最大級に高い自転車専用工具購入!

IMG_4943

最大級に高い自転車専用工具を2セット購入した。(その5)で使用した BB ツールも5万円代6万円代と高額だが、今回購入した2セットはどちらも倍以上する代物。どちらもフレームヘッドチューブやフロントフォークコラムにヘッドパーツを組み込むための加工をする切削工具だ。そもそも完成車しか扱っていないうちの様な普通の自転車屋には、必要ないものである。「KIMORI なんて特殊な自転車扱ってんじゃんか?」 KIMORI にはヘッドチューブがない。これは、Dynavector DV-1 を含む MOULTON を組むために購入した。これらは、ヘッドパーツを組み込むための下処理がされていない状態で出荷されるからだ。「でも今まで MOULTON 売ってるじゃんか! 」いやいやメンテナンスはしてますが、数えるほどしか売ってませんから。パシュレーライセンスの TSR は完成車だし”オッサン”のダブルパイロンフレームセットは、フォークが組み込んだ状態ですからね。「DV-1 も2台組んでんじゃん?」あれはDynavector MOULTON 研究室で2台とも作業して来ましたから。なので今回 SUPER SPEED で必要に迫られたのです。

IMG_4944
Park Tool CRC-1 クラウンレースカッティングツール 120.139円(税込)



IMG_4945
Park Tool HTR-1 ヘッドチューブリーマー 122.472円(税込)



IMG_4952
先ずは、ヘッドチューブリーマーから。



IMG_4953
一番右は、ヘッドチューブのフェイシングをするカッター。次がモールトンのイタリアンサイズに合わせ内径を削るリーマーでフェイシングとリーミングが同時に行えます。その後に続くのがフェーシングだけ行う際に使うアタッチメントで 1” JIS / 1” ITA / 1-1/8 / 1-1/4 と続く。


IMG_4954
これは、カッターと反対側に付くナットのようなものでスプリングとセンタリングコーンを返してプリロードが掛けられるようになっている。脇に付く黒の四角いボタンはクイックリリース。


IMG_4955
新品のカッターを殻から剥きます。これ結構気持ちいいのよ。



IMG_4956
リーマーは、イタリアンサイズなので30.1mm。



IMG_4957
これをナットで一体化。準備 OK 作業開始。




DSC_0256
Moulton SST-22 フレームセット  265.000円(税別)
※旧価格
でもいきなり100万円のスーパースピードフレームでやるのは怖いので在庫の SST で練習してみる。



ここで大事件発生!


IMG_5002
ヘッドチューブリーマー挿入。



IMG_5006
えええええ・・・・・ 届かないじゃん!



IMG_5004
ナットは、この底の部分しかないから、



IMG_5006

どうやったってボルト短いじゃん! 12万円もしたのに!

明日につづく、