OX PECO の SRAM i-3 変速不良(その7)

IMG_7678

発注した SRAM i-3 内装ハブアッセンブリー3個は、到着まで少し日にちが掛かった。どうやら3個とも一度ばらして給油&グリスアップをしてから発送してくれたようだ。新品のハブは、グリスが殆ど塗布されてないようだ。 

IMG_7693
非常に丁寧な梱包。



IMG_7694
SRAM i-3 内装3段ハブアッセンブリー 12.000円(税別)
(その3)で税込定価12.000円と記したが、重量のせいか思いの他送料が嵩んだので、申し訳ありませんが12.000円の税別とさせて頂きました。

IMG_7695
これ絶対 SRAM 社の字じゃないよな。



IMG_7758
シフトケーブも参考資料として入ってました。



IMG_7759
IMG_7760
やはり先端ネジになっていた。



IMG_7707
新品で作動を確認してみる。スプロケット取り付け部に黄色丸のマーキングをした。



IMG_7709
ハブシェルにもマーキングしスプロケットとの回転差を見る。先ずは、,ら。ここからスプロケット取り付け部を1回転させると、


IMG_7710
ハブシェルは、90°遅れる。



IMG_7709
➁では、1:1 だ。



IMG_7712
では、90°進む。推測は間違っていなかったようだ。



IMG_7711
グリスの粘性やらで供回りするのか、指でフランジを触ってホイールの抵抗を掛けてやらねば正確な遅角進角の値は見れないことも付け加えておこう。



完全なハブを回しながら(その6)で述べた回転速度が異なる4か所のワンウエイクラッチがハブシェル内で喧嘩しないかって疑問を解く良い考えが浮かんだ。

明日につづく、


【DAHON 入荷情報】
遅れていました Route のコバルトブルーが入荷しました。