指令 DURA-ACE Di2 を最新にせよ!その11

今夜は、Di2 シンクロモードのカスタマイズでありますが、ぼくとしては大分頑張ったと思います。はい! チェーンリングは56 / 42T 、カセット11-23T でどちらもシマノの推奨範囲を逸脱しています。それではカスタマイズを試みましょう。橋輪3連休前夜の【橋輪Blog】は超大作であります。

IMG_3160
先ずは、リヤディレーラーに最新版の用意がありましたのでアップデートしました。

IMG_3163
カスタマイズからシフトモード設定へ。結果的にセミシンクロは、使わないと思われますのでデフォルトのアップ2段ダウン2段のままです。

IMG_3164
次に歯数の入力ですが、56-42T 11-23T は勿論出てきません。仮に55-42 11-30 の設定で次の画面に行きますと、

IMG_3165
シフトマップの画面になるのですが、この右側のマップが動かせるとは知りませんでした。これどう見ても図解にしか見えませんよね、マウスポインターを持ってくる気にもなりませんでした。なのでスマホからのアクセスに変更です。

IMG_3168
チェーンリングとカセットの歯数を選びます。フロントは、近い55-42にセット。いいぞ!何故かスマホ版には11-23のカセットが出てきます。(9150に11-23の設定はない)

IMG_3166
こちら今、ダウンの設定ですがギヤ比の数値の上下に▲▼が出てますね。これは一目で動かせるのが分かります。でも灰色の部分(例えば右上のアウター55とカセット23のロー)には行けないみたい。

IMG_3169
アップ側も適当にセットします。

IMG_3170
チェックマークをタップするとこの画面が出て来ちゃいます。何だ出来ねーのかよ。


これで完全諦めモードに入りました。簡単に出来るだろうと高を括っていたのが悪かった。ああ、昨日の内にシマノ相談窓口に聞いておけばよかった。ところが、ロードコンポだけで追ってたので分からなかったのですが、XTR Di2 のマニュアルを見ると、おおお、これ行けるかも!

元々、設定範囲外の丁数なので、どうしたって出て来るはずがありません。ならば丁数を完全に無視して何処でどう変速させるかを設定しシフトマップをだましてやろうと考えてみた。


IMG_3199
見難かったら拡大して下さいね。エクセルでこんなの作れちゃったもんね。ぼくにとってはかなり凄いことであります。ですがここからがローテク・パソコン音痴の辛いとこ。

DSC_4035
カラープリンターでプリントアウトして、カメラでパチリ!

1
船長のシフトマップです。一番上がリヤシフト段数で、その下がカセットの丁数、そしてインナー42T とアウター56T を掛け合わせたギヤ比を入れました。勿論数式は入っていません。(入ってないじゃなく出来ないが正しい)電卓で計算しました。インナーにシフトした際、大きくチェーンが弛んでしまう小さなカセットギヤをなるたけ使わないシフトパターンを選びます。

DSC_4036 - コピー (2)
こちらデフォルトのシフトダウンです。左下アウタートップ11からブルーのラインが進みダウンして行くと2速まで来たところでフロントがインナーにチェンジ。続きカセットが4速まで戻る。そして最ローへ。

DSC_4036 - コピー (3) - コピー - コピー - コピー
今度はアップ側。右上のインナーロー23からグリーンのラインがスタート。7速15からアウターにチェンジ。すかさずカセットが5まで戻る。そしてトップへ。

DSC_4036 - コピー (3) - コピー
下の表でカスタマイズを考えます。ダウン側は、アウターギヤのままローまで行きたい。アウターローの2.43の次は、インナー3速の2.21が良いかな。

DSC_4036 - コピー (4) - コピー - コピー
アップ側も同じくインナー3速からアウタートップが望ましい。

DSC_4036 - コピー (3) - コピー - コピー
これが理想カスタマイズ。アップもダウンもアウターで11速、インナーで3速だから14速ミッションってこと。

IMG_3181
さてもう一度PCに繋げてリトライ! 歯数、ギヤ比を完全に無視して変速ポイントだけを入力して行きます。

IMG_3182
これがデフォルト画面。

IMG_3183
先ずは水色で示すダウン側から。今右側55T の2速2.39にポインターが合ってますよね。

IMG_3184
これドラックすると上のアウターローに行けちゃうんですよ。

IMG_3185
次は、左のロー42Tの4速2.21にポーンターを乗せ、

IMG_3186
上の3速2.00にドラック。

IMG_3187
お次は、アップ側緑色を操作。インナー7速の2.80にポインターを合わせ、

IMG_3188
一つ上の2.47へドラック。右隣のアウター3.24より先には行けませんので、

IMG_3189
3.24を2.39まで上げちゃいます。でもまた上にはダウン側の2.20水色が詰まってます。

IMG_3190
すると左2.47との高低差が出ますからまた上げられます。何だか進み将棋のようになってきた。

IMG_3191
おっとこれは意外な展開!緑のアップと水色ダウンが重なりました。

IMG_3192
これは嬉しい。アウター55Tもやっつけましょう。

IMG_3193
これで船長のシフトマップに添ったカスタマイズが出来たわけです。

IMG_3194
最後はOKボタンをポチリ! へーん、まんまとだまされたべ!

最初は、電動変速なんて必要か?なんて思ってたのが広まって来て、次にシンクロモード?そんなの使わないよ!なんて言ってましたが、これは画期的ですね。だって何も考えなくともシフトミスでロスすることが無いんですもの。

船長〜、左シフター SW-R600 は、レッコですね!


【ゴールデンウィーク中の営業のご案内】
5月4日(金)5日(土)6日(日)連休致します
※定休日は、毎週火曜日です