Park Tool の DT-5.2 ディスクマウントフェイシングツールの改造(その4)

IMG_6473

重力コンプレッサー方式を試してみる。題材となるのは、DAHON NEW モデルの Mako 試乗車。普段通常のディスクブレーキセッティングで調整出来てる個体に関しては、台座のフェイシングは行っていないが、敢えてこれでテストしてみます。

IMG_6477 - コピー
今回、テストする重力コンプレッサー方式。重りが紐を引っ張ってんだから重力トラクタ方式が正解か?


IMG_6521
ただ重量物を真下にぶら下げるので360°回転できるメンテナンススタンドが不可欠となるが。



IMG_6484
先ずはリヤから。



IMG_6485
キャリパーは、TRP のダブルアクションメカニカル。キャリパー、バックフレーム共にフラットマウント方式。


IMG_6487
一応フェイシングしてあるようなしてないような?



IMG_6486
キャリパー側の接地面が狭いですね。



IMG_6488
IMG_6489
何時ものようにマッキーで。



IMG_6490
O リング付きのチップをセット。



IMG_6491
キッチリとセットします。白い紙を置くと見やすいですね。



IMG_6492
IMG_6493
スライダーは、気持ちよくスルスル動くようになりました。



IMG_6494
先ずは、後ろ側から。



IMG_6495
改造ハンドルはクリアランス大で絶好調。



IMG_6496
ハンドルを回してみる。



IMG_6497
やはり押し付けてないと全く削れません。



IMG_6499
今回テストなのでボルトと紐の代わりにこの S 形フックを使います。



IMG_6500
丁度先端のボール部分がキャップボルトに刺さります。結果下に入れたボルトから引っ張っても同じ。



IMG_6501
始めにぶら下げたのは、自転車屋にはありそうもない32 / 36 のメガネレンチで重量860g。



IMG_6502
全然削れません。人の手の力ってそんなに凄いのかな?



IMG_6503
次、極端にこれ。およそ7.5kg ある。



IMG_6504
刃が食い込むかな?




IMG_6505

ええええ・・・全然切れてない?なんだこれ!

明日につづく、