船長のチタンフレーム PASSONI(2)

IMG_1579
バッテット加工されたヘッドパイプには、同じチタンパイプの素材で作られたヘッドバッチ。PASSONI T18915 TITANIO とある。そしてトップチューブには、レーザーによるユーザーネームが入る。



IMG_1580
中を覗くと三つの異なる太さのパイプに見える。



IMG_1581
バッテット、ストレート、バッテットを溶接して仕上げたのか?



IMG_1582
特殊な構造のリヤエンド。スキュアーの当たり面だけ表情を変えている。ボルト3本止めなのでリヤディレーラーハンガーの交換も可能だ。


IMG_1584
IMG_1585
Di2 仕様をリクエストしたため開けられたエレクトリックワイヤーホール。



IMG_1586
ハンガーシェル内を覗く。ダウンチューブとシートチュー間に通路はないがハンガーシェルに加工された穴でエレクトリックワイヤーが繋げそうだ。ワイヤーにキズが付かぬようしっかりと面取りされていた。



さて今日は、付属品をチェックしてみよう。各々体重測定をしておかないとね。

IMG_1583
他のパーツ同様にペイントされたカーボンボトルケージ。



IMG_1591
PASSONI オリジナルボトル。




IMG_1587
COLUMBAS カーボンブレードフォーク。



IMG_1588
カラーオーダーは、PASSONI ブラックにシルバーのストライプ。



IMG_1589
コラムまでフルカーボンだが、クラウンレース圧入部だけアルミカラーが打ち込まれている。



IMG_1596
重量は、377.0g。



IMG_1592
その他小物パーツには、嬉しいおまけが。



IMG_1593
バンドタイプのフロントディレーラーブラケット。



IMG_1594
COLUMBAS ヘッドベアリングとカーボンコラムスペーサー。



IMG_1595
PASSONI オーナーキーリング。



IMG_1605
コクピット周り。



IMG_1606
これらも同じくペイント済。



IMG_1607
110mm のステムは、127.0g。



IMG_1608
IMG_1609
400mm のカーボンドロップバーは、195.5g。



IMG_1598
PASSONI オリジナルカーボンシートポスト Φ31.6 350mm。



IMG_1599
ヤグラも凝った作りになっています。



IMG_1597
重量236.5g。



IMG_1600
selle italia SLR PASSONI オリジナルフルカーボンサドル。



IMG_1603
7×9 のカーボンレール。


IMG_1601
パッソーニのマークが入る。



IMG_1602
フルカーボンにレザー張り。



IMG_1604
重量は僅か119.0g。船長!これはあの CONTROL TECH MODULE より50g 近く軽いですよ。



IMG_1610
selle italia SMOOTH BARTAPE と Cinelli のゲル。



IMG_1611
サドルに合わせた感じ。



IMG_1612
ノコンユニバーサルケーブルキット。



IMG_1613
今現在重量の測りようがありませんが、このケーブルはとにかく軽い。

以上がゴージャスな付属品であります。

明日は、ホイールを