DAHON K3 PLUS(その4)

IMG_8528
DAHON K3 PLUS

納期未定の Shimano 新型 DURA ACE R9200 シリーズの受注開始から9か月後、やっと納品されたリヤディレーラー RD-R9250 Di2 12S。DAHON K3 PLUS(その3)を書いたのが、2021年の10月2日。かれこれ10か月以上が過ぎてしまった。もう何をしようとしてたかも忘れる歳月だ。こうゆう時 Blog は便利だ、(その3)までを振り返ってみた。

DAHON K3 PLUS
DAHON K3 PLUS(その2)
DAHON K3 PLUS(その3)

IMG_8448
チェーン:CN-M9100 12s  7.155円(税別)
充電ケーブル:EW-EC300    5.239円(税別)
割と早めに入荷したのがこの2点。チェーンと受電ケーブルだけ来てもね。

-
IMG_8449
ビルトインバッテリー:BT-DN300    20.200円(税別)
カセットスプロケ:CS-R9200-12 11-30T   35.700円(税別)
次に来たのがこの2点。


IMG_8454
予想は、大当たりで11速時代の SM-BTR2 と全く同寸法だった。



IMG_8455
大きな違いは、3ポートになっていること。どんだけエレクトリックワイヤーが細くなったんだろう。


SM-BTC1_500
ここで第一の問題発生!バッテリーホルダー:SM-BTC1 に内蔵し、ボトルケージ台座に装着しようと考えていたが、シマノで何と欠品中!。


IMG_8450
初めて手に取る12s カセットの重量を測ってみると224.5g。11速の CS-R9100 11s 11-30T が211g だから1枚増えても目方は立派。



IMG_8451
これが12速のギヤ構成。



IMG_8452
左は、9000 DURA。


IMG_8453
ここまで軽量化されている。



IMG_8457
リヤディレーラー:RD-R9250 D   80.640円(税別)
こちらが9か月待ったリヤディレーラー。


IMG_8458
重量は、217.0g。こちらは、RD-R9150 Di2 より20g 重くなっている。



IMG_8456

今回は、ブルホーンバーで行く予定なので、STI は、使わず TT レバーでシフトすることとなる。STI を使わないってことは、リヤディレーラー、シフター間の無線通信が出来ないのでシフターからバッテリーまで1本のエレクトリックワイヤーで繋がなければならない。でもバッテリーが3ポートになったお陰でジャンクションの類が要らなくなる。良し役者は揃った。早速シフターを注文だ!だがしかし、ここでまた第二弾のとても重大な問題が発生するのです。

明日につづく、