TSR-9FX フォーク分解で納車整備完了!

DSC_4026

最後は、フォーク分解で納車整備完了します。

DSC_4027
ブレーキキャリパーは外しておきましょう。



DSC_4028
プリロードアジャスターは、最弱に。



DSC_4029
ボトムリンクを分解すれば、



DSC_4030
サブフォークがピストン、スプリングごと抜けてきます。



DSC_4031
エンドの状態を見てみましょう。



DSC_4033
ブッシュの圧入が左右均等ではないですね。



DSC_4034
こちらも修正。



IMG_3073
これは捻じれて入ってますね。



IMG_3074
新しく交換しました。



DSC_4035
スプリングを挿入する前に前回の教訓で分かったプレーンワッシャーを一枚上部に入れておきましょう。


DSC_4036
何時もの方法でスプリングを圧縮します。



DSC_4037
ここで用意するオリジナルより5mm 長いM5ボタンキャップスクリューとナイロンナット。



DSC_4038
これをナット側から入れロックタイトで固定。



DSC_4039
ボトムリンクを組付けますが橋輪方式でナットは内側です。



DSC_4040
ナイロンナットの締め加減は、止まったところから5分の増し締めです。



DSC_4042

これでほぼ納車整備は完成です。

明日は、試運転と行きましょうか