指令 DURA-ACE Di2 を最新にせよ!その2

DSC_3738

DURA-ACE 9070 Di2 のコンポーネントを最新の R9150 に変更するにあたり、シンプルで軽量なエレクトリックワイヤーの取り回しの指令が出ております。シマノDi2 関連の新しいパーツで分岐タイプジャンクションが発売になりました。言うならば三俣配線のようなものです。今回はボックスタイプのジャンクションは使用せずに分岐タイプジャンクションコードを駆使して配線してみようと思います。

P-EW-JC130_14032_1_310_310[1]
EW-JC130 SS / SM / MM 分岐タイプジャンクション。

99f6031e
          (A)    (B)   (C)
SS 250mm  350mm  50mm
SM 450mm  350mm  50mm
MM 550mm  550mm  50mm

とまあ3種類の異なる長さのケーブルなんですが、全部取り寄せて現物合わせで、と思っていたら何と1本6.000円もする代物でして、こらちと高いなってのと今すぐ合わせたいってのもあって取りあえずダミーワイヤーを作ることに。


DSC_3734
用意したのは緑色の紐と、お得意ラジコン燃料チューブ、シュリンクチューブ。



DSC_3737
3種類製作しました。



DSC_3781
それぞれSS / SM / MM です。分岐コネクター部分は、白いシュリンクチューブで20mm あります。



DSC_3736
カプラー部分は、燃料チューブで再現。



DSC_3741
先ずはリヤディレーラーからフロントディレーラーの間。MM の550mm は長すぎて使い物になりませんでしたので SM を選択。


DSC_3776
R9150 のリヤディレーラーは、エレクトリックワイヤーの差し位置が9070に比べ後方にありますので、少し余裕を持たせます。


DSC_3742
SM の(A)450mm 部分を使ってリヤディレーラーから前方へ。



DSC_3743
分岐からの(C)50mm がフロントディレーラーにピッタリです。



DSC_3746
元々使っていたジャンクションB は、外してしまいます。



DSC_3765
分岐からの(B)350mm はフレーム前方へ。



DSC_3749
ヒンジの下まで来ました。



DSC_3750
ここにSS の(C)50mm 部分を結合します。



DSC_3751
ジョイントには。2ポートの EW-JC200。こちらも新製品でスマートに繋ぐことが出来ます。



DSC_3752
2ポートの EW-JC200での接続。



DSC_3771
その先の分岐からの(B)350mm は、折り返してバッテリーへ。



DSC_3754
ビルトインタイプのバッテリーをポンプホルダーで取り付ける寸法。



DSC_3755
残った(A)250mm を前方へ。



DSC_3756

ここに2ポートの EW-JC200をもう一つ追加し、ジャンクションBからリヤディレーラーを繋いでいた600mm のエレクトリックワイヤーを使いインフォメーションディスプレーに導けば完了。

大分シンプルになったでしょう!



船長通信

DSC_0009

DSC_0012

DSC_0013

DSC_0014

DSC_0015

DSC_0017
.春の、"しまなみ海道"及び、"ゆめしま海道"..。



DSC_0018
朝から、"ゆめしま海道"へ、久しぶりにサイクリングへ(木森さんHR)出かけてきました。...