指令 DURA-ACE Di2 を最新にせよ!その4

DSC_3832

分岐ジャンクションが入荷したので取り付けてみましょう。さーて予測した寸法通りに行きますかね。

DSC_3833
DURA-ACE Di2 RD-9070 から交換で、



DSC_3890
リヤディレーラー:Shimano RD-R9150  62.041円(税別)



DSC_3835
DURA-ACE Di2 FD-9070 から交換で、



DSC_3863
フロントディレーラー:Shimano FD-R9150  41.400円(税別)



IMG_2892
新型フロントディレーラーR9150 でも、DAHON アルミフレームのフロントディレーラーブラケットには装着不可でした。なので9070の時と同様にRIDEA FDW4 ディレーラーアングルスペーサーを2枚重ね平行移動させています。


DSC_3840
9070 のフロントディレーラーが109.0g。



DSC_3841
新型 R9150 が104.0g で5g 軽いです。



DSC_3838
9070 のリヤディレーラーが、216.0g。



DSC_3839
新型 R9150 が196.0g と20g の軽量。



DSC_3842
Shimano EW-JC130SS 分岐ジャンクションB 6.275円(税別)
Shimano EW-JC130SM 分岐ジャンクションB 6.322円(税別)


DSC_3844
こさえたダミーワイヤーの長さは正確でした。



DSC_3888
SM タイプの350mm でリヤディレーラーから出発。



DSC_3867
分岐からの50mm をフロントディレーラーへ。



DSC_3881
分岐からの450mm をリヤブレーキケーブルに添わして前方へ。



DSC_3885
Shimano EW-JC200 ジャンクションB 1.868円(税別)
ここに2ボートのジャンクションBを使って、EW-JC130SS 分岐ジャンクションBの50mm をストレートに接続。


DSC_3871
EW-JC130SS 分岐からの350mm をボトルケージ下の内装バッテリーへ。



DSC_3872
反対側の250mm は、同じく2ボートのジャンクションBを使って、600mm のエレクトリックワイヤー(4ポートジャンクションBからリヤディレーラーに使っていたもの)と接続。ここからインフォメーションディスプレーへと向かう。想定通りのルーティングでした。


DSC_3876
Shimano BT-DN110 ビルトインバッテリー 14.412円(税別)
ちょっと角度が気になるでしょう。


DSC_3877
盛り上がったヒンジ部分と干渉するんです。



DSC_3875
内径5mm の10mm スペーサーを使ってかさ上げしてあげましょう。



DSC_3879
今度は交わしましたね。



DSC_3880
良い感じで配線が回り込んでます。一応折畳時も確認。ゴムパーツは、ポンプホルダーとの太さ合わせ。


DSC_3891
船長御用達の防水キット。



DSC_3892
水道のパッキンは何処に使うか分かりますね。



DSC_3893

例のごとく3種類の太さのシュリンクチューブで防水加工です。しかし几帳面に部品の品番と値段を書き込んでるでしょう。最後にコピペして請求書にするんです。

明日につづく、