先生の MOULTON APB その13

DSC_4107

モールトンは、様々なシーピラーサイズを採用しています。パイロン系は27.2mm、スーパースピードが34.9mm、スポルティーフが35.0mm、SST-22 が31.6mm と多彩であります。

DSC_4109
こちら APB は、スチールパイプにメッキの重くてダサいシートピラーが標準です。



DSC_4115
寸法を測ると35.0mm に当たると思います。となるとスポルティーフ用のアルミピラーが使えると思われますが非常に高価です。


DSC_4108
シムレスのため他のピラーは使えません。ダイナベクターに問い合わせたところ APB のスチールピラーは絶版でもう手に入らないとのこと。


DSC_4110
MILLION 瞬間サビトリ自転車用 40g  460円(税別)
だったら磨いて使いましょうかオリジナリティーを生かして。


DSC_4111
サドルクランプがまたダサくて一般車に使ってるいわいる”やぐら”ってやつ。



DSC_4112
サドルクランプ(ヤグラ)黒 440円(税別)
テンプラメッキは頂けませんので責めてブラックの新品を取り寄せました。


DSC_4116
サドルは、先生持込のブルックス。くたびれ具合が良い雰囲気を醸し出しています。



DSC_4117
錆びた鋲も綺麗にしてあげましょう。



DSC_4126
敢えてスチールメッキがクラシカルで良かったかも。



DSC_4113
ようやくフロントセクションと合体です。



DSC_4114
取り寄せたハイトルクリングが使えなかったのは残念ですが何かの際に加工しておきます。



DSC_4122
オーバーホール済のフロントサスペンションを装着。やっと形になってきた。



DSC_4124




DSC_4125




DSC_4129




DSC_4128

最後の写真は、トリミングすらしていませんがお気に入りのショット。旧車は、旧車なりの仕上感覚が何となく分かってきた。クラシックでありながらモダンニズムを加え、エレガントを目指すのだ!


DSC_4127

本日、雨ん中撮影!