SRAM eTAP AXS 12速ロードコンポーネント

本日、SRAM ロードコンポーネントを扱うインターマックスの展示会に行ってきました。その目玉は、今まで極秘とされてきた SRAM eTAP AXS(スラム・イータップ・アクセス) 12速ロードコンポーネント。また SRAM MTB コンポーネントを担当するダートフリークもワンバイ12s の Eagle AXS ワイヤレス電動変速システムの発表をした。

IMG_2400
RED クランクセット 50/37 48/53 46/33T


IMG_2399
プリロードアジャスター。


IMG_2394
一体型チェーンリング。右はパワーメーター付き。



IMG_2395
ROTOR NEW クランクのようにアウター、インナー、スパイダーアームが一体構造。



IMG_2396
クランクアームとはセンターでのダイレクトマウント。



IMG_2401
取付は、このように8本のボルトと共に勘合する。



IMG_2410
フロントディレーラーは、少し大きくなったが薄型になりワイドタイヤに対応。



IMG_2405
IMG_2407
リヤディレーラーの形も大きく変わった。



IMG_2406
IMG_2413
カーボンケージにセラミックプーリー。



IMG_2414
テンションプーリーの歯は、ナローワイドになっていた。



IMG_2408
ケージを伸ばしてみるとテンションスプリングの他に抵抗を感じた。Orbit(オービット)テクノロジーと名付けられたそれは、シリコンフルードを内蔵したオイルダンパーで、チェーンの暴れを抑制する。ここはメンテナンスフリーで非分解式。よってビックプーリーキットの装着は不可。


IMG_2411
トップ10T のカセットは、10〜17T までが1枚とびのクロスレシオ。



IMG_2412
クロモリスチールから削り出された一体型11速ギヤにローギヤ一枚を加えた12 Speed。XDR ドライバーボディー専用のフリーなので使えるホイールは限定される。



IMG_2402
こちらハイドロリックセット。

新型 SRAM 12速無線電動システムが、今までの11速 eTAP と違う最大の点は、SRAM AXS アプリからバッテリー残量の表示やカスタマイズがスマホで行えるってこと。よってシマノDi2 シンクロモード同様の フロント変速を自動とする Compensating Mode(コンペンセーティングモード)が使えるようになったことだ。

トップ10T は、小径車に強い味方となるが、さて?