2011年09月

スクープ! FUJI TOMATO Ver.2


         今度のトマトは、”白”だ

tom







 FUJI x TOMATO Low Pro Ver.2 “Black & White”
          price : ¥99750
  size : (seta tube sent. - top) 550mm, 570mm

リリースと共に即完売したFUJI Low Proの第2弾がやって来る。
メインフレームはそのままにヘットチューブをリメイク、アヘッドとなってストレートフォークにブルホーンバーで武装。


        本日より予約受付開始

           限定300台!!!


  画像をお見せしたい所だが、それはまだ・・・・・。

そこでH氏にイメージをグラフィック化してもらったのが上の画像です。
    ↓
彼の愛車(STRATOS  R  )

カスタムギャラリー

                             LEADER   735

DSC_2816
  気合入りすぎで”松崎しげる”ぎみのオーナーSさん

DSC_2817
       BREVホイールにスリッタータ

DSC_2818


DSC_2822


DSC_2821
Sugino RDメッセンジャーに半コマチェーンでシートチューブとタイヤのクリアランスをギリギリまで攻める。

DSC_2822


DSC_2819


DSC_2820

本日、どこぞの芸能人がノーブレーキピストで捕まりましたが、しっかり付けてます。

       しかも高価で超カッケェーの!

シクロレポート GP mistral

皆さんこんばんは。

サポートライダー藤井です。

先日はシクロクロスの大会に初参加してきました!

今回は埼玉県の吉見総合運動公園というところで開催された、GP mistralというシクロクロスの大会です。

シクロクロスというと、砂浜やドロドロの悪路をロードレーサーのような自転車で走る、というなんとも粋な?競技というイメージがありますよね?

なんでわざわざロードレーサーのような自転車で悪路を走るんだ?という素朴な疑問を抱きつつ、大学の友人のGクンのお誘いで参加することになったのですが・・・

普段からピスト(固定)で悪路を走る・・・ということは割と頻繁にやってたこともあり、FUJI VENOMはどこまでできるんじゃい?というある種の挑戦(冷やかしではないですよ!)も兼ねてエントリーすることにしたのですが・・・。

結果から申し上げますと、自分が走ったカテゴリー3というクラスではビリ、でした。(完走者31人中31位)
しかも、最終的には周回遅れという、なんとも無様な結果でした・・・。

しかも。

みなさんレーパン、レージャーの中、自分はGパンにTシャツ、ハーフキャップヘルメットというスタイル・・・。

それはさておき、とりあえずは写真を。

DSC01779
会場の吉見総合運動公園

DSC01773
コースは台風の影響で基本ドロドロ

DSC01775
ここまでくると、もはや「水たまり」ではなく「沼」でした。

DSC01821
細かい車両のレギュレーションなどない草大会かと思いきや、自分の走ったクラス(初心者向けと聞いていた・泣)でもバリバリの実力ライダーたちが集う大会、GP mistral。

DSC01572
トップクラスのカテゴリー1のライダー達のスタート前。全日本の選手やメーカーのライダーも来ていた。

DSC01638
カメラの前を通過するとき、ライダーの息遣いが聞こえます。

aaaa
さ、これはスタート前の元気な自分。この後、すぐに悲惨な顔に。

DSC01674
障害物(シケイン)のバニーホップ三連です。ここだけが自分の守備範囲。コーナーやシケインをいくら早く通過しても、ストレートで速攻抜かれます。(これはかなり心が折れた)

DSC01664

DSC01681
常にこんな形相で走ってたようです。ステムが短く、ハンドル位置の高いストリ ート仕様のハンドル周りのせいで、まったくトラクションがかけられない、ギヤが重たい⇒腰痛という最悪の走り。

DSC01714
こちらは友人のGクン。彼はなかなか速かった!
そんな彼のバイクはMASI SPECIALE CX。

DSC01807

DSC01851
たった30分間であっという間にドロドロになれます。しかし、シクロクロスって競技はヒルクライムより心拍数が上がると言われていますが、たぶん本当です。笑 胸が痛くて倒れるかと思いましたよ。。。

DSC01691

今回参加してみて、色々打ちのめされたり、恥ずかしい思いをしたり(自業自得だが)しましたが、シクロクロスはやらなくとも一見の価値アリの競技ですよ! トップライダーは人間離れしてますもん。

あと、二十歳超えてドロドロになる機会なんて田植えくらいしかないでしょ?

なかなかいいもんですよ、泥の中に突っ込んで顔に泥が飛び散る感覚ってのは・・・。笑

今回は観客の方々には「Gパンコール」をしていただき、本当に嬉しかったです。。。笑

「がんばれGパン!」のおかげで何とか完走できました。涙


この大会は年間5戦あるので、残りの大会にもエントリーしたいと思っています。

すっかりハマってしまいそうな予感。

次回からはたくさん練習していきますよ♪


みなさんも大人の泥んこ遊び、一緒に如何でしょう???笑

そういえば、FETHERのシクロモデルも気になりますね???

以上、大会レポートでした。


 2012 FUJI FEATHER ALL BLACK


新製品入荷情報が続いたので、ここらで一発カスタムギャラリー



DSC_1671

2011の FEATHER  ブラックでは、みんな各パーツをブラックアウトすることに夢中になったが、2012は全てのパーツがオールブラック。

となればどーすっかって・・・・・・・。

        色付けてくしかないっしょ!



DSC_2840
      FORMULAのトラックハブにH-PLUS EERO





DSC_2839

DSC_2843
          ブレーキレバーDIA COMPE  MX-122



DSC_2841
      MICHE  SUPER TYPE シートピラー




DSC_2837
      センス良くまとめたのは、I さん


   このパターン、なかなかよろしいんじゃないですか


FUJI 2012モデル入荷しました 3

                   29er


DSC_1696




DSC_1690
              FUJI   JAZZ            71.400円
          橋輪プライス    64.200円
       フレームサイズ:15” 17” 19”


DSC_1692
         アルゼンチンブルー 

DSC_1693






DSC_1694
              ブラック


DSC_1698
    ショートブロックステムは、31.8mmクランプ


DSC_1695
  スゥードタッチなサドルは、形、質感、ともに良し



DSC_1724
中空クランクで、チェーンリングには分厚いパシュガードが付く。



DSC_1727
シングルフリーオンリーだが、ディレーラーハンガー付きなので多段化することもできる。



DSC_1730
         インテグラルBB採用


          きみなら”どう遊ぶ”



記事検索
  • ライブドアブログ