CIPOLLINI TT BIKE フレームを組む(その5)

IMG_0045

極限まで空気抵抗を減らすべくカーボンフレーム内に収められた TT ブレーキ。素晴らしく高度な機械加工で製作されたキャリパーブレーキだが、リヤにあっては、組み付けに全然注意を払っていない様だ。ブレーキワイヤーを止める部品が欠品していたが、取りあえずラジコンパーツで代用。(フロント用は斜めカットされたものなので代品不可)ブレーキレバーで引いてみると何か片腕が上がらない操り人形みたい。

IMG_0046
仕方なく分解してみることに。



IMG_0048
ダイレクトマウント的なピポットボルトには、厚めのウェーブワッシャーと薄いアジャストシムが入っていた。



IMG_0049
センターピポットには、だらしなくはみ出したアジャストシムが3枚。



IMG_0050 1
やはり内径が全然大きいアジャストシムであった。これは内径が合った適当な厚さのプレーンワッシャーに交換。


IMG_0051
ピポット用アジャストシムが増えた。



IMG_0052
右側アームの動きが悪い原因は、クリアランスの狭い中に無理やり厚いウェーブワッシャーを入れ込んであったから。カーボンフレームだもんね左右同じ穴にならないのは当たり前。右のみ平らなプレーンワッシャーに変えガタの分を隙間ゲージで測定。


IMG_0054
余ったアジャストシムで調整。中央に見えるカーボンの板は、リターンスプリングの代わりになるリーフスプリング。下に見えるイモネジが左右バランスのアジャストネジ。


IMG_0055
IMG_0059
やっと左右のアームが均等に動くようになった。


IMG_0069
ブレーキアウターの長さを決める。


IMG_0070
ブレーキレバー側は、20mm 奥まった長さにカット。キャリパー側共々見えないのが難儀。



IMG_0085
何とかセットできたリヤブレーキ。



IMG_0084
カーボンディスクホイールを借組してブレーキ調整&作動確認。

ブレーキシューの取付位置確認と取付ボルト締め付けは、一人では絶対に不可能。レースメカニックは、一人で行うのだろうか? こりゃ〜フロントもまともではなさそ。

明日につづく、