富士号の整備(その5)

IMG_4389

今日の作業は、富士山テールの修復です。錆びは良いとしても反射板が割れているのは、道路交通法違反となりますからね。

IMG_4373
同じような大きさの反射板を発見。



IMG_4374
それは、CAT EYE の製品で、全く同じ物だった。型番も RR-210-6 の最後が6ではなくR となっているだけ。おそらく裏側がプラになって型番を変えたのだろう。こんな昔から変わらないのかCAT EYE。


IMG_4378
ただ後ろ側のプラの部分は外れない一体構造。



IMG_4376
ここが富士山。



IMG_4377
裏側には鉄板が。




IMG_4383
IMG_4384
四つ角でカシメてあるようです。




IMG_4385
IMG_4386
マイナスドライバーでこずいてやれば、



IMG_4388
分離出来ました。



IMG_4381
耳の部分は、ニッパーでチョキチョキ。




IMG_4382
おおまかにカットしたら、



IMG_4380
リューターで整えます。



IMG_4391
最後パチンと嵌り込むまで微調整。



IMG_4392
ぴったり合いました。



IMG_4393
錆を落として、



IMG_4395
塗装は刷毛塗で。



IMG_4428
乾燥を待ちます。



IMG_4429
この取付ネジ後で気が付いたんですけど三角フェンダーなんで干渉しちゃって最後にカットしました。



IMG_4430
接着は、バスコーク。



IMG_4431
綺麗になったでしょ!



IMG_4342
これからの・・・・



IMG_4433

これですからね〜! んン、実に気持ちがいい!

明日は、完成編を