ボトムブラケットシェルの仕上げ

さてと今日からは、自転車屋としては高額特殊工具のオンパレードです。今夜は、ボトムブラケットシェルの仕上げを。モールトンのボトムブラケットは、BC1.37×24 JIS 規格となっています。

IMG_4908
HOZAN(ホーザン) C-405 RL-軸BBタップ 55.863円(税込)


IMG_4909
BC1.37×24 の正ネジ逆ネジタップの1対です。



IMG_4880
先ずは、BB タッピングです。左右同時進行で作業して行きます。



IMG_4881
熱加工により歪んだネジ山を整えます。



IMG_4882
ここで例のステンコロリン赤の登場!



IMG_4894
「ステンレスが豆腐になりました」だって。



IMG_4883
本当だ。豆腐のように切れて行く。(超大げさ)



IMG_4884
切削終了。



IMG_4885
次にBBシェルのフェイシングを行います。



IMG_4886
ステンレスフレームは、未塗装のためマジックインキでマーキングします。



IMG_4910
UNIOR(ユニオール)ボトムブラケットフェイシングツール  63.720円(税込)



IMG_4911
こちらがフェイスカッター。



IMG_4912
BSA / Italiam に対応するアタッチメントが付属。



IMG_4888
先ずは、ドライブサイドにセット。



IMG_4889
身長にカッターを回します。



IMG_4890
全周に渡りマジックインキが消えましたね。



IMG_4891
続きましてノンドライブサイド。



IMG_4892
IMG_4893

これでリヤアームセクションは全て終了であります。

明日は、DAHON のあのモデルに NEW カラー!