出来の悪いキットに心躍る

IMG_0685 - コピー (2)

「社長!最近ラジコンの話題がなくてさびしいです」って方も中にはおられんですよ。なもんで今夜は久々、社長室よりお届けする。アニバーサリーDi2 でご苦労なさった A さん(今度は、tern SURGE デルタフレームセットを購入して頂き、また一人格闘するようですが)にも言いましたが、やはり工作室での作業が無くなると寂しいもんで次の車体(ぼくの場合は、機体)を買ってしまうんですよ。機体を購入した時の話ですが、2種類のキットがあって「こっちの方がリアルなスケールモデルで、あっちはセミスケールだが非常に軽量で歩くようなスピードで飛べるよ」と言われ「歩くようなスピード」に憧れたて購入。これが間違いの始まりだった。ぼくは知りませんでしたが、そこそこ有名なキットメーカーでジェット機も作ってるらしい。それにしてはお粗末なキットで工作魂に火が付きましたね。逆にこれは作り甲斐が出てきたってもん。さ〜、ぼくも格闘戦に加わりますかね。

IMG_0685 - コピー
作るったって半完成キットなので殆ど出来てるみたいなものなんですが、出来てるから困るのが多々あって、先ずはこの矢印の部分。上翼中央の青い部分と左右の羽を組み立てるんですが・・・・


IMG_0321
見てよこれ!こんなに隙間が空いてる。こんなんでフィルムまで張ってくんなよって感じですね。



IMG_0322
隙間に合わせたリブを削り出し、



IMG_0338
接着しました。



IMG_0339
これで帳尻が合ったかな。



IMG_0431
これで何とか上翼を仮組出来ました。ですが何とインストラクションマニュアルには、これを接着しろと書いてあります。翼長2.235m になりますからこれは非常に邪魔です。これは分割出来るよう改造の余地ありですね。


IMG_0685
次に間抜けなのがこの部分。上下翼の剛性強度を出すために張線を張りますが、下翼中央付近の張線アンカーボルトの取付部が変です。


IMG_0839
断腸の思いでフィルムを切ってみると、



IMG_0842
フィルムが張ってある高さより何故か台座が低い。これでネジ締めたらフィルムが潰れるだろーがバーロー!。



IMG_0844
高さを合わせるベニアを切り出し、



IMG_0846
台座を上げボルトが締められるようにました。



IMG_0275
これで下翼も何とかなったのですが穴を開けてしまったフィルムはどうしよう?



IMG_0851
♯600番手のサンドペーパー張りました。



IMG_0852
左右共ね。



IMG_0853
我ながら上手く行ったな。



IMG_0862

パイロットがコクピットに昇降する際の滑り止めステップですよ。あ、これ以外のところは non step ですからね。モスは、左右どちらからでも乗り降り出来ますから。ん〜リアリズム!

次回の【橋輪Blog】は、イタリアより到着した超高級ロードフレームを