CIPOLLINI TT BIKE フレームを組む(その4)

DSC_8781

取りあえずBBは収まったとして次に難儀なのがブレーキワイヤーの取り回しです。

IMG_5709
TT ハンドルここまで組んで気が付きました。



IMG_0005
ステムから伸びるフロントブレーキバナナにアウター付けると自然に左ブレーキレバーに行ってしまうのです。


IMG_0002
アメリカ仕様になってるみたいだからもう一度ステム外してバナナを右に差し替えればいいんだな。



IMG_0009 1
側面にスリットが入るパイプを反対向けに差し替えれば、



IMG_0011
あら差し替えできない構造なのね。



IMG_0012
しかも左にしか穴ないし。完全に左レバーがフロントブレーキ専用のステムだ。



IMG_0013
もうこうなったら真上から突っ込むしかない。てかこれもありの想定のような。



IMG_0014
ステムをセットするのに10mm のアレ−ンキー使うなんて DAHON だけかと思ってた。



IMG_0007
右だが後ろブレーキを想定して取回してみたが、シマノのアウターじゃ固すぎてハンドル左に切れっぱなしになる。この特殊なステムとTT バーの相性が非常に良くない。曲りがきつすぎてインナーケーブルの抵抗が大きすぎる。


IMG_5707
NISSEN 5mm ウルトラライトブレーキケーブル 6.600円(税別)
軽量化したかった訳ではないですが、とにかく柔らかいもんでこちらを使用してみましたが上と同じ取り回しではやはりダメでした。


IMG_0006
やっぱフロントはこれだな。



IMG_5717
PPパイプをBBシェルから挿入し、



IMG_5716
トップチューブに導く。



IMG_5718
これにインナーを通して、



IMG_5719
今度はアウターを添わせれば開通です。



IMG_0072
リヤはやっぱりこのルートね。トップチューブメンテナンスハッチからステムを通らずハンドルバーへ。


IMG_0074
丁度良さげなグロメットがあったのでセットしたいと思います。



IMG_0080
こんな感じ。穴は、一番曲りの少なくなるこの位置に開けました。

これでブレーキケーブルの取り回しは何とか解決かと思いきやエアロキャリパーブレーキに問題が発生するのです。

次回につづく、



【2020 DAHON 入荷情報】

Mu P9 チタニウム
Mu P9 エメラルド
Mu P9 ステラブラック

K3 ガンメタル / ブラック 再入荷

Dove Plus ライトグリーン  NEW カラー