S さんの LOOK 795 AERO LIGHT RS(その7)

IMG_2554

LOOK の専用設計オンパレードですが、ZED3 クランクに続きまして AEROSTEM と Integrated AEROBRAKE2 のギミックが盛り込まれたフロントフォーク行ってみましょうかね。

IMG_2555
これが、AEROBRAKE2。



IMG_2556
ちょっと複雑ですが、構造は V ブレーキです。



IMG_2579
カーボンのアームにあるキャップボルトを外します。1Nm とありますが全然はずれません。



IMG_2581
恐らくロックタイトだと思われるのでヒートガンで溶かします。



IMG_2582
緩みました。



IMG_2583
外してみるとただのカーボンカバーでした。こんなとこロックタイトいらん!ワイヤーの取り回しに苦労しそうだけれど大体の調整機構が理解できたところで次行ってみよう。



IMG_2557
楕円に潰れるフォーククラウン。ヘッドベアリングの調整はどうなってんだろう。



IMG_2603
ブレーキケーブルはフロント、リヤそれぞれここから挿入予定。



IMG_2584
付属の工具でヘッドキャップスクリューを外そうと試みたが全然緩まず。性格上内部構造を見てみたかったが、ここは触らぬ神に祟りなしと。


IMG_2597
このカーボンエアロステムが曲者でして。



IMG_2596
このようにセットされるんですが、全然収まりません。



IMG_2591
中に入る半割シムを輪ゴムで止めてみました。



IMG_2592
この隙間が問題でして、



IMG_2594
測ってみると4.39mm。



IMG_2598
半割シムをステムに入れてみると、



IMG_2599
3.80mm しかない。これじゃ〜どうやったって入るわけないよな。



IMG_2600
と嘆きつつグリグリやってたら入っちゃった!アルミの半割シムがカーボンコラムを引っかきそうで怖かったからかな。ぐいぐい押してると半割シムが馴染んでくるみたい。


IMG_2601
IMG_2602
これだけ可動域がある。



IMG_2604
根元に被せるゴムブーツ。



IMG_2605
これはステムに被せておいてから挿入。



IMG_2606
最後にコラムがドン付きまで刺さるようゴムハンマーでゴツン。



IMG_2607

この後クイルで半割シムを締めあげるのだが、くさびを打った様な状態でステムのセンタリングも出てるし、このまま走れそうな精度でした。ああビックリしたなもう。

明日につづく、