昨日からの続き

2011.7.4 の【橋輪Blog】より

ヒルクライムを終え、ピューマ(イタリア語で羽の意味だそうです)・キャニオンの頂上から尾根伝いに走ると3つ目の休憩所が、ここは一気に視界が開けて海から内陸までほぼ360度見渡せます。
 
DSC04964



過酷な登りの後に広がる雄大な風景にしばし羽根を休めるライダー達。
DSC04969



自分も記念写真
P1020756

P1020761



いい景色だなと眺めていると、遠くになにやら動物が…
DSC04974



おっあれはコヨーテではないですか!!
そっと近づいてみるとあまり怖がって逃げる気配もなく、こんな人間慣れしたコヨーテは初めてみました。
DSC04980



しかしこのコヨーテ君のおかげで思わぬ間違いをしてしまう事に…コヨーテを追いかけて行った道をそのまましばらく走り続けると、海側を見渡せる道になり、ハリウッドのスターが多く住むマリブの豪邸が次々と見えてきました。
DSC04988

DSC04990



庭に巨大なキリンを飼っているお宅も…
DSC04994



道沿いに走りながら面白がって写真を撮っていてふと気づきました。
 
 

誰も来ない…
 

これは道を間違えたか、と引き返すと、途中でやっと四人ほどの集団がやってきます。

「この道で合ってる?」と聞いてみるものの、道なりなので彼らもてっきりこっちが正しいものと来た様子。そのうちもう一人やって来てその人曰く、
 

「合ってるよ、こっちはショートカットなんだ」
 

と通り過ぎて行きます。ショートカット?正しいショートカットなんてあるのかいな、せっかく参加したのだからちゃんと完走したいと思い直し、さっきの休憩所まで引き返すと案の定、道を間違えていました。

約10kmと40分ほどの時間を無駄にした後(笑)、正しいルートに戻るとこの山を下るひたすら続く下り坂に。そして再び来た道に合流するとまた行きに通ったトパンガ・キャニオンの峠を越えていきます。


さすがにこの辺まで来るとかなり疲労困憊ぎみ、ギアもどんどん軽い選択になっていきます(苦笑)。ようやく最初の休憩所に着くともう人もまばら。まあ道草食ってたので仕方ないかと、気合いを入れてすぐに出発。


なんとも怪しくひなびた見せが続く街道を抜け、再び峠を下って行きます。

いかにもヒッピー的なお店、
DSC05001



再び長い下りの後、そしてようやく海岸に戻ってきました!
DSC05005
 


サーファーや家族が遊ぶ戯れる、ビーチを横目に一路ゴールを目指します。
DSC05014



パシフィック・パリセーズの街を抜け、
DSC05018



ウエストウッドのビル街を抜けるとゴールのビバリーヒルズはもうすぐです。
DSC05020



そして恒例のポーズとともに(笑)ゴールイン!
P110626142737472ac



走行距離120km、走行時間5時間半、高低差2000m,平均時速22km、やっぱり平地を走るのとは大分違いました。でもまあ今回は無事完走が目的だったんでとりあえず良しと。

ちなみに今回のルートのGPSマップです。Lap 2-3がヒルクライムの区間、Lap4の左に延びた線が道を間違えた区間です(笑)
GranFondoMap1



登り区間の拡大マップ
GranFondoMap2



それにしてもX27hは良く走ってくれました。これだけの連続した上り坂に下り坂をこのマシンで走るのは初めてでしたが、一度だけ例のチェーン外れがありましたが、他は難なくこなしてくれました。まあ何よりいちばんの問題はエンジンの貧弱さかと(笑)。

今回参加してみて、数秒にしのぎを削るレース以外だったら十分実用になると、このまえのLA River Ride以上に実感できました。この性能を持ちながら、かつ持ち運び簡単ということのメリットはかなり大きいです。それから見た目の割に良く走るので、まわりのビックリ度は大きくて、今回のライド中も大体すれ違うたびに、"What a Bitcin' Bike!!" なり"Oh My God! Unbelievable!"と一々結構なリアクションが来る(アメリカ人の大げさなのを差し引いても)のが面白かったですね。

今回ブログの事やネタ的なノリ(笑)でつい参加してしまったこのライドですが、自然の中を駆け抜ける気持ち良さ、気の良いライダー達との出会い、ゴールした後の達成感、自分としては結構大変だったんですが参加してよかったなと。せっかく気に入ったバイクを持っているならこういう所で活用しない手は無いなと思った次第です。


それでは最後にビバリーヒルズらしい風景を幾つかお届けします。
P1020780




P1020791

それではまた、Vector.Y


以上、Vector.Y氏のLA便りでした。