GOKISO からの回答は、

IMG_4774

4月20日の「船長のチタンフレーム PASSONI(26)」でタイヤビードが外れチューブが破裂する現象を検証するため GOKISO に送ったパッソーニコラボホイールが1か月半ぶりに戻ってきた。GOKISO の見解はこうだった。

指定されたパナグラベルキング26C と R-AIR 26C 対応サイズチューブで組み付け空気圧を上げていくと105psi でタイヤビードが外れバーストした。

次に同じく23C で組み付けるとパンクは発生せず通常通りの使用が出来る事を確認。

グラベルキングの26C と23C では、ビードフックの形状が違うことを発見した。

GOKISO GD2 カーボンリムは、2015年より販売を続けているが、開発当時23C から25C を想定して設計され26C は想定外であった。

GOKISO GD2 カーボンリムに26C 以上のタイヤを組み込む際には、ビードフック形状とのマッチングを確認する必要があるということでした。確かにここ最近 Panareacer タイヤは、角ビードと呼ばれるチューブレス対応フック形状に移行しつつある。


IMG_4776
グラベルキング23C と R-AIR チューブの組合せで戻ってきたGOKISO PASSONI コラボホイール。



IMG_4778
最終組み付けは、Shimano PD-R9100 SPD-SL ペダル24.520円(税別)と11-25T から11-30T に変更する CS-R9100 11-30T 27.458円(税別)とチェーン CN-HG 901-11 114L 5.223円(税別)。



IMG_4777
IMG_4779
11-25T から11-30T 変更した DURA カセットとチェーン。外した11-25T カセットと25T に合わせてカットしたチェーンは、現在発注しているパッソーニ用スペアホイール(GOKISO ハブ S-spec リム GD2 38mm)に装着予定。



IMG_4781
3か月程しか経っていないのにファームウェアのアップデードがあるようです。



IMG_4782
カスタマイズからシンクロナイズドシフトで11-25T から11-30T に変更でダウンは、リヤ2速まで落ちた所でフロントインナー&4速にシフトダウン。アップは、7速⇒アウター⇒5速となる。


IMG_4784
これにて完成!気になる車体重量は?



IMG_4786

7.71kg

明日は、完成お披露目編を!