”オッサン”のダブルパイロン(その8)

IMG_7966

気合の磨きでビカビカになったステンレスフレームを組んでいきます。

IMG_7973
先ずは、リヤアームの組付けから。



IMG_7974
ピポット内にグリスを充填してスピンドルと O リングをセット。スピンドルの中の黒いの何かな?



IMG_7975
英式バルブのキャップでした。



IMG_7976
スピンドルを差し込む際パイプ内にグリスが入らないようにです。



IMG_7977
左フランジに0.4mm のシム。



IMG_7978
右は、0.9mm。



IMG_7979
5枚の精密シムがずれぬよう組付けるにはちとコツが要る。



IMG_7980
シムがぬるっとはみ出してないか見て、



IMG_7981
ピポットボルトを本締め。



IMG_7982
全くガタなし。



IMG_7983
IMG_7984
もう一度ピポットボルトを少し緩めます。英式バルブキャップのお陰でネジ山には一切グリス付いていません。


IMG_7985
ここで中強度のロックタイトを雌ねじに塗布。



IMG_7986
完璧です。



IMG_7988
リヤスイングアームの組付け完了。


左フランジに入れた0.4mm シムの内側が、長さの足りないスピンドル長を補正。その外側と右に入れた0.9mm シムが、ブラスブッシュが圧入されたスピンドルハウジングの長さと左右フランジ間のクリアランスを調整し、スラストベアリングの仕事も兼ねる。O リングは、線径の太いオリジナルのものがスラストのガタをごまかしていた(ガタに関しては、実際には何の助けにもならない)のと違いオイルシールだけの役割をしている。元は、こんなシム1枚も入ってないですからね。

明日につづく、