「オーナーズレポート」第9回 A さんの DAHON K3 カスタム(ポタリング編)

前回の(到着編)に続き翌日の(ポタリング編)です。1日 OFF の予定が午前中仕事に追われたようですが楽しげなランであったようです。


橋本社長

今日は日曜で休みの予定でしたが午前中呼び出しがあり現場へ入っておりました。
 

image1 - コピー
日本海を見渡せる宿のロビーです。



am8:00
宿を出て現場までの道のり。少し山道を登りますが昨日の20kmが効いたのか四十路貧脚はパンパンで登りに苦戦しましたがそれでも何とか踏めました。やっぱ14インチに思えない見事な自転車です!



image4-1 - コピー
現場で打ち合わせを終わらせその場で同梱いただいてたサイクルコンピュータを隅っこでコチョコチョと。
 

13:00〜
隣町へ行ってみようと国道9号線に出てみましたが、初めて向かう道は思いのほか山道でして道も狭くしかも車が恐ろしいくらいビュンビュン来るので颯爽と引き返してしまいました・汗 大型トラックがK3を追い越すと風圧で揺れます。

そして向かった先は、昨日と同じ日本海沿いを攻めてみました。
 

image3-1 - コピー
結構離れてるのにサルベージの頭がここからも眺めることができました。奴は相当デカイです。



平坦な道路は、先程言った通り14インチとは思えぬ軽快な走りでしたよ。グングン伸びるような走り。
気持ち良いとしか表現できません!踏み込みが楽しすぎます。



下りではスピードを40kmまで出してみましたがビッグアップルの効果による安定感は抜群でした。
(ノーマルK3のタイヤではこの領域は私は怖いです)

 

image5-1 - コピー
特に意味はないですが橋の前に停めて水分補給しました。



image6 - コピー
帰り道、気になるサルベージをもう一度見に立寄ったらちょうど2000tの機体を吊っておりました!
海風が気持ち良くて、サルベージを眺めながら2時間くらいこの場所でK3とサルベージを観察しちゃいました。
 

あ! うっかり言い忘れておりましたがK3を折畳んだ状態から展開する際チューブでワイヤー達を束ねていただいてるおかげで全く引っかかりません。本当に有難いです。(以前乗ってたK3は必ず引っかかってたのでいつも煩わしい思いをしてました。)メーカーさん! 橋本社長を見習ってください。


昨日に続き同じような画像で申し訳ありません。
また報告させてください。

失礼します A 。

ありがとうございました。またのレポートお待ちしております。

【橋輪 DAHON K3 在庫状況】
DAHON K3 ブルー / ブラック 5台
DAHON K3 イエロー  / ブラック 2台
DAHON K3 ホワイト / ブラック 1台
DAHON K3 レッド / ブラック 4台