「オーナーズレポート」第9回 DAHON K3

久々のオーナーズレポートは、M さんによる DAHON K3 です。ロケーションは、ビワイチ(琵琶湖北湖一周ルート)で素敵な写真も添付して頂きました。内容は、K3 と SCHWALBE BIG APPLE のマッチングに特化していますが、面白い提案も出ています。それではどうぞ!


こんにちは、DAHON K3に先日送って頂いたビッグアップルに履き替え、早速ビワイチしてきました。ビッグアップルを使用し長距離を走ってみての感想として

DSC_0125 - コピー

^堕蟯供乗り心地抜群
手持ちの20インチ406カーボンミニベロより乗り心地良いくらいでした(笑)流石のタイヤ幅とエアボリュームです。ロングライドになるほど、このメリットが生きてきます。



DSC_0122 - コピー

K3は漕ぎ出し時、多少不安定感がありますが、交換した事で安定感が増しました。その分、出足は心持ち重いかな?と言う程度は感じましたが、14インチと小径で軽量な事を考えれば気にならないレベルです。



DSC_0112 - コピー

タイヤ幅が広がった分ダンシングしやすい
シッティングでは若干重さは感じますが、その分ダンシングは安定して振る事ができますね。K3自体もビッアップルに変更した事で周長も増え安定感も増した事で巡航しやすくなりました。区間のうち20km程はAve28km/h以上で走れ28〜32km巡航も可能でした。元々、太くて重いタイヤには興味が無かったのですが、今回で考えが変わりました(笑)ブログ、楽しみにしています。また何かと利用したいと思います。カプレオ11速の決戦用ホイールで鈴鹿でもう一度優勝出来るよう頑張ります\(^o^)/



IMG_20180624_164058

因みに、20インチミニベロでビワイチした場合、Aveは30km/hを超えるので、20インチはいらないまではちょっと言い過ぎかもです(笑)



突然の駄文で申し訳無かったです。小径車ユーザーの一人として多少なりとも皆さんの参考になればと思いメールさせて貰いました。レースイベント等に出ている中で、小径車で走りを追求した時、如何に微振動を抑え走る事そのものに集中する事ができるかどうかが重要だと感じていました。オーダーメイドのフレームやカーボンパーツ、SPECIALIZEDのゼルツ内蔵シートポストやERGONのシートポスト等、色々と試してきましたが、今回のビッグアップルは1つ大きなヒントになりそうです。


追記

K3のギア(9-13-17)、特に9-13の繋がりの悪さを解消し、高速仕様になるかもな提案、と言うよりも、一度試し頂きたいのですが、K3のリアホイールとしてEEZZのホイールを使えないかと考えています。K3ビッグアップル周長1100mm、EEZZホイール周長1170mm ですので、クリアランス的には何とかいけないかと考えています。
EEZZのギア(9-11-13 )を使用する事が出来ればK3の高速仕様カスタムとして面白いかと思います。一度ご検討お願いします。それでは、また宜しくお願いします。

ありがとうございました。EEZZ の16インチホイールですか。この発想はなかったですね。EEZZ と K3 同じリヤハブに見えますが微妙にフリーなんか違うんですよ。


今度試してみようかな!