お初になりますパイロンコラム

IMG_0538

ダブルパイロンのフレームセットでは、お城製モールトンでは珍しくサスペンションフォークが組まれた状態で届きます。特に不具合ないので分解したことはありませんでしたが、今回ロールス先生のリクエストがフルオーバーホールなのでヘッドベアリングの点検は必要と思い禁断のパイロン(やぐら)コラムの分解を試みます。前々から気になってはいたのですが、パイロンの中央にヘッドチューブが見えますよね。だったらパイロン構造はいらないのでは?なんて思っちゃってました。恐る恐る分解してみましょう。

IMG_0539
クイルステムを抜いたコラムには、スレッドヘッドのロックナットらしきものが見えます。



IMG_0540
こちらロワー側。



IMG_0541
しまった!これハンドル外す前に緩めておけば良かった?と思いきや「クン」と軽く緩んでしまいました。



IMG_0542
ダストシール付きロックナットを外すと、



IMG_0544
次は、プリロードアジャストナットではなくただのコラムスペーサー。



IMG_0543
てことは、これ緩めて、



IMG_0545
トップリンクのボルト外せば、



IMG_0546
このまま上に抜ける?



IMG_0547
抜けた!



IMG_0566
上フレクシターアームが、通常のステムの役割だったのね。となると最初に外したのはロックナットではなくヘッドベアリングにプリロードを掛けるプレッシャープラグだね。ステムは、スレッドだけれどコラムはアヘッドってことね。なるほど!



IMG_0567
カップを外すと、



IMG_0548
アッパーベアリングが見えてきました。カートリッジベアリングじゃなかったのね。グリスも汚れてるし分解して正解。


IMG_0549
ロワーベアリングも見えてきましたが、コラムはストンとは落ちてきません。フォークを外してみましょう。


IMG_0550
この黒いゴムってダストシールだったのね。ハンドルを切る際これがパイロンに触って「キュルキュル」鳴いてんの良くあるもん。


IMG_0551
このダストシールを上方にずらしていくと抜けてきた。



IMG_0553
これが引っかかってたわけね。



IMG_0555
思ったより簡単にばらせました。



IMG_0556

モールトンのヘッドバッチが付くヘッドチューブに見えていたパイプが実はコラムシャフトでパイロン構造がヘッドチューブの代わりってことでした。

納得納得!