エンジンコントロールケーブルのリンケージ

本日は、スタッフ1名結婚式出席のため社長室からお届けする。載せ替えたエンジンは右側ではなく左側にキャブレターが位置します。エンコンサーボマウントも右側に作ってしまいましたが、これも左側に作り替えるのが面倒なのでちょっと技を使います。

IMG_4151
右側に位置するエンコンサーボ。



IMG_4171
ところがキャブは、左側です。これワイヤーリンケージで繋いじゃいます。キャブのスロットルバルブには、リターンスプリングを仕込みました。これがみそ!赤矢印のスロットルバルブに注目!ワイヤーは、何も考えず防火壁に向かっています。

IMG_4172
ワイヤーを少し引いた中立位置。



IMG_4173
これがスロットル全開。



IMG_4178
防火壁を貫通したワイヤーは、機体中央部へと斜めに向かいます。



IMG_4180
地下一階から1フロアー上がって右側へ。



IMG_4175
ここで引いていたわけです。ワイヤーはジグザグに曲がっていますが引きだからOK。引いた手を緩めればキャブのリターンスプリングで戻されます。これなら糸でもいいわけです。良く考えたでしょ!


IMG_4181
これでエンコンのリンケージもやり直し完了。

キャブレターとエンコンサーボを一本のロッドで押し引きするセオリー通りのリンケージから一歩抜き出た発想でしょ! ロードバイクの露出ワイヤリングと一緒ですね。

IMG_4209

さてまた重心位置との戦いが始まります!