カブの背中は、難易度100

連休明けで修理が大変混雑し、DAHON NEW モデル SPEED RB の組み立てが、なかなか進みません。なので今夜も休みの間に書き留めた社長室よりお送りします。

IMG_5292
フィルム張りの飛行機は、夏場の炎天下、非常に過酷な状況にあります。大分使い込んだ機体で少々ほころびが出てきていますが、高額タイヤの装着で更なる愛着が湧きちょっとお色直しを!



IMG_5491
高温でフィルムがたるんでしまうのです。



IMG_5492
ある程度までは、アイロンを当ててあげるとシワが伸びますが、10回ぐらいが限界ですかね。



IMG_5495
IMG_5496
シワの取り切れない部分を切除します。



IMG_5540
土台のない部分では繋げないので1部をバルサ板でプランクしておきます。



IMG_5570
側面を張り替えたところ。背中部分は、難しいのが分かっていましたので剥がしたくなかったのですが仕方ありません。下面、側面、上面と貼っていくのが基本だからです。このクジラの背中のような逆アール三次元は、未知の世界で案の定一枚目は大失敗。


IMG_5612
次に背骨の部分に両面テープを貼る作戦。



IMG_5613
尻尾から張り付けていきますが、



IMG_5614
どうしても逆アールの部分から辻褄が合わなくなってきます。



IMG_5615
この部分の両面テープを除去し再スタート。



IMG_5616
先方をマスキングテープで引っ張りながら、



IMG_5617
アイロンを使ってフィルムを伸ばしながらここまで貼れました。まだフィルムの糊は、エッジの部分にしか接着できていません。もう必死でどのように貼ったのか覚えていないほど難しいです。ここから側面へと折り返したいのですが、逆アールゆえ曲げることが出来ません。


IMG_5618
方法は、このように刻みを入れてギザギザに貼るしかありませんが、それでは、流石にお粗末です。



IMG_5619
ぼくなりにここからが腕の見せ所。(大げさ)



IMG_5620
ギザギザ部分を跳ね上げておきます。



IMG_5621
プランクなしのフイルム同士の折り重ねですから風船に貼ったフィルムをカッターナイフで切るようなものです。ここでナイフレステープの登場。



IMG_5622
先端の糸を予め取り出しておくのがみそ。



IMG_5624
これをカットしたいラインに貼ります。



IMG_5623
これなら定規を使わなくとも思ったラインをトレースできます。



IMG_5625
その上からアイロンで軽く押さえます。



IMG_5626
ピンクの糸を勢いよく引っ張りフィルムカット開始!



IMG_5627
最後まで行きました。



IMG_5628
♪ 切れてな〜い?



IMG_5629
いや切れてます。



IMG_5630
IMG_5631
IMG_5633
これ結構快感なんですよ。



IMG_5634
緑のテープが残ってます。



IMG_5635
下方向に引いていくと奇麗に剥がれます。




IMG_5636
IMG_5637
IMG_5638
これも快感であります。



IMG_5639
糸でカットしたラインは、ルーペで見ればギザギザですが、



IMG_5640
後に高温にしたアイロンで止めれば、



IMG_5643
分からなくなります。



IMG_5642
我ながら上手く貼れた気がします。



IMG_5648
貼り終えた後を見てもらった方が難易度が分かってもらえると思います。



IMG_5650
今までのフィルム貼りで一番難しかったかも。



IMG_5645
黒文字の機体番号が無くなってしまったので復元します。



IMG_5692
ラインカラーに近いブルーのカッティングシートをステカで切り出します。



IMG_5298
機体番号 N749RE は、実機ブッシュプレーン CUZOOM から頂きました。



IMG_5693
位置は、こんなもんかな。



IMG_5695
IMG_5696
IMG_5697
IMG_5698
アプリケーションシートは、大変高価なので幅広のマスキングテープで代用です。



IMG_5699
この作業も快感ですね。



IMG_5701
んんいい感じ!



IMG_5665
最後にこれ、流し台用蛇腹ホース416円税込み。



IMG_5687
高熱を発する4ストエンジンのヒート対策のテストです。



IMG_5688
キャブにフレッシュエアーを導きます。



IMG_5689
吸ってくれそう。



IMG_5702




IMG_5703


これで今回のボヨヨ〜ん CUB の補修作業は、一通り完了!

明日からは、真面目に自転車ネタを