昨日は、水上機を飛ばしてきました

IMG_6420

祭日と重なった23日の定休日は、久々にラジコンクラブの水上機飛行会に参加させてもらいました。場所は、茨城県の霞ケ浦。前日の天気予報によると結構風が吹く予報だったのですが、ダメ元で行ってみるとロケーションはこの通り。終始ほぼ無風で波も穏やかな小春日和となりました。

IMG_6416
霞ケ浦広しと言えども砂浜があるところは極限られてます。(砂浜が無いと機体を進水できないので)



IMG_6419
水平線に細く対岸が見えるがまるで海です。周遊道路は沢山のサイクリストが行きかっていました。



IMG_6418

ぼくは、水上機初心者なので、この小型電動機で参加。高翼、双発、双フロートは、水上機としては理に適っており殆どプロペラが水しぶきの影響を受けないため、離水は風上に向けてフラップダウンでパワーを入れれば、何もしなくとも奇麗に離水してくれる。この機体、水上機としては素晴らしいパフォーマンスを発揮してくれるが、旋回においては初心者向けではない。速度が遅い状態で深くバンクさせると必ずといい巻き込む癖が出る。今回も2回ほど水面に突っ込みそうになった。対策としては、低速時には、エルロンで深いバンクは取らずラダーでのノーバンク旋回が好ましい。最も実機はお客さん乗せてるからそのように飛ばした方がカッコいいし。パワープラントは、電動モーターなので充電を繰り返しながら10分のフライトを4回行った。水上機の醍醐味は着水にありで、ひたすら離着水を繰り返した。水面が近づいてきたらスロットルオフからパワーをジワ〜っと残し、フレアーを掛けながら水面とのギリギリの隙間を保ちつつ我慢我慢。機速が落ちたところで水鳥のようにパサッと着水。

そんな奇麗な着水が出来たのは、最後の1回だけだったけどね!