フロントダンパーユニットの秘密

FLIG ユニット(フロント)と MEAD ユニット(リヤ)をメインフレームに組み込んで行きます。これだけ KIMORI に携わって来ましたが、まだ何かが隠されていたとは知らなんだ!

IMG_4495
FLIG ユニットをトラスフレームに組み込んで行きます。コロッサスフレームの組み立ては非常に楽しいものです。


IMG_4496
ナイロンワッシャーは、平ワッシャーを使っていなかったため変形しています。こちらは新品に交換。



IMG_4503
平ワッシャーとナイロンワッシャーの順番はこう。



IMG_4497
KS ブッシュは、先細りのため位置決めしながら指でここまで差し込めます。その後は圧入。ですから誰が作業しても失敗がないのです。



IMG_4502
圧入に使う特殊工具は、M5 の長キャップボルトとナット、適当なカラーのみ。



IMG_4500
この様にセット。



IMG_4501
8mm スパナで締め込んで行けば圧入完了。



IMG_4504
IMG_4506
IMG_4507
これでフロントセクションが形になりました。



IMG_4508
リアアームピボットの組み込み。



IMG_4509
リヤセクションの組み込み。



IMG_4534
リヤエンドのピロボール(小)の一つにガタが出てました。



IMG_4516
こちらは新品に交換しましょう。



IMG_4517
フロントダンパーユニットに見知らぬ秘密が!



IMG_4544
メインフレーム下部からピロボール(中)をかえして伸びたアームの先端にピロボール(大)がありますが、



IMG_4518
このボルトとスペーサーでショックユニット下部に結合されています。



IMG_4519
このボルトの奥に秘密があるという。



IMG_4520
M5 ボルトを抜いた穴に2.5mm の六角ドライバーを差し込んでみると。おお引っ掛かった。



IMG_4527
これを緩めて行くと・・・・おっと何か出てきたぞ!



IMG_4525
M5 のイモネジ!こんなん仕込んであったのか木森さん。早く教えといてよ〜!



IMG_4487
このイモネジでカラーが抜け出てこないように止めてたのか!知らなんだ〜!



IMG_4408
イモネジ緩んでただけじゃん。えらい苦労しちゃったなもう。



IMG_4503
さて組み込んだリンク全てに抜け止めのM5 長ボルトをセットしていきます。



IMG_4529
あららら・・・ちと短いぞ!



IMG_4530
IMG_4532
IMG_4531
全ての箇所が2.2mm ほど足りません。平ワッシャーを使わないプロトタイプのボルトでは、2枚分の2.2mm が足りなくなったわけです。



IMG_4533

アッパーアームに一番長いのが2本、次にショックユニット下部、インナーチューブベアリング部、リヤ MEAD ユニットの順で微妙に短くなる。Monotarou や MISUMI で検索したがM5 キャップスクリューでこんなサイズはない。長さはみな5mm 単位だし最長で40mm までしかない。どこで手に入れてるんだろう?

DSC_7282

こらまた木森さんに相談だな