RECON 11s トップ 9T の歯飛びの原因に迫る(その2)

IMG_2151

はいこちら9T トップギヤ歯飛び対策室です。検証に入る前に歯数の少ないトップギヤとチェーンの掛かり代について説明したいと思います。

IMG_2178
IMG_2177
極端な表現ですが上の写真が105のリヤディレーラーで下がカプレオディレーラーを表現しています。105では、チェーンのローラーが5個しか歯に噛んでいませんが、カプレオでは、5個噛んでいるのが分かります。シマノがカプレオカセットは、カプレオディレーラーでお使いくださいと推奨するのはこのことです。

IMG_2179
IMG_2180
更にもう一つは、上の写真が700c フルサイズの自転車で下が小径車です。自転車を良く観察すると分かりますが、700c では上側のチェーンが地面と平行に引っ張られています。それに比べ小径車は、BB の位置が高いので斜め上から引くこととなります。小径車の方がローラーの掛かりが1個少ないのが分かりますね。これらが歯飛びの原因となりますが、今回はミッシングリンクが悪さをしているのは間違いないのでローラーの当たりを見ていきましょう。


IMG_2143
IMG_2142
ローラーが直視できるようチェーンをバラします。



IMG_2140
こんな感じでローラーと歯の当たり具合を観察したかったからです。



IMG_2190
疑ったのは、ミッシングリンクと通常外プレートとの形状の違いです。



IMG_2141
ミッシングリンクの片側が長いプレートがトップギヤと2速ギヤの谷間に当たっているのでは疑惑です。


IMG_2175
つまりこうゆうことです。よってミッシングリンクによってローラーが押し上げられ歯飛びが起こる。



IMG_2145
IMG_2144
IMG_2147
IMG_2148
片側のミッシングリンクのピンを抜きジョイントを連結しました。



IMG_2149
これで丸見えです。



IMG_2152
IMG_2153
ラインを引きスプロケットの頂点から引っ張ってみます。



IMG_2154
こう見ると真上のローラーではなく一つ手前(左側)が強く噛んでいることが分かりますね。



IMG_2155
一つ進むと浮いてきたような?



IMG_2156
でもこれ後に続くチェーンが無いので不公平かも。



IMG_2157
IMG_2165
3リンク程伸ばしてみます。



IMG_2159
IMG_2160
IMG_2161
IMG_2162
結果は、はっきり言って全く判別が付きません。



IMG_2165
何故なら歯の形が全て同じではないからです。チェーンを架け替えて同じ観察をすると浮いてくる場所が都度違ってきます。これでは判別不能であります。


IMG_2166
もしやトップギヤの外側?



IMG_2167
ロックリングの外側からチェーンを掛けると確かにミッシングリンクの部分が浮き上がる!




IMG_2168
通常の外プレートで囲んだトップギヤ、



IMG_2169
ロックリングがポトンと入ります。



IMG_2170
ミッシングリンクを含むと、



IMG_2171
入らない-------------!!!



IMG_2172
これだ!



IMG_2173
こんなに沢山実験用のリンク作ったのに原因・・・・原因は、RECON Fe 11s カセットに付属してくるロックリングだったのね。


IMG_2174

対策としては、チェーンをミッシングリンクではなくアンプルピンで繋ぐか、シマノ純正カプレオ用ロックリング(P No. Y1Z701000  780円税別)を使うと解決します。

RECON 11s トップ 9T の歯飛びの原因掴んだり!