初のエンジン水上機 Muscle Coupe(その15)

IMG_8650

今日は、ちょっと忙しかったので社長室から。重量物は全て積み込んだ。最後は、バランスウエイトにもなるバッテリーだけ。

IMG_8833
イグニッション用バッテリーは、リフェの1100mAh を選択。



IMG_8834
こちらは、重心位置に設置するので目方はノーカウント。



IMG_8835
こちら受信機用で同じくリフェの1800mAh。



IMG_8836
重量を測ってみると101.5g。



IMG_8652
重心を測るとここまで来た。



IMG_8652
こんな尻尾にバッテリーなんか積んだことが無い。



IMG_8651
でも3気筒エンジンのお陰で超ノーズヘビーなので仕方がない。



IMG_8709
ここにバッテリー搭載の用のハッチを作る。



IMG_8710
このオールドタイマーに改造した機体で使わなかったハッチが一つ。



IMG_8711
こいつを使わせて頂こう。



IMG_8712
フィルムの色もピッタリ。



IMG_8713
裏は、こうなっていて、



IMG_8714
IMG_8715
スプリングでピンが出てくる仕掛け。



IMG_8716
IMG_8717
IMG_8718
IMG_8719
IMG_8720
IMG_8721
見当をつけフィルムをハンダ小手でカット。



IMG_8722
IMG_8723
IMG_8724
ハッチに合わせて微調整。



IMG_8725
トラス材は外してしまいます。後にバッテリーマウントを製作するので強度的な問題は無し。



IMG_8726
マスキングテープを貼ってある場所はフィルムしかありませんからピンが刺さるようにスパーを取り付けます。



IMG_8727
位置を確認して、



IMG_8734
こんな形に。



IMG_8735
IMG_8736
これを内側に接着。



IMG_8738
フィルムをアイロンで密着させます。



IMG_8739
奇麗に仕上がりました。



IMG_8740
ハッチを締めてピンを押し込み接着したスパーに痕を付けます。



IMG_8741
3mm のキリで穴開け。



IMG_8742
アルミパイプを接着。



IMG_8746
これで開閉システムが出来ました。



IMG_8750
IMG_8751
はみ出した部分をカット。



IMG_8752
断面は、同色のフィルムで養生しておきました。



IMG_8753

これでバッテリー搭載用のハッチが完成!

明日も忙しいかも?