MOULTON SST-22 ANDOZA 半組フレームセット(その5)

IMG_4148

リヤの方がよりリーチが必要なブレーキキャリパー。果たして10mm オフセットブレーキシューで追いつくのでしょうか? 早速仮組してみましょう。

IMG_4149
楽勝でしたね。まだ数ミリ余ってます。やっぱ凄いなこのブレーキシュー。



IMG_4151
後ろから見るとこんな塩梅であります。



IMG_4158
それでは先に進みましょう。分割フレームには、リヤブレーキインナーケーブルが2本必要となります。


IMG_4159
これは、フレームセットに付属してくるケーブルジョイント。



IMG_4164
先ずインナーケーブルをブレーキレバーに通します。



IMG_4160
その先をケーブルジョイントに通します。



IMG_4161
イモネジで固定し余りはカットします。



IMG_4162
反対側にもう1本のケーブルを入れ先はリヤブレーキキャリパーへ。



IMG_4163
ねじ込めば1本になるってわけ。



IMG_4166
リヤブレーキレバーからフレームアウター受けへ。走行状態のハンドル切れ角ではフレームに触らないように長さを調整。


IMG_4165
露出部分が終わって再びアウター受けからリヤキャリパーへ。自然なアールでフレーム触らぬよう努めます。


IMG_4167
フロント。こちらは、シフトケーブルと一緒にまとめるので仮止め。



IMG_4168
このブレーキは、ワイヤー引きが便利。



IMG_4179
8mm スパナとmm ヘキサゴンでワイヤーをカシメます。



IMG_4176
オフセットブレーキシューは取る付けにちょっとコツが要ります。普通はこの状態からブレーキレバーを握ってリムとの当たりを出しボルトを締めこみますが、オフセット故、傾いてしまうのです。


IMG_4174
慣れない場合は、タイヤレバーなどを挟み込むと簡単です。



IMG_4175
こんな感じ。



IMG_4177
最終的には、アジャスターに緩め代を作っておき、



IMG_4178
ブレーキレバーをリリース、



IMG_4171
ブレーキシューを握ってあげるとパチンと太鼓が外れました。



IMG_4172
リリースで外れた太鼓。



IMG_4173
1.35タイヤでも無事リリース出来ました。



IMG_4180




IMG_4181

これでブレーキ完了! そこへ、バーエンドコントロール到着。

次回につづく、