ぼく間違ってなかったです!

IMG_3722
ROTOR BB1 24mm CERAMIC BEARING  16.800円(税別)

「馴染むなんておかしいよ!」「ちゃんと測ったんだからもう一度調べてよ」との文句にようやく回答が来た。「アルデュークランクとSABB はマッチングが悪いようなので BB1 を使て下さい」だって。

IMG_3723
カップの厚みを測ってみると SABB が11.28mm。



IMG_3724
BB1 が11.24mm と僅かに薄い。



IMG_3725
それより大きく違うのがダストシールの厚み。左のBB1 は、ほぼフラットだが SABB は確かに出っ張っている。


IMG_3727
ちょっと傾けて見ると良くわかる。



IMG_3728
装着してみよう。



IMG_3729
アクスルを挿入。



IMG_3730
さて左クランクアームを取り付ける前に問題を解決しておかねばならない。



IMG_3760
この説明書の絵を見る限り六角レンチをボルトに掛けて回せみたいなニュアンスに見える。しかも「ボルトを取外しはいけません」とある。



IMG_3761
この方法じゃ絶対プリロードアジャスターは回せないよ!



IMG_3767
フックレンチ使っても回らないんだから。前にも書いたようにスリットが閉じる方向に力が加わちゃうんだもの当然です。全く何考えてんだか!


IMG_3762
もう外してはいけないボルトを抜いちゃいます。


IMG_3763
その六角レンチをスリットに入れて、


IMG_3764
IMG_3765
どちらに回してもスリットが開く方向に力が掛るのでスイスイと回ります。特許出願だな!これでプリロードアジャスターの件は解決。



IMG_3731
左クランクを入れて行きます。規定トルクまで締めた状態でこの隙間が残っていればOK!



IMG_3732
目一杯締め込みましたよ。



IMG_3733
隙間残ってますね。



IMG_3738
これなら行けそうです。



IMG_3769
隙間ゲージで測ってみましょう。



IMG_3773
何と1.4mm も入っちゃたよ!



IMG_3770
組み方間違ってたのかな?もう一度 SABB に戻してみます。



IMG_3771
やはり0.05mm も入らな程くっ付いています。


IMG_3772
重くて回りません。やっぱ SABB ダメです。



IMG_3775
1.4mm はあり過ぎなので SABB に付属してきた1.0mm シムを入れます。



IMG_3776
これで隙間が0.4mm となるはず。



IMG_3779
ハイぴったり。



IMG_3782
例の方法でプリロードを掛けます。



IMG_3783
最後にボルトをロック。



IMG_3789
さてどうかな?



IMG_3790
IMG_3791
IMG_3792

やっぱ ROTOR は、こうでなくっちゃ! ダイアテックさん、クランクとBB のフィティングチャート書き換えですな!

船長!やっと先に進めます