頸椎ヘルニアのお次は右腕の筋肉痛

IMG_3050

本日は、10m を超える強風が吹きましたね。撮影も出来なかったことから今夜は、社長室よりお届けする。
10日の火曜日は、とても穏やかな気象条件でした。暗黒さんに製作して頂いたヘービーウエイトスピンナーナットを装着して処女飛行に臨んだが。

IMG_3052
IMG_3054
果たして、4ストローク・ラジアル3気筒の60ccは、ハンドフリップで掛るだろうか?



IMG_3047
こちら黄色い機体は、先生の新作で、BREITLING MXS-R。ぼくのフォッカーは、ブレークインのため右奥のエプロンに駐機。



IMG_3046
飛行場には黄色い花が咲き誇っておりとても綺麗。と、ここからが汗だく!


チョーク機構が無いこのエンジンでは、キャブレターに燃料を呼び込むのに一苦労だ。キャブを指で塞いでしまえばチョークできるが、奥まったところに位置するのであともう一関節いる。考えた結果、燃料タンクの空気抜きパイプより注射器で圧力を掛け強引にキャブにガスを送り込む方法を取った。

パシャパシャとガスが来た。イグニッションスイッチをONにし、しっかりとペラを掴みながらクランキングすると圧縮上死点でガクンと微弱爆発の手ごたえ。これは掛りそうだとプロペラフィリップを開始。

ところがプルンとはいうがその跡が続かない。ぼくが300回、先生が200回ほどフィリップしたか。これが3気筒だと圧縮が高まるところを探すのが難しい。渾身の力を込めてフィリップするが、これがスカっと抜けた時のかなぶり感が二の腕に大きなダメージを与える。

本日は、処女飛行どころかエンジンも掛らずじまいで終了!明日は、箸も持てないだろう。



思い返してみると2015年1月7日の新年【橋輪Blog】でラジアルエンジンを買うと断言してたんですね!


以下、201/1/7の【橋輪Blog】より

この様なレイアウトのエンジンを星形エンジン(ラジアルエンジン)と呼ぶが、現存する星形エンジンの全てが奇数の気筒数を持っており偶数は存在しない。(この9気筒エンジンを複列にすると偶数になる)

何故、奇数なのかは点火順序がキーポイントになります。航空機エンジンは4サイクルエンジンで、正確には4ストローク1サイクルエンジンと呼びます。

ピストンの吸入・圧縮・爆発・排気の4ストロークの工程をこなすにはクランクシャフトは2回転しなければなりません。1番シリンダーが1回の爆発を終了するには、360°×2=720°必要な訳です。

IMG_5827
現在では模型用星形エンジンしか存在しませんが、構造が簡単な3気筒で説明します。.轡螢鵐澄爾亮,廊▲轡螢鵐澄爾爆発しそうですが、そうは行きません。先ほどの720°を気筒数の3で割ると240°となり、240°はなれたが次の爆発です。次が△如↓,北瓩蠅泙后---,任后8世なを変えれば奇数でないと初めの,傍△辰突茲譴覆い里任后



IMG_5828
5気筒は144°でご覧の通り。



IMG_5830
ライトサイクロンの9気筒は、80°になります。



IMG_5829
問題なのは、5気筒。720°は7で割ると102.857・・・と割切れないのだ。


模型用7気筒星形エンジンを製作しているOS(小川精機)に電話してみた。

「すいません今、お宅の星形エンジンの購入を考えているんですが、(本当は買う気も、お金も無いが)気になってしょうがない事があるんですけど教えて頂けますか」と聞いたら、「後日連絡します」との回答。

「買う気もねーのに、オタクめが、」ってなもんかと諦めていたら翌日、設計担当者から電話が来た。「そうなんですよ7気筒は割り切れないんですよ。良く気付きましたね」 「うちでは正面から見て、目立ちにくい4番5番シリンダーの鋏角を微妙に変えてます」


IMG_5826
い鉢イ隆愀犬102°でそれ以外は103°ってことか。

OS さん、冷やかし電話に真剣に回答下さって、ありがとうございました。これでOSさんとの信頼関係が完全となった。将来絶対買いますから。


てな内容でした。でも点火タイミングに関しては完全解決ではありませんでしたが後日分かりました。7気筒は割切れないのならプラグ点火のピックアップタイミングがずれるってこと。だがこの7気筒模型エンジンは、OSさんのグローエンジンでしかなく、グローならディーゼルエンジンと同じ自然爆発なのでエンジン側がピックアップのタイミングを与えなくとも適切に爆発するってこと。なので実機には、7気筒が存在しない。


飛行場の帰りに行き付けのRCDEPOT へ。メカのMさんがあっさりエンジン掛けてくれました。そしてこのエンジンの始動要領を伝授して頂きました。能書きはあっても始動テクは無かったってことです。

あ、いっけね〜、OSさんに義理があったのにSAITOさんのエンジン買っちゃってた!