指令 DURA-ACE Di2 を最新にせよ!その7

IMG_2946

オーバル56T が使える可能性が出てきたところでポジションの確認をしておきましょう。毎回書いておりますが、画像など拝見していますと間違った組み方をされている方が多いようで、おさらい含めて今夜の記事にしたいと思います。

IMG_2950
先ずは、オーバル率の一番大きい位置(一番高い山)を探します。



IMG_2951
回転させると赤線に近づいてきますね。



IMG_2952
SPAIN の A が一番高そうです。



IMG_2954
ここにマーキング。



IMG_2955
差し金を用意。長手の方は、スプロケットの真ん中(5〜6速の高さ)に合わせて、




IMG_2956
最頂点の矢印を差し金のコーナーへ、



IMG_2958
短手は、クランク中心です。



IMG_2957
ポジションは、ROTOR の推奨する(2)。ここでだまされてはいけません。バイクハンガーに固定されている Mu SLX を地面に置いてみましょう。



IMG_2959
クランクアームは、2:30 を向いています。一番パワーがでるのが、4:00 ごろだと言われてますからこれでは、船長の足がノッキングです。


IMG_2960
次に隣のポジション(4)に遅角してみます。



IMG_2961
まだ 3:00 ですね。



IMG_2964
更に遅角するポジション(5)は、反対側にありますから今度は反対側の頂点を探します。



IMG_2965
(44)の上が頂点ですね。(ここにも証拠にもなく Q56(44)なんて書いてある)



IMG_2966
そしてポジション(5)にセット。



IMG_2968
差し金のコーナーに(44)。



IMG_2970
ようやく3:00 を過ぎましたね。脚力の無い方でしたらもう一発遅角したいところですが船長結構ありそうなのでここらでOKかな。


IMG_2971
今回は、ポジション(5)で決定!



IMG_2973

700c フルサイズのロードバイクでしたらチェーン上側は、ほぼ地面と水平ですからこちらの説明通りに小径車組んだらとんでもない事になりますよ!

次回につづく、