モールトンステンレスフレームの弱点

IMG_4798

リヤスイングアームピポットに追加するシムリングの調達の間に他の作業をしておこう。ビカビカに光るモールトンのステンレスフレームですが、長年放置するとロウ付け部の色が変色して来てしまいます。まるで古いトランペットのようです。

IMG_4799
IMG_4800
IMG_4801
IMG_4802
IMG_4803
IMG_4804
IMG_4805
これがロウ付け部分の変色です。


IMG_4814
磨きに入る前にフロントフォークを分解しておきます。



IMG_4813
プリロードアジャスターのロックナットを緩め、



IMG_4815
スプリングプリロードを最弱にしておきます。



IMG_4816
次にボトムリンクのボルト。



IMG_4817
左右4本抜きます。



IMG_4818
バンプストッパーボルトは、少し上から力を掛けて抜きます。



IMG_4819
ボトムリンク分解完了。



IMG_4820
サブフォークが外れました。



IMG_4821
ピストンも綺麗にしておきましょう。



IMG_4822
グリスまみれのスプリングが出てきました。



IMG_4839
はい、ここでリューターとフレキシブルジョイント。



IMG_4840
さー磨いていきますよ!



IMG_4797
ブリッジ左側を磨きました。金に近いシルバーの輝きです。



IMG_4843
IMG_4844
IMG_4846
IMG_4848
IMG_4849
IMG_4850
IMG_4851
IMG_4852
IMG_4853
IMG_4854
蘇ったでしょ!



IMG_4842
頑張り過ぎるとこうなります。



IMG_4855

ビカビカであります。でも丸1日かかるよ。歯科技工士にはなれないけどモールトン専門の磨き屋でもやろうかな。スーパースピード10万円、ダブルパイロン20万円なんてね!

次回につづく、