船長専用自転車コンテナ

DSC_4260
さて何の箱でしょう?



DSC_4261
中身も箱です。



DSC_4263
エレキギターケースほどの大きさでしょうか。



DSC_4264
これ畳んであるんです。



DSC_4265
立てて広げてみます。



DSC_4268
側板が天板方向に付いています。



DSC_4269
これをパタンと出して、



DSC_4270
ベルクロテープで留めます。



DSC_4271
12か国語で自転車と表記。



DSC_4272
長いベルクロバンドが6本付属。



DSC_4273
DSC_4274
ベルクロ側ではなく、ツルっとしてる方を上にしてスリットに通します。



DSC_4275
それを下のスリットから外にだし、そこを覆うように通し反対側へ。これで組立完了。



DSC_4276
BTB PREMIUM 52.600円(税別)

船長とは、メンテナンスの度に自転車を段ボール箱で行き来させています。どれも大切な自転車ですから輸送中に雨などに濡れることが心配でならなかったようです。「何か良い箱ないですかね。ちと値段が張っても構いません」毎年サイクルモードに出展しているメーカーを思い出して調べてみました。埼玉にあるダンボールメーカーが作っているTBT という輪行箱で3.200円からラインナップがあります。流石は船長フラッグシップモデルで、PPハニカムコア素材のプレミアムを選択。送料プラス税込で61.236円もしました。ですが流石に良く出来ています。独自の配送システムもあるようです。

DSC_4288
DSC_4289
持ち手が6か所付いていて持ち運びも楽です。



DSC_4277
やっぱりダンボールメーカー。



DSC_4279
エンド保護とクイック紛失防止用だって。DAHON用にフロント74mm も作らねば。



DSC_4280
前後輪を外しますが、フレームを折り畳まなくとも入りますね。700c フルサイズでもホイールベースが変わらず足が長くなるだけですから入ってしまうわけです。



DSC_4278
側板に開いたスリットからベルクロバンドを通せばホイール固定できるみたい。(これ中身の話ね)



DSC_4284
そこでちょっと考えた。シートチューブに回したベルクロバンドを先ほどのスリット穴より縦方向に掛けてみた。


DSC_4286
外はこうゆうこと。



DSC_4281
このように前後からシートチューブを引っ張ります。ここからが意外な展開!



DSC_4282
おもむろに箱を立ててしまいます。



DSC_4283

中立位置で浮いているのです。何か”引田天功”チックな感じでしょ。これ殆ど緩衝剤要らないのでは。凄いねTBT。

DSC_4290

ご興味のあるかたは、こちら ⇒ TBT



船長通信

DSC_0006
・5/23日、宮城県沖の04:20頃の日の出ですが、今日は、天気が崩れそうですね。では、宜しくお願い致します。