ZIPP ホイールハブの盲点見つけたり

IMG_0364

「ペダル逆回転させるとチェーン弛んじゃうんですよね」「フリー重いやつはたまにそうゆうのありますよ」「新品ですよね?ダストシールの抵抗も考えられますが、分解して柔らかいグリスに入れ替えると少しは改善されることもあります」「取りあえずやってみますわ」てなわけで今日の作業。

IMG_0365
確かにクランク逆回転でチェーンが弛みそのままホイールも逆回転。


IMG_0361
あららカセット抜こうとしたらフリーごと抜けて来ちゃった。このハブオーバーロックナットにネジがなくOリング入ってるだけでスキュアーで押さえてるんですね。


IMG_0361
ちなみに普通ダストシールは、このようにフリー側に付いて出てきます。挿入するときも同じです。


IMG_0354
糸を引くよなグリスでしたが、それ程大量に入っていたわけでもありません。


IMG_0362
シムが1枚入ってるのをお忘れなく。



IMG_0355
ダストシールを抜いて装着してみるとフリーは軽く回ります。やはりダストシールの抵抗のようです。



IMG_0353
もう一度フリーにダストシールを装着しフリーをハブに装着してみると・・・・やっぱ重い。



IMG_0353 - コピー
良く観察してみるとダストシールがめくれているように見えますね。



IMG_0356
裏ワザ発見しました。ハブの方に先にダストシール入れちゃいます。



IMG_0357
フリーが無い場合は、このような平らな側面が見えています。



IMG_0358
この場合ダストシールがフリーラチェットの爪を閉じる方に働きますから装着も容易です。



IMG_0359
今度は、綺麗に収まったようです。



IMG_0353
ダストシールをフリーに取り付けた場合。



IMG_0352
先にハブに入れた場合。



IMG_0363
原因が分かったところでDTスイスの柔らかグリスを塗布。



IMG_0366

はい逆回転でもチェーン弛まなくなりましたよ。

盲点発見したり!