コラムスペーサーもチタニュームで

IMG_2469
LIGHT CYCLE チタニュームコラムスペーサー 1 1/8
5mm 800円 / 10mm 1.000円 / 15mm 1.300円(税別)

船長より、コラムスペーサーですが付属のカーボン製ではなくフレームに合わせてチタンで組んで下さいとの指令が入り、5mm を4個 10mm を2個取り寄せました。早速フォークを組んでおきましょう。

IMG_2470
チタンパイプから5mm 刻みで切り出しただけではないんです。



IMG_2471
実は、肉抜きされています。



IMG_2473
こちら PASSONI フレームに付属するヘッドパーツ。コラムスペーサー、トップカバーは、カーボン製。



IMG_2472
10mm スペーサーの重量を測ると4.0g。



IMG_2474
なんとカーボン製より1.0g 軽かった。



IMG_2468
ポジション出しの為にこの構成でコラムカット。



IMG_2475
組み付け順序は、左(下側)から圧入したクラウンレース、ロアーベアリング、アッパーベアリング、コンプレッションリング、シム、カーボン製トップカバー。


IMG_2476
ヘッドパーツを組みつけてみると、あら!隙間からアッパーベアリングが見えちゃってますね。アッパーとロアーは同じベアリングなのに。これはちょっと頂けませんな。


IMG_2478
コンプレッションリングが厚過ぎです。右の半分の厚さのものを見つけました。TANGE製です。



IMG_2479
これでどうだ?



IMG_2480
IMG_2481
良い感じに収まりましたね。



IMG_2482
コラムカットの寸法を測ります。



IMG_2490
カーボンコラム用アンカーナットのつばが2mm。トップキャップの出っ張り分が4mm。締代余裕分が1mm で計7mm 短くカットします。


IMG_2495
本当は、アンカーナット部分全域をステムで締め付けたいが、



IMG_2496
ポジション調整中は、半分しか掛からない可能性もあり。船長この場合、下側はあまり強く締めないで下さい。



IMG_2497
ソーガイドでサクサクカット。



IMG_2498
プリロードを掛けてみます。



IMG_2499
むむむむむ・・・・重い! シムをもう一枚入れたいな。



IMG_2487
内径29mm。



IMG_2488
外径35mm。



IMG_2484
これどうかな?



IMG_2485
ん〜外径がでかい。



IMG_2486
そんな都合いいのってあるかな? 

今日ご紹介したチタンコラムスペーサーは、ライトサイクルさんの製品ですが「ライトサイクル」って言わずと知れたあのライト兄弟が開いた自転車店の名前ですよね。でもライト兄弟って自転車屋の前、印刷屋だったって知ってますか? 根本で、Light サイクルと Wright 兄弟では違いますが。

次回につづく、