

                tern   VERGE(ヴァージュ) S11i

DSC_3043






DSC_3044
     tern   VERGE  S11i        207.900円    
      橋輪プライス      187.100円   
          11 Speed       12.3kg
          カラー:ブラック・ミラー


アダルト層を狙ったゴージャスなフォルムは、ポリッシュにブラックペイントという手法により、高級感に満ちたフィニッシュを感じ取れることでしょう。



DSC_3053
       Shimano  Alfine 11Speed
新登場のアルフィーネ11速は、なんと従来の8速よりも軽量。
スムーズなシフト感覚とスーパーワイドなギヤレシオが楽しめます。



        そして素敵なギミックが

DSC_3052
                   Andros, 3Djust technology
アンドロスステムでセフティーロック(上の黒いスライドボタン)を解除し、ステム全体を上から覆うレバーを持ち上げると・・・・・・。



DSC_3047

DSC_3048
DSC_3049
DSC_3050
ワンアクションで好みのライディングポジションが取れる優れもので、折畳時も工具を必要としない。



DSC_3045
グリップにも拘りを見せるS11iは、Ergon GP1 バイオコルクグリップを採用。
天然コルク材を使ったボディーに、植物性の衝撃吸収材ジェル。




DSC_3056
 KoreVERGE  S11i の為にプロデュースしたサドル



      

DSC_3055
    マットガード / キックスタンド標準装備
マッドガードとフレームカラーがマッチしていて違和感がない。





DSC_3040

DSC_3041

  大人のラグジュアリィースポーツ VERGE  S11i 
            

          国内限定 100台

         
 こちらもチェック
            
  
      見れば見るほど好きになる S11i
                

       乗れば乗るほど好きになる S11i

         オイル交換 S11i







tern VERGE(ヴァージュ) X10

         tern   VERGE(ヴァージュ)  X10 

DSC_3031







DSC_3054
    tern   VERGE  X10         178.500円     
     橋輪プライス      160.600円  
         10 Speed       9.7kg

ヴァージュシリーズのフロントシングルバージョンです。
シンプルなチェーンリング回りがハイドロフォーミング製法でビルドされた美しいフレームを引き立てます。
55Tのチェーンリングに、マウンテンバイク並みの11-36T超ワイドカセット。
ケイデンスを気にしないならばフロントシングルでも全然いけちゃいます。



DSC_3059
FSAの中空ツーピースクランクに55Tのチェーンリングをオレンジアルマイトのチェーンリングボルトでフィット。
ペダルは、MKS  Ezy (着脱式) のブラックが付属。



DSC_3030
フロントディレーラー台座付きなので将来的にフロントダブルにするも有り。


DSC_3065
クランクもチェーンリングボルトをダブル用に変えるだけでインナーギヤが付きそうだ。




DSC_3066
     リヤディレーラー:SRAM  X9 (ホワイト)
                   カセット:SRAM 11-36T


DSC_3061
       シフター:SRAM  X7  10 SPEED


DSC_3062
ternのヘットバッチを外すとラゲッチトラス装着用のネジ山が



DSC_3055
 Kore Road Perfomance のNEWデザインサドル




DSC_3063
   フロントVブレーキもX20同様の理由で後ろに



DSC_3067
    ちょっとオチャメなチェーンステーのロゴ



DSC_3077
tern 全てのモデル(Joe D24除く)に採用されるOCLジョイントは、最高水準の固定力と耐久性を追求したもの。



DSC_3064
オートロック機構付きでセーフティーながら構造もシンプルだ




          フォールディング

DSC_3068
        まずシートポストを下げ


DSC_3069
     次にフレームクランプを外します。

このときDAHONの様に真っ二つに折るのではなく上から見てZの字になるように畳みます。


DSC_3070
こうしてフォークを逆さに畳むことによりDAHON Muに比べて40mmコンパクトになります


DSC_3076
      Folding Sizu W79×H72×D38cm


      次は、S11i と X30 を紹介する

tern のフラックシップモデル VERGE X20

      tern   VERGE(ヴァージュ)  X20 
        

DSC_3123





DSC_3079
     tern   VERGE  X20         315.000円   
       橋輪プライス     283.500円    
          20 Speed       9.3kg



DAHONの創立者Dr.Hon(デービット・ホン)の実の息子であるJosha Hon(ジョシア・ホン)DAHONのDNAを受け継いで、新た立ち上げたNEWブランド   tern
ラインナップ中ハイエンドモデル、ヴァージュシリーズのフラックシップに君臨するのがVERGE  X20 である。        



DSC_3016
このモデルの最大のパフォーマンスは、世界最軽量を誇るコンポーネント、SRAM REDの搭載だ。(2012バージョンのブラック仕様)



DSC_3090
 クロモリの塊よりCNCで削りだされた一体物のカセットは、11-28T




DSC_3017
中身は空っぽのためアルミの蓋(赤い部分)がされている
ハブは、AMERICAN CLASSIC




DSC_3082
     クランク:FSA SL-K carbon  55/44T
            フロントディレーラー:SRAM RED
SRAMはRED以外のチェーンリングとの組み合わせの場合スチールケージ仕様のフロントディレーラーを推奨しているが、フラッグシップにはチタンケージ(摩耗が速い)を使いたかったのだろう。(シフティング時にはペタリングの力を抜いて労わってあげてください)




DSC_3025
          FSAメガエクソのBB
SL-Kカーボンクランクは、セルフリテーニング。本来はトリプル仕様であることが解る。






DSC_3018
DSC_3020
     SRAM DoubleTap フラットバートリガー
1本のレバーでシフトアップもダウンもできる優れもの(操作には若干の慣れが必要)




DSC_3021
フレームのOCLジョイントと同様のクランプ機構を採用したステムは、更なる剛性アップに成功したVROシステム



DSC_3084
Kinetix PRO の超軽量ホイールは、なし地にアルマイトレッドでマットな感じになりました。



DSC_3085
        後ろ側に付いたVブレーキ
以前9月の展示会の記事で「ブレーキワイヤーの取り回しを良くする為にフォークの後ろ側に付いたVブレーキ。本当の意味はフロントのブレーキ鳴きの対処ではないか?」と書いたが、これは予想通りの大正解でトーイン付けようが、トーアウトにしようが、どんな事をしても泣きやまなかったVectorシリーズと比べて(ブレーキシュー・アームは同じもの)全く泣かない。



DSC_3080
  Kore Road Perfomance のNEWデザインサドル




DSC_3081
 微妙な角度調整ができる機構をもったシートポスト


 


DSC_3023
 シートポストクランプもDAHONとは違うものが付く




        さてヴァージュを畳んでみよう


DSC_3091
          まずシートポストを下げ

DSC_3092
       次にフレームクランプを外します。

このときDAHONの様に真っ二つに折るのではなく上から見てZの字になるように畳みます。

DSC_3093
こうしてフォークを逆さに畳むことによりDAHON Muに比べて40mmコンパクトになります

DSC_3094
          VROステムを倒して

DSC_3096
      フレームの下にあるベルトで

DSC_3095
             クランプ
      Folding Sizu W79×H72×D38cm



              tern フラックシップ VERGE  X20 

            限定50台

tern の VERGE シリーズが入荷

        ternの第一便が入荷です

DSC_2994

DSC_2996

DSC_2999

        年内の入荷はとりあえず12台

    tern   VERGE  X20           2台
    tern   VERGE  X30h            4台
    tern   VERGE  X10           3台
    tern   VERGE  S11i          3台


 明日は、tern   VERGE  X20  からご紹介していこう



DSC_3099

  一気に華やいだ店内、壁際の4台で900.900円

記事検索
  • ライブドアブログ