エルロンのリンケージ

IMG_0685 - コピー

船長のヘッドベアリングシム見つけましたよ!到着を待って今夜は社長室よりお届けする。前回大変な思いをして取り付けたエルロン(補助翼)のリンケージを行います。

IMG_2009
この動翼を動かすための工作です。


IMG_2076
またもや問題の2か所であります。


IMG_2077
ホーンと言うパーツですが、これがまた”おバカ”キットでありまして、翼長3m 150cc エンジンのアクロバット機に使えるんじゃないかってほどバカデカいのが入ってきます。(知ってて色なんか塗っちゃってますが)

IMG_2078
スリットに差し込むと、



IMG_2079
裏側に飛び出てしまいます。



IMG_2080
これは赤ラインでカット。


IMG_2081
意味なく長いホーンは穴位置も全然ちんぷんかんぷんであります。


IMG_2084
穴位置は、必ずヒンジラインと一致していなければ、上下で動きが同じになりません。


IMG_2086
ヒンジラインに新たな3mm の穴を開けます。


IMG_2087
元々開いていた三つ目の穴は使いませんが、取付面積を取るために残しておきます。


IMG_2088
この先はいりませんのでカットです。


IMG_2089
先端を形成して、


IMG_2090
またペイントしておきましょう。


IMG_2097
ほら今度はピッタリでしょ!



IMG_2098
次にやらかしてんのがサーボハッチ。


IMG_2102
説明書に従って進むとこのハッチの裏にサーボモーターを取り付けなさいとある。


IMG_2099
ところが裏には何もないただのハッチ。


IMG_2100
サーボベットのストックはあるがサイズが合わない。


IMG_2103
こんな具合となるがサーボベットを作るのが面倒。


IMG_2104
スケール感は薄れるが整備性を考慮して縦積みとする。この方が取付も簡単。


IMG_2142
受信機とバッテリーを繋いで、


IMG_2141
スイッチ ON!


IMG_2144
ストロークを見てみる。


IMG_2146
これがエルロンがフルに下がった状態。


IMG_2147
これだとサーボホーンの長さが足りません。


IMG_2178
DU-BRO ロングサーボアーム。


IMG_2179
中くらいの長さのやつがいいかな。


IMG_2180
今度はストロークが足りました。


IMG_2182
4-40 ボールリンクで繋いでみるとボールの回転範囲が足りなくてエルロンホーンの穴位置までロットが下がりません。

IMG_2183
そろばん玉をボールの上下に噛ましリンクの動きを増します。


IMG_2181
今度は余裕でクリアー。


IMG_2185
こちら側は殆ど回転運動しかしないのでそろばん玉は1ヶ。



IMG_2186
さてとサーボベットを作りましょう。


IMG_2187
作ると言っても四角い穴を開けるだけ。


IMG_2188
何時もの型紙で、マーキング。


IMG_2191
これを切り出します。


IMG_2193
サーボとハッチ取付用の下穴を1.5mm のピンバイスで。


IMG_2194
これでサーボベット付きハッチとなります。


IMG_2195
ハッチが薄いのでサーボ取付ビス用に堅木を接着しました。


IMG_2199
これだと縦方向の強度が出ませんが、サーボ自体がストリンガーとなるので大丈夫です。


IMG_2200
サーボハッチの完成。


IMG_2313
IMG_2314

エルロンリンケージの完成。この搭載方法だとサーボが丸見えとなりますが、飛行機組んだら裏側だし DFA(ディー・フォース・エア)のラベルが見えますから RC DEPOT のコマーシャルにもなります。こんなに苦労してるのに偉いでしょ!

次回につづく、